宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻専門パーソナルトレーニング『ヴァレッサ』

ヨガやピラティスの効果をもっともっと高める方法

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

パーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ヨガやピラティスって女性に人気の習い事や趣味ですよね。

 

あなたも一度経験したことがあるかもしれません。

 

ある程度経験された方であれば、その面白さにはまる方も多いと思います。

 

ヨガやピラティスをすると、

 

・あの動きをもうちょっと良くしたい!

 

・あと少し首が回れば・・・

 

・脚が開けば・・・

 

自分のやりたい動きができないことがあるかもしれません。

 

しかし、なぜ先生のような動きができないか考えたことはありませんか?

 

もしかすると、

骨格自体に問題があるかもしれません。

 

または、筋肉の柔軟性や関節、靭帯、筋膜の癒着、目の動き、舌の動きetc...

 

挙げればきりがありません。

 

今回は、ヨガやピラティスの質をワンランク高くできる、今からでもすぐに実践できる工夫を一つお伝えします。

 

キーワードは接触圧です

 

つまり、カラダがマットに触れている部分にかかる圧のこと。

 

圧が変化するということは重心の変化があるということです。

 

例えば、

 

立っておこなうヨガやピラティスの場合、

 

上半身をひねったりする動きをすると、足裏の感覚が変わりますよね?

 

でもこれって、本来は股関節で動きを制御できれば足裏の感覚や接触圧は変わらないはずなんです。

 

つまり、足裏の接触圧の変化があるということは、エクササイズの効果が半減してしまっている可能性があるということ。

 

マットに触れている部分、何か道具を使っている場合は道具に触れている部分の接触圧が極力変化しないように工夫してみてくださいね!

 

当スタジオでは、この接触圧をかなり大切にエクササイズに取り組んでいただいています。

 

なので、かなり繊細です。

 

例えば、この動画では右足裏の床に対する接触圧が変わらないように意識をしておこなっています。

 

なんとなくイメージつかめますかね?

 

エクササイズの質を高めてカラダを変えたい方は、

 

今回お伝えした、接触圧。

 

意識してヨガやピラティスに取り組んでみてくださね!

 

 

タグ :   

お腹・骨盤まわりのお悩み ふくらはぎのお悩み パーソナルトレーニングについて ヒップのお悩み 女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1