宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

インナーマッスルを鍛えると代謝が上がって痩せるのか?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

先日、カウンセリングを受けられたお客様からこんなご質問をいただきました。

Q.私はこちら(Valeza)で体験を受けるまでに、市内のジムで体験をいくつか受けてきました。

そのときに、対応してくださったトレーナーの方が代謝を上げたいのなら、インナーマッスルを鍛えるといいですよ!と言っていたのですが、本当でしょうか?

 

このブログを読んでいるあなたならどう思いますか?

 

このご質問にお答えするには、インナーマッスル(カラダの奥に筋肉)とアウターマッスル(皮膚に近い筋肉)、それぞれの役割について知っている必要があります。

 

私のブログでも何回も登場してる、インナーマッスルとアウターマッスル。

 

ここでもう一度、おさらいをします!

 

インナーマッスルの役割とは?

一言でいうと、インナーマッスルとは関節を安定させる役割です。

 

イメージは家の柱と柱をつなぐ、ネジのような感じですかね?

 

このネジがゆるいと正しい位置に骨を固定できません。

 

アウターマッスルの役割とは?

アウターマッスルは、動作をするときにメインで働く役割があります。

 

大きな筋肉だという特徴もあります。

 

ボディラインを形作るメインの筋肉でもありますね!

 

そもそも代謝が上がるということは・・・

一般的に、

 

代謝がいい=基礎代謝が高い

 

ということだと思います。

 

簡単に言うと、基礎代謝とは、

 

起きているけどベッドに横になっている時の代謝のことです。

 

人のカラダは何もしない時でも脂肪を燃やしてくれます。

 

ここでポイントですが、

筋肉は脂肪を燃やす工場なので、筋肉があればあるほど基礎代謝は高くなります。

 

ということは、工場がたくさんあった方がいいですよね?

 

つまり、代謝が高くなるのは大きな筋肉がたくさんあるアウターマッスルだと考えられます。

 

つまり、お客様のご質問に対する私なりの答えは、

「アウターマッスルを鍛えたほうが代謝が良くなりますよ」!

です。

 

誤解して欲しくないことは、

インナーマッスルにもアウターマッスルにもそれぞれ鍛えるメリットがあるということ。

 

目的に応じて使い分けることで期待する効果もあらわれてきます。

 

どのエクササイズをどのようなフォームで何回やるのかなどは、専門のトレーナーにお任せするのが間違いなし!

 

 

タグ : 

女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1