宇都宮 ダイエット

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

「ダイエットしているから夜の食事は控えめに」は正しい?

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

あなたは「痩せたいな~」と思ってまず具体的に何をするでしょう?

 

おそらく、多くの方は夜の食事量を減らすことから始めませんか?

 

私は、特にダイエットを目的に体験にお越しいただいた方へ聞く質問があります。

その質問は、

「現在自分でおこなっているダイエット法はありますか?もしあったらどのような方法ですか?」

 

という質問です。

 

この質問にお客様の9割は「一応、夜ご飯を控えています。」

 

とみなさん同じ答えが返ってきます。

 

なぜ朝でも、昼でもなく、夜ご飯を減らすの?

朝、昼、夜の3食の食事で最も量を少なくしているのは夜という方はお多いです。

 

ではなぜ、朝でも昼でもなく、夜ご飯を減らす方が多いのでしょう??

 

あくまで個人的な予想ですが、朝や昼はご飯をしっかり食べてもその後に身体を動かすので、食べた分のカロリーを消費していると思っているのではないでしょうか?

 

逆に夜は、食べた後に寝るだけなので、カロリーが消費されず、寝ている間に脂肪がついてしまうと思ってしまうので、ご飯の量を減らしているのでは?と予想します。

 

考え方が変われば行動が変わる

夜ご飯を減らせばダイエットがうまくいくなら、世の中に体型で悩む人はいませんよね?

 

どこかで「夜ご飯減らせば痩せるらしいよ!」という情報をそのまま受け取って実践しているに過ぎないのではないでしょうか?

 

もし、夜ご飯を食べても太らないという考え方に頭が切り替われば、行動も変わっていくはずです。

 

その考えに納得したらですけどね!

 

次から夜ご飯を食べてもよい理由、しっかり食べなくてはいけない理由、夜食べても太らない理由をお伝えしていきます。

 

成長ホルモンは夜にドバドバ出る!

「寝る子は育つ」とはまさにそうで、人は寝ている間に人は成長します。

成長には成長ホルモンというホルモンが出ます。

 

子どもだけではなく、もちろん大人のあなたにもしっかり成長ホルモンは出ているので安心してくださいね。

 

大人の場合は傷んだ組織を修復するために成長ホルモンは使われます。

 

子どもの成長の場合にも、大人の組織修復のためにも、どちらの場合においても「ある材料」がないとダメなんです。

 

その材料とは・・・・

 

『たんぱく質』です!

朝や昼なんかよりも、たんぱく質は夜寝ている時に多く使われます。

 

摂取した栄養は、脂肪に回らずに組織の修復の方に使われるので太る心配もありません。

 

脂肪はあなたに身体に必要な三大栄養素の一つです!

 

昔から夕食はディナーと言われ、ごちそうを食べる習慣を続けてきましたが、実はこれはとても理に適ったことなんです。

 

痩せたいから夜にお肉を食べないのでなく、痩せたいなら夜にしっかりお肉を食べなくちゃいけないんです!

 

夜はたんぱく質も○○○○も摂ったほうがいい

夜ご飯においてのたんぱく質の大切さを先ほどお伝えしましたが、実はそれだけでなく、食べてあげたほうがいいものがあります。

 

それは・・・

 

『炭水化物』です。

 

身体の組織をつくるうえで、たんぱく質と並んで炭水化物は大切です。

 

さらに必要な栄養素などもありますが、ここでは割愛します。

 

炭水化物が大切と言っても、やはり食べ過ぎは注意ですよ。

 

ここでいう炭水化物は甘い物でなく、ご飯や麺、パン、イモ類などです。

 

適切な量であれば太ることはないので、安心してください。

 

しかし、甘いお菓子は要注意です。朝であろうと昼であろうと夜だろうとケーキやシュークリーム、おまんじゅうなどを食べると太ってしまいますよ。

 

過去の記事を参考にしてみてください。

体脂肪率が高くて悩んでいる方へ その2

 

いつ食べるかよりも何を食べるかの方がかなり大事です。

 

よく甘い物を昼に食べると太らないと聞いたこともあるかもしれませんが、昼だからケーキ10個も食べたら、太らない訳ないですよね!

 

まとめ

寝る前の食事は身体をつくる材料をしっかり摂ってあげた方が、ダイエットやボディメイクはうまくいきます。

 

もし、今実践しているダイエット法に疑問を感じたら、今日お伝えした内容を実践してみてください。

 

興味がある方は、ぜひ体験を!

 

タグ : 

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1