スクワット トレーニング

宇都宮の美脚美尻専門パーソナルトレーニングジム『ヴァレッサ』

スクワットすると腰が痛くなってしまう方へ

読了までの目安時間:約 3分

 

「ダイエットやボディメイクのためにスクワットのトレーニングをしているけど、いつもやっている最中に腰が痛くなるんだよね...」

 

そんな経験はありませんか?

 

もし、そうならあなたのスクワットの時の腰痛は、お腹の力が抜けてしまっていることが原因の可能性が高いです。

 

それが簡単に判断できる方法があります。

 

それは背骨がCの形に反っているかどうかをチェックする方法です。

 

背骨の反る方向への柔軟性が高い方に多い特徴なのですが、スクワットしている様子を真横から見ると、背骨がCの形に反っている方が多いです。

 

本来、背骨はS字の形をしているのですが、腰を過剰に反りすぎてしまうことでCの形になってしまうのです。

 

 

ちなみにですが、この画像の女性の方の場合も、腰が少し反りすぎていることが予想されます。

 

背骨がCの形になることのデメリットがあります。

 

それが腹圧が抜けてしまうこと。

 

腹圧とはお腹にかかる圧のことのことです。

 

例えば、「ハーックション!」とくしゃみをするときですが、

 

くしゃみしながら背骨をC字に反る人なんていないですよね?

 

そんなことをしたら、くしゃみの衝撃に耐えられず、腰を痛めてしまいます。

 

また、くしゃみをする瞬間、無意識にお腹が膨らんでいると思います。

 

これは、腰を守るためにお腹の筋肉を使ってサポートしているからです。

 

スクワットもくしゃみと同じで腰に負担がかかりやすいトレーニング。

 

同じようにお腹を膨らませ(腹圧を高め)ておこなうことで背骨がC字ではなく、S字の状態へ近づけることができます。

 

 

背骨はCではなく、S!

 

スクワットのトレーニングをする際に、ぜひ頭に入れておいてくださいね!

 

 

スクワットで絶対にやってはいけないこと


 

タグ :     

ボディメイクについて 女性のボディメイクについて

この記事に関連する記事一覧