宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の小尻専門パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

脚が太くなる座り方&立ち方をしていませんか?

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

 

みよたです。

 

突然ですが、

 

あなたは座っているときや立っているときに、

 

足の裏で床をどのくらい押しているか意識したことありますか?

 

たぶんですが、

ほとんどの方は意識したことがないと思います。

 

実は、脚の太さに悩みがある方は、無意識に床を強く押すクセがあります。

 

具体的にどのようなクセかというと、

 

座った時にこんな風に足首を固めてしまったり...

 

立っているときにいつも片脚重心になりやすくなったり...

 

脚を組むことで2倍の脚の重さで床を押しているとき...

 

あなたも思い当たる立ち方、座り方はないでしょうか?

 

別に筋トレしている訳ではないので、にかかるストレスとしては、そこまで大きくはないですけど、毎日毎日ストレスがかかることで脚の循環が悪くなってしまいます。

 

脚に老廃物が溜まりやすくなり、脚が硬く、冷たく、重たくなってしまいます。

 

そうなると、むくみや下半身太り、冷えの原因にもなります。

 

脚がそんな状態になるのは嫌ですよね。

 

解決策としては、まずは、座っているときに足裏で床を感じてあげることです。

 

「私っていつもこのくらい床を押していたんだ~。」

 

と、ふと気づいたときに足裏の感覚を感じてあげましょう。

 

もし、強く床を押してしまっていたり、脚が緊張しているときは背骨を立てて(姿勢を良く)、背骨で脚の重さを取るイメージで脚を軽くしていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

ふくらはぎのお悩み パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1