宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

卵・魚・肉が食べられないけど、ボディメイクしたい方へのアドバイス

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

今回は、たんぱく質のお話し!

 

しかし、お肉やお魚、卵が大切ですよ~とは今回は言いません。

 

いろいろな事情があり、そういった動物性のたんぱく質が摂れない方、摂らないようにしている方向けのお話しになるからです。

 

確かに、動物性のたんぱく質は質の高いものが多いです。

 

しかし、ある食品、食材が食べられなければ、

別のもので補えばいいんです。

 

今回は、プロテインやサプリメントの話しは一切しません。

 

動物系の食品を食べられない方でも、どうしたら効果的にたんぱく質を摂取してカラダを変えていけるのかをお伝えします!

たんぱく質はアミノ酸の含有量で決まる

まず、たんぱく質の摂取源として、なぜ動物性のほうが質が高いといえるのか?

 

それは、アミノ酸の含有量が関係しています。

 

良質なたんぱく質とは、人間の身体で作ることができないアミノ酸が十分な量含まれているかどうかに関係しています。

 

これは成人の大人の場合、9種類あります。

 

たまごや肉類、魚類、乳製品などは、この9種類がすべて入っているので、優秀といわれるだけです。

 

逆に、9種類のうち一つ以上不足している食品が、

 

穀類、豆、野菜、ゼラチンなどになります。

 

穀類の場合、リジンというアミノ酸、

 

豆類では、メチオニンシステインというアミノ酸が少ない傾向にあります。

動物系を食べなくてもたんぱく質は摂取できる

動物系のたんぱく質を食べないとなると、自然に選択肢は植物性を食べることになります。

 

たんぱく質は植物性のみを摂取する人が注意すべき重要な問題です。

 

筋肉がつかない、髪がパサパサ、肌がカサカサなんてレベルの話ではなく、

命にかかわるからです。

 

1日のうちに人間に必要なアミノ酸すべてを摂取するには、

 

異なるアミノ酸を供給する多種類の植物性食品を摂取することが重要です。

 

ある食品に不足するアミノ酸を供給できるたんぱく質を、補足たんぱく質と呼びます。

 

その組み合わせをご紹介します。

 

トウモロコシ

トルティーヤ(すりつぶしたトウモロコシからつくる薄焼きパン)リフライトビーンズいかり豆とも呼ばれ、乾燥させたソラマメを油で豆菓子)

ピーナッツバターパン

 

一般的には、豆類穀類を組み合わせると必須アミノ酸を適切な割合で摂取することができます。

 

お客様から、一回の食事ですべてのアミノ酸が摂れないとダメなんですか?

 

とご質問をいただいたことがあります。

 

私の回答としては、1日の中ですべてのたんぱく質が摂取できれば問題ありません。

まとめ

たんぱく質補給には、必ず肉、魚、卵!

必ずしもそうではない選択肢もあると知っていただけると嬉しいです。

 

また、アミノ酸にはある特徴があります。

下の写真を見てください。

水桶なんですが、一枚一枚の板が食べ物でしか摂れないアミノ酸だと思ってください。

 

左の桶は板の長さがバラバラで、水がこぼれてしまっていますね。

実は、たんぱく質は、摂取した量が最も少ないアミノ酸に合わせて摂取するようになっているのです。

 

だから、一枚だけ板が長くても意味がありません。

 

何が言いたいのかというと、

 

特定の食品だけ摂るよりも、まんべんなくいろいろな食品を食べたほうがよいということ!

 

動物系の食品が食べられない方ならなおさらです。

 

まずは、3食同じおかずの食事にならないようにするところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

タグ :  

栄養面のお悩み

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1