便秘

宇都宮の下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

便秘でお悩みの方へ!快便へ導くポイントをご紹介!

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は便秘についてです。

 

女性の方は便秘でお悩みの方が多いです。

 

排泄されるべきものが体内にとどまるということは、身体も心もつらいですよね。

 

私自身も学生時代、間違ったプロテインの摂取で便秘や下痢で苦しんだ一人なのでお気持ちはよくわかります。

 

腸の問題を解決することは、カラダを変えるうえでもとても大切なことです。

 

そもそも便秘は通常の腸の役割を果たせていないことが原因です。

 

便秘という理由で下剤を使うことは、根本の解決にはなりません。

 

下剤を使うことであなたの身体に何が起きているかをお伝えします。

 

下剤はあなたの腸を無理やり消化不良を起こさせ、下痢にさせます。

 

または、大腸を刺激して無理やり下痢させているのです。

 

下痢を無理やり引き起すと何が悪いかというと・・・

 

●水分が不足し、便秘がさらにひどくなる

 

●薬の刺激がないと、自力での排便が難しくなる

 

●無理に大腸を動かすことで、便の中の有害物質が血液を通って全身に逆流する

 

などの問題が起こります。

 

よく、野菜を摂取すればよいとも言われます。

 

確かに便のかさは増えますが、便秘になった腸では、逆に詰まってしまい、大切なその他の栄養(ビタミンやミネラル)の吸収を妨げてしまいます。

 

下剤を使わずに便秘を解決するには?

腸には、いい菌と悪い菌がいます。

 

いい菌のエサを増やしてあげると、いい菌が喜びます。

 

しかし、大人になるにつれて悪い菌が増え、いい菌は減ってしまいます。

 

高齢になると、いい菌がゼロになってしまう方もいるそうです。

 

いい菌のエサとしておススメなのが、フラクトオリゴ糖です。

 

フラクトオリゴ糖を摂取することで、いい菌が働いてくれるようになります。

 

しかし、フラクトオリゴ糖を摂ればすべてOKというわけでもありません。

 

以下のことをプラスしていただければよいと思います。

 

●食事時間を4~5時間の間隔をあけて食べる

 

●肉や魚、卵などのタンパク質、ご飯や麺、パンなどのブドウ糖をしっかり摂る

 

●水分をしっかり摂る(食事以外に1日1リットル以上)

 

●睡眠時間の確保(時間のリズムを一定に)

 

●リラックスすること

 

そして、ビタミンCを摂取することもオススメするときがあります。

 

体内のペーハー値(酸性やアルカリ性のバランス)の関係でビタミンCを摂取すると便通が良くなるケースがあります。

 

便秘でお悩みの方や、また、ご家族でお悩みの方がいる方は、できるところから行動に移してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

タグ : 

健康面のお悩み 栄養面のお悩み

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1