宇都宮 パーソナルトレーニング パーソナルジム ボディメイク ダイエット

宇都宮の美脚美尻専門パーソナルトレーニングジム『ヴァレッサ』

体調不良は心構えからなおす

読了までの目安時間:約 6分

突然ですが、

 

ナイフで切ったレモンを口に運んで食べているのをできるだけに鮮明に想像してみて下さい。

 

 

過去にレモンを食べたことがある人ならば

唾液がジュワ~と出たと思います。

 

実際にレモンを食べた訳でもないのに

なぜ唾液が出るのかというと

 

脳の仕組みが関係しています。

 

実は、脳は過去・現在・未来の区別ができません。

 

過去に食べたレモンを脳は今食べたと思ってしまいます。

 

食べてもいないレモンをイメージすると唾液が出るだけでなく、消化するために胃腸が動き出します。

 

つまり、頭で思ったことが、数えきれないほどたくさんある全身の細胞にまで影響を与えているということです。

 

 

ということは、マイナスになことを頭で考えていると

 

先ほどのレモンの話のように全身の細胞にマイナスの影響が出るということです。

 

病は気からとよく言いますが、本当にそうなんです。

 

 

しかし、この話には続きがあります。

 

呪いのわら人形、聞いたことがある方もいると思います。

 

脳波を測定してみると、1000㎞以上離れた距離でもその効果はあったそうです。

 

つまり、思っていることは相手に影響を与えてしまいますし、その逆もあるということです。

 

逆に言えば、プラスのことだけ思っていれば、プラスの良い影響があるということです。

 

マイナスなことを考えても何も良いことがないので、プラスの良いことだけ考えておくのがものすごく大切になります。

 

といっても思考を変えるのは難しいですよね。

 

本当に難しい。

 

だから、良いことだけ考える訓練をする必要があります。

 

例え、マイナスに感じてしまうような出来事でも

 

プラスに考えられることはないかな?と考えることも訓練の一つですよね?

 

 

例えば、イラッとしたときに、

 

「ありがとう。」

 

とつぶやくのも一つの方法です。

 

無理やりにでも口にすることで

 

なぜ、ありがとうと言ったのか?

 

理由を脳は考えてくれるそうなので、

 

自然にプラスのことをイメージしますよね!

 

悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい。

 

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい。

 

なので、まずは「ありがとう」という口にする行動するといいことがありそうですよね!

 

 

この記事の内容とちょっと関係ないかもしれませんが、

 

以前、お客様が会話の中で

 

「いいことがあったんですが、いいことあると次に悪いことが起こると思っているので気を引き締めます。」

 

と仰っていました。

 

確かに、「禍福は糾える縄の如し」というという故事成語があるくらいなので、

 

そういった考え方もありだと思います。

 

しかし、いいことの後に悪いことが来ると思っていると、

 

本当にそうなる可能性があるということです。

 

思ったことが自分のカラダや周りの人、モノに影響するのなら、

 

わざわざ、悪いことが起きることなんて考えなくていいと私だったら思ってしまいます。

 

どうせなら、

 

「私にはずっといいことしか起こらない!!」

 

そう思って生活した方がいいんじゃないかな?

 

と思っています。

 

 

この記事のタイトルにもありますが、

 

体調不良は心構えからなおすという意味でも、

 

普段から良いこと、プラスのことを考える時間をできるだけたくさん意識して作っていただくと

 

体にも良い変化があらわれてくると思います。

 

「心が前、心構え!」


 

パーソナルトレーニングについて 健康面のお悩み

この記事に関連する記事一覧