生理前に甘いものを食べ過ぎてしまうのは、あなたが○○不足だから

amaimono - 生理前に甘いものを食べ過ぎてしまうのは、あなたが○○不足だから

 

「甘いものを食べたくなってしまうんです。特に生理前や生理中に…」

 

「甘いものは太るのはわかっているけど、ついつい食べてしまう…

 

私って、なんでこんなに意志が弱いんだろう?」

 

あなたはダイエット中、そんな風に感じてたことはありませんか?

 

このようなお悩みを抱えている方は少なくないと思います。

 

結論から言うと、

そんなことは決してありません!!

 

甘いものを食べてしまう理由は、

意志が弱いからでも、体質でもありません。

 

原因は栄養状態にあります。

(小さい時の環境なども関係している場合も)

 

生理前に甘いものを食べてしまう方は、普段からご飯を食べる量が少ないという特徴があります。

 

つまり、ブドウ糖不足です。

 

生理前や生理中にはホルモンが分泌されます。

 

ホルモンの材料はコレステロール。

 

簡単に言えば脂肪です。

 

脂肪はブドウ糖や甘いお菓子にたっぷり入っている果糖というものからつくられます。

 

普段からご飯をしっかり食べていれば、いいのですが、

 

普段からブドウ糖不足だと、コレステロールの材料が不足しているので、甘いもの(果糖)を摂取して何とか作ろうとしてしまいます。

 

つまり、生理前に甘いものを食べることはカラダの正常な反応だったんです!

 

繰り返しになりますが、意志の弱さや強さは関係ありません。

 

ということは、具体的に何をすればよいかはもうお分かりですねよね?

 

そうです!

 

普段から3食、ご飯をしっかり食べることが大切になります。

 

そう言われても、いきなり、3食ご飯を食べれない方もいますよね?

 

そういう場合は、胃腸の弱さが大きく関係しているので、

 

ご飯に限らず、まずは食べれるもの、例えば、パンやうどん、そば、ラムネなどまずは胃腸に負担をかけない、消化しやすいものからでOKなので、ブドウ糖の摂取量を少しずつ増やしていきたいですね!

 

さらに付け加えると、油っぽいおかずは消化が悪いので今の段階では控えるようにしましょう!

 

胃腸も筋肉です!

 

ご飯をしっかり食べられるように、少しずつ鍛えていきましょう!

おすすめ記事