宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

更年期障害に悩まされたくない女性が知っておくとよい2つのこと

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

今回は更年期について

 

更年期どんなイメージを持ちますか?

・ホットフラッシュ

・めまい

・急に涙が出る

 

世間一般では、マイナスのイメージを持たれているイメージです。

 

でも、そんなことはありません!

 

私はそうお伝えしたいです。

 

そもそも、更年期とは何でしょう?

 

女性の方ならなんとなくわかっていると思いますが、復習しますね。

 

辞書を引いてみると

女性の、成熟期から老年期へと移行する時期。平均47歳ごろから始まる閉経期を中心とする前後数年間をいう。

とあります。

 

では、更年期障害の意味もついでに調べてみると、

 

更年期の女性に、卵巣機能の低下によってホルモンのバランスがくずれるために現れる種々の症状。冷え・のぼせ・めまい・動悸 (どうき) ・頭痛・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振など。メノポーズ。

 

とあります。

 

つまり、更年期の時期は閉経(子供を作る準備を卒業する時期)のことです。

 

閉経前は、子供を作る準備をしています。

 

その準備にも栄養は結構使われるんです。

 

閉経するということは、今まで子供を作るために消費していた栄養を今度は、カラダの別のところに使えるようになるということです。

 

ということは、更年期は前よりも体調は良くなるのが理想です。

 

でも、なぜ更年期に体調を崩す人が多いのでしょうか

 

考えられる理由は2つあります。

 

1つは、間違ったダイエットをしている、していた,

ということです。

 

食事制限をして必要な栄養を取らないようにした結果、不健康に痩せてしまい、女性ホルモンを出すことができなくなってしまいます。

 

女性は痩せすぎは危険です。

 

適度な脂肪はついていたほうがいいです。

 

2つめは、若い時から生理不順やホルモンの異常があるということ

 

これも必要な栄養が摂れていないことで、ストレスなどに対抗するための栄養(材料)が不足してしまいます。

 

つまり、更年期に体調が悪くなるのは栄養不足。

これにつきます。

 

毎回、ブログでもお伝えしていますが、まずは三大栄養素(ご飯やお肉、卵、魚など)をしっかり摂取することが大切です。

野菜をお腹いっぱい食べてる場合ではありませんよ~!

 

更年期を迎えている人も、もう少しの方も、まだまだの方も必要な栄養をしっかり摂ることを一番に考えてみてくださいね!

 

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

反り腰の人はお尻が垂れ続ける理由&解決策

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

台風19号すごかったですね。

被害を受けた地域の方々の一日も早い復興をお祈りします。

 

私の実家は福島県の郡山ですが、実家の最寄り駅は安積永盛駅というところです。

 

その駅は阿武隈川に近いのですが、この写真のように車も半分以上浸かってしまうぐらいでした。

 

自然の怖さを感じさせられる台風でしたね。

 

さて、切り替えていきます。

 

今回は、反り腰と垂れ尻との関係性についてです。

 

タイトルにもありますが、実は、反り腰の人はお尻が垂れます。

 

また、今は垂れてないけど、近い将来垂れることが予想できてしまいます。

 

その理由と解決策についてご紹介もしていきます。

 

そもそも反り腰は、本来あるべき場所から骨の位置がズレています。

 

人のカラダは、ある部分がズレると、連鎖してまた違うところが一緒にズレてしまう性質があります。

 

これを骨の連鎖なので、骨連鎖(こつれんさ)と言ったりします。

 

反り腰の場合は、

 

腰が反る

太ももの骨が内側にひねる(内また)

 

という骨連鎖があります。

 

内またの姿勢は膝が内側に向いた状態ですよね。

 

そうなると、お尻の筋肉がサボり状態になってしまいます。

 

だから、お尻が垂れてしまうんです。

 

ということは、反り腰の意識がない人も内またになっているとお尻は垂れやすくなります。

 

このままじゃマズイですよね...

 

でも大丈夫!!

 

骨を本来の正しい位置に戻して、弱った筋肉を活性化させて使えるようにすればいいのです!

 

すぐにできることは立ち方の修正です。

 

 

この写真のようにかかとをつけてつま先外側に向けて立つようにしてみてください。

 

さらに余裕があったら、太ももの骨を外側にひねってみましょう!

 

すると、お尻の奥のほうに筋肉が使われている感覚があると思います。

 

ここで大切なのは、"お尻の外側の筋肉は柔らかいまま”ということ!

 

歯を磨くときやドライヤーで髪を乾かすときなどに意識してあげましょう!

 

今度は、改善のためのエクササイズです。

 

『美尻をつくる7つの家トレエクササイズ』の1日目でお伝えしているエクササイズが有効です。

 

 

ぜひやってみてくださいね!

 

コツコツ続けることで反り腰も解消されて、しかも美尻も手に入ってしまいます!

 

よかったら参考にしてみてください!

 

ヒップのお悩み 女性特有のお悩み

間違ったダイエットで最悪な”おまけ”が付いてくることも

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたは人生でダイエットをしたことはありますか?

 

ダイエットの良いところでもあり、悪いところは、始める気になれば誰でも簡単にすぐにできることです。

 

でも、間違ったダイエットほど、怖いものはありません。

 

あなたのその後の人生に、ずっとその後遺症がつきまとう可能性もあります。

 

特に女性は、正しい知識なしでやるダイエットはカラダをボロボロにします。

 

ダイエットをやることで大きくて余計な”おまけ”が付いてきてしまうのです。

 

そのおまけとは、婦人科系の疾患です。

婦人科系疾患の女性

子宮内膜症や生理痛など、ひどくなってきて初めて

 

「これはやばい...もしかしてダイエットが原因かも?」

 

と気づく人もいるでしょう。

 

食べないダイエットや、ある食品しか食べないダイエットなどは、栄養の偏りや慢性的な不足状態を招きます。

 

身体は細胞や組織をつくる材料(栄養)がないので、修復もできなければ、質の良い細胞を作ることもできません。

 

このような身体で健康を維持できる方が不思議です。

 

間違ったダイエットで最も多いのが、主食(ご飯)を抜くこと。

 

基本的に、食事はご飯を食べるためにあります。

 

野菜をとにかく食べてお腹を満たし、ご飯を抜く。

 

この方法は体重の減りは早いと思いますが、ブドウ糖不足になる可能性が高いです。

 

初期の糖質制限や断食で、体調が良くなったりするのは、今までカラダの中で貯蓄していた分が多かっただけ。

 

脂肪が落ちているわけではありません。

 

栄養不足の食事を続けていると、ゆっくり婦人科系の疾患になる道を歩んでいることになります。

 

もし、あなたが今、ご飯をカットするような食事をしているのなら、ほんのちょっとだけでいいので、ご飯(ブドウ糖)を摂取してあげてください。

ご飯一口

Valezaのお客様にも、こういったアドバイスをすると、最初は信じられないような顔をされます。

 

今まで、ご飯は抜くのがダイエットの基本と情報を浴びてきたからです。

 

でも、試しに一定期間継続していただくと、

 

・立ちくらみがなくなった

 

・生理痛で痛み止めの薬を飲まなくても良くなった

 

・体調を崩す日がほとんどなくなった

 

このような嬉しい報告をいただいきます。

 

細胞レベルから栄養を見直すことで、カラダはまた元気になってくれます。

 

体調・体型のことでお悩みがある方は、一人で悩まずに誰かの頭を借りるほうが賢い選択だと私は思います。

 

 

タグ :   

女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

痩せたい?でもすでに痩せている可能性大

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

一昔前は、女子からは筋トレは嫌われている感じがありましたが、

 

今は、逆ですよね?

 

鍛えている女子はカッコいい!

鍛えている女子は美しい!

 

そんな世の中になりつつある、というかすでにそうなっていると思います。

 

同じように一昔前は、女子は細くて痩せているのがキレイだという洗脳があったと思います。

 

一方、女子にとって今は健康的で適度に引き締まったカラダに人気がありますよね!

 

健康やフォットネス分野に携わる一人としては、これはとても嬉しいことです。

 

痩せているのに、「痩せたい!」

しかし、まだまだ気になることがあります。

 

それはすでに痩せているのに、もっと痩せたい!、ダイエットしたい!

 

という方が多いということ。

 

なぜ、そんなに痩せたいのか?

なぜ、そんなにガリガリになりたいのか?

 

お客様のご要望であることは百も承知ですが、

Valezaでは、基本的にすでに痩せている方にさらに健康を害するまでの体重、体脂肪を減らすための指導はお断りさせて頂いています。

 

理由は、

あなたに不健康になって欲しくないから。

 

ただそれだけです。

 

貴重なお金と時間を使って確実に不健康になる必要は1%もありません。

 

あなたは、世の中であふれる間違った情報に振り回され、自分のボディイメージが崩れ、極端な食事制限でカラダがボロボロになっているのにその大切な体にまだムチを打ち続けるのですか?

 

「拒食症」の画像検索結果

 

ダイエットが必要になるかどうかの一つの基準

あなたに本当にダイエットが必要になるのか?

 

気になるのはその点だと思います。

 

そこで一つの基準をお伝えします。

 

http://bmi.nobody.jp/

 

もし、お時間あったら、このサイトに飛んで、ご自身の現在の身長、体重を入力してみてください。

 

入力するだけであなたにダイエットが必要かどうかがわかります。

 

結果で出た標準体重よりも少ない場合はダイエットの必要性がないということ。

 

あなたがどのような体型・シルエットを目指すのかにもよりますが、標準体重よりも少ない方の場合、ダイエットよりも筋トレをしてボディメイクをおこなうのがオススメです。

 

まとめ

現代は、急速にフェイスブックやインスタグラムといったSNSが拡大してきましたよね。

 

SNSによって、簡単に友人や好きな芸能人の普段の様子を知ることができるようになり、外見や体型に関わるような写真などを目にする機会が増えてきたと思います。

 

その影響で痩せを礼賛するメディアが摂食障害を増加させ、女性の心身に悪影響を及ぼしていることは様々な研究ですでに明らかになっているようです。

 

ファッションの中心地、フランスでも痩せたモデル禁止の法律が施行されたり、有名ブランド、グッチなどを抱える「ケリング」と、ルイ・ヴィトンなどを抱える「LVMH」という世界最大級のファッション企業でも、モデルたちの心と体の健康を守るために、痩せ過ぎモデルの起用を禁止すると表明しています。

 

もう”細いだけの女性が美しい”という時代ではなくなってきているようですね。

 

あなたがすべきなのは、本当にダイエットですか?

 

タグ :   

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

注意!ブライダルエステに行く前にお読みください。

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮”美尻づくりの専門家”みよたです。

 

結婚式をキレイなウェディングドレス姿で迎えたい。

 

結婚式の後も体型を維持したい!

 

そう考えているあなたに知っておいて欲しいことがあります。

損はして欲しくないので、少しお話させてください。

 

Tさんという女性のお話です。

 

Tさんは、結婚式に向けて痩せたいと思っていました。

 

そこでTさんは、宇都宮市内にあるエステのブライダルコースを受けることを決めました。

結婚式までは、あと3ヶ月

 

ブライダルエステでおこなったことは大きく2つ。

 

エステと食事制限

 

炭水化物を抜く食事制限をメインにおこないました。

 

3ヶ月後、Tさんは、なんと10キロ以上体重を落とすことができました。

 

ウェディングドレスもキレイに着れて、Tさんは大満足!

 

「せっかく絞ったカラダ、絶対この先も維持をしよう!」

 

Tさんは、そう心に決めました。

 

Tさんにはひそかな自信があったのです。

 

「ブライダルエステで食事制限の方法を教わったから、あの時の食事を続ければカラダは維持できるでしょ!」

 

そう考えていました。

 

しかし、

現実はそんなに甘くありませんでした・・・

 

その後、Tさんは妊娠しました。

お腹の赤ちゃんのことを考えて食事制限は一時的に辞めました。

 

無事に可愛い女の子を出産。

 

育児に奮闘する日々を送っていました。

 

すると、

1キロ・・・

2キロ・・・

 

少しずつ体重が増えてきたのです。

 

最終的には、ブライダルエステに行く前の体重に戻ってしまいました。

 

でも、Tさんは全く焦りません。

 

なぜなら、また食事制限をすればすぐにもとに戻ると確信しているから。

 

「夏も近いし、ぼちぼち、食事制限始めようかな~!」

 

Tさんは、ブライダルエステで教わった食事制限を再開したのです。

 

食事制限をすると、すぐ元の体重に戻る。

 

はずでした・・・

 

実際は、食事制限をしても体重が全く減らなかったのです。

 

大きなショックを受けたTさん。

 

ご飯も甘いものも一切食べなくても体に何の変化もないのです。

 

「もう嫌だ・・・」

 

Tさんは、あきらめかけていました。

 

あなたに質問です。

 

なぜTさんは、リバウンドした体重を減らすことができなかったと思いますか?

 

いろんな考え方があるかもしれませんが、

 

私は、原因は1つだと思っています。

 

それは、

食事制限のみのダイエットだったこと。

 

食事制限だけのダイエットは、必ずリバウンドします。

 

Tさん場合、ブライダルエステに通う前よりも産後の方が筋肉量が減っていたのです。

 

つまり、痩せにくいカラダに変化していたということ。

 

もし、あなたがブライダルエステを考えているのなら、

 

筋トレも一緒にやる方が絶対いいです。

 

筋肉だけは維持していきましょう!

 

タグ :

女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み

ブライダルダイエットを検討中のあなたへ

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

もし、あなたが結婚式を挙げる予定があるのなら以下をお読みください。

 

結婚式は、一生に一度きり

 

あなたが最も輝く瞬間のひとつです。

 

その瞬間を 一番キレイに迎えたくないですか?

 

女性なら誰でもそう願うはずです。

 

しかし・・・

 

猫背の姿勢でドレスをキレイに着ることができますか?

 

二の腕が気になるけど、自信をもってだすことはできますか?

 

くびれがなくてボディラインをキレイにみせることはできますか?

 

 

ちょっと難しいですよね?

 

体型に自信がないと、表情にもしぐさにもあらわれます。

今のままで本当に自信をもって式を迎えることができますか?

 

もし、あなたの努力次第で自信に満ちた自分になれるとしたら、今すぐ挑戦したくないですか?

 

一度、想像してみてください。

 

結婚式で友人たちに「キレイ!」「可愛い!」「素敵!」と言わている姿を。

 

自分に自信をもって堂々と胸を張ってバージンロードを歩いている姿を。

 

自分に自信を持てるボディラインで結婚式をかけがえのない一生心に残る思い出にしませんか?

 

私は、あなたが自信を持てる、キレイなボディラインづくりのサポートができます。

 

ご興味がある方は、お問い合わせください。

 

タグ :

女性特有のお悩み

Valezaのパーソナルトレーニングでお客様にやっていただくこと

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

都宮でパーソナルトレーニングをご検討されている場合、具体的にどのようなことをやるのか一番気になる部分だと思います。

 

回はValezaで具体的にどのようなトレーニングを提供しているかをお伝えします。

 

Valezaでおこなうトレーニングを大きく3つご紹介します。

 

①骨格を整えるエクササイズ

骨格?

少しわかりにくいですよね。

 

簡単にいうと、

骨の並びのこと!

 

実は、お尻の垂れだけでなく、お腹や二の腕のたるみなどの体型のお悩みは、骨の並びが本来の位置からずれてしまっていることが原因の一つになっています。

 

猫背や反り腰、膝痛などの原因も同じ理由です。

骨格がゆがんでいたり、ずれたままトレーニングをしてもなかなか効果が出にくいのです。

 

なので、Valezaでは最初に

 

骨格の位置を元に戻すことから始めます。

 

または、骨格を修正しながら、理想の骨の位置でトレーニングをします。

 

本来あるべきところに骨格を戻してトレーニングすると、筋肉もよい位置で付きやすくなるので効果も実感しやすくなります。

 

例えば、骨盤。

骨盤の周りには筋肉がたくさんあります。

 

左右均等に筋肉はついているのに、骨盤にゆがみがあったらどうなるか想像できますか?

 

実は、筋肉にはある性質があります。

筋肉の長さが左右で異なると、力を発揮しにくなるという性質です。

 

骨盤がゆがんでいると筋肉の長さも変わってしまいます。

 

これではせっかく一生懸命お腹を凹ますトレーニングをしていてもなかなか効果が期待できません。

 

骨格という土台から整えることで、あなたの頑張りを無駄にせずに済むのです!

 

②フォームに徹底的にこだわった筋トレ

「自分でもこのお尻のエクササイズやった事ありますが、効いている感じが全然違います。」

 

よくお客様からいただくお言葉です。

 

同じエクササイズでもフォームによって別のエクササイズになってしまうことがあります。

 

同じ時間そのエクササイズに費やしたのに、まるで効果が全然違う・・・

 

そんなことが平気で起きてしまうのがフォームが間違ったエクササイズの怖いところでもあります。

 

たった1mm角度が違うだけで、効いている感じがしないことはよくあるので、

Valezaではフォームに徹底的にこだわりますし、うるさいです。

 

内容的には重りを使ったトレーニングや自体重で行うピラティスなどを行います。

 

③BFR(血流制限)トレーニング

腕や脚の付け根に専用ベルトを巻いてトレーニングをします。

 

目的はベルトを締めて腕や脚の血流を制限することで、成長ホルモン(若返りホルモン)を効果的に分泌させたいからです。

 

BFRトレーニングは女性にとって嬉しいコラーゲンもたくさんつくれるのが興味深い点です。

 

アンチエイジング効果を高めるトレーニングでもあるので、若々しくありたい女性の方にピッタリですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

Valezaでどのようなトレーニングをおこなうのか、イメージはできたでしょうか?

 

もし、ご興味があれば以下からお気軽にご質問、ご相談もできます。

 

どんな些細なことでもあなたのお悩みが解決できたら嬉しいので、ぜひお問い合わせください。

 

 

タグ :          

お腹・骨盤まわりのお悩み ふくらはぎのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み パーソナルトレーニングについて ヒップのお悩み ボディメイクについて 体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み 筋トレのアドバイス

女性のあなたも意外と知らない生理痛の緩和方法

読了までの目安時間:約 9分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は、女性に多いお悩みの「生理痛」についてです。

 

仕事を休まなくてはいけないくらい生理痛がひどい方もいれば、ほとんど痛みを感じない人もいますよね。

生理痛がひどい方の場合、生理痛を軽減、緩和させるためにどのような対策をしているでしょうか?

 

毎月痛みを我慢して時間が経つのを待つだけ?

市販のお薬を使って、痛みをごまかす?

 

ほとんどの方がこういった対処しかできていないのが現実です。

 

今回、あなたにお伝えする内容は生理痛のあの痛みの原因と対処法です。

 

これらを知ることで、お薬に頼ることが無くなります。

そして、あなたの身体の機能を正常にして生理痛を軽減、緩和できます。

 

そもそも生理とは?

あなたもご存知だと思いますが、

 

生理が起こる理由とは、

赤ちゃんができなかったときに、子宮内膜というものを外に出すからです。

 

子宮内膜は子宮の一部です。

子宮は子宮筋層と子宮内膜でできています。

 

子宮内膜とは、大きく2種類あります。

 

機能層

基底層

 

この2つです。

 

機能層はさらに2種類に分類できます。

 

緻密層海綿層です。

 

緻密層がシーツ海面層がマットレスと思っていただいてよいでしょう。

 

まとめるとこんな感じでしょうか。

これらは子宮のどの部分にあるかは下の画像を参考にしてみてください。

 

子宮の壁はふかふかのベッドになる!

生理前には、海綿層(マットレス)がふかふかになるために厚みを増します。

しかし、妊娠しないとふかふかのマットレスもシーツも必要ないので外に出します。

これが生理です。

 

ちなみにですが、生理は赤く見えますが、厳密にはあれは血ではありません。

あの赤い色は細胞や毛細血管などを含む組織なのです。

 

では生理の時の痛みはいつどのように起こっているのでしょうか?

生理痛は2種類ある!

生理痛には、2つの種類があります。

 

①子宮の粘膜が壊されている痛み

 

②腫瘍ができたり消化系・膀胱系の異常の痛み

 

生理痛は子宮内膜や子宮筋層の部分に傷や何らかの異常があった場合に感じます。

これは子宮内膜に痛みを感じる場所(痛覚)があるからです。

 

生理は、機能層(シーツやマットレス)を外に出すことを言いますが、

 

実は、機能層(シーツやマットレス)を外に出そうとするとき、何もしないで勝手には出て行ってはくれません。

 

では、どうやって機能層を外にしているのでしょう?

 

身体は子宮の筋肉を使って縮んだり、ゆるんだりして揺さぶりをかけます。

 

それによって、機能層をきれいに外へ出すことができるのです。

 

しかし、この子宮の収縮運動が正しくできない方が多いのです!

 

実はこれが生理痛の原因です。

 

なぜ、子宮の動きが悪いとだめなの?

子宮の筋肉だけはなく、自分の意志で動かせる、動かせないにかかわらず、筋肉にはある特徴があります。

 

それは、

筋肉は「縮んだり、ゆるんだりする」、ということです。

 

この筋肉の「縮む、ゆるむ」をスムーズにするためにはあるミネラルが必要なります。

 

どのミネラルかというと...

 

カルシウムマグネシウムです。

 

カルシウムやマグネシウムと聞くと骨に必要なミネラルのイメージがあるかもしれませんが、実は筋肉にもとても大切な役割があります。

 

筋肉が縮むためには、カルシウム

 

一方、筋肉をゆるめるためには、マグネシウムが必要です。

 

正常な場合、カルシウムで子宮の筋肉が縮んで、マグネシウムによって筋肉をゆるませることで、少しずつ機能層がはがれていきます。

 

しかし、

 

この両者のバランスが崩れることで、痛みにつながります。

 

カルシウムが出ているのに、マグネシウムが出ていないと、子宮の筋肉がゆるまずに、縮みっぱなしになってしまいますよね。

 

すると、血行が滞り、痛みの物質である「プロスタグラジン」というものが出てしまいます。

 

これが痛みだけでなく、精神的な不調の原因にもなるわけです。

 

生理痛を緩和させる方法

ここまで、生理痛の原因やそのメカニズムをお伝えしてきました。

 

ここからは、悩める生理痛を軽減、緩和させる方法をご紹介します。

 

確認ですが、

生理痛の原因の多くは、子宮粘膜の傷などによる、子宮の筋肉の本来のゆさぶり(縮む&ゆるむ)が上手にできていないことが原因です。

 

ということは、

①傷ついた粘膜を治すこと

 

②本来の揺さぶりを取り戻すこと

 

この2つにアプローチをすることで改善することができそうですよね!

①傷ついた子宮の粘膜を治す方法

子宮の粘膜が傷ついた場合の修復と、粘膜自体を強くできればいいですよね!

 

そのために必要な栄養があります。

 

ブドウ糖

たんぱく質

ビタミンA

ビタミンC

この4つです。

 

この4つの栄養素が粘膜を強くする材料になります。

 

しかし、これらの栄養素はただただ摂るだけではダメなんです。

 

必要な量を摂取してはじめて効果が出てきます。

②本来のゆさぶりを取り戻すこと

子宮のゆさぶりを正しく起こすには、カルシウムとマグネシウムの摂取が必要です。

 

この場合は、バランスを考えて摂取する必要があります。

 

理想のバランスは、カルシウム2に対して、マグネシウムぐらいが理想です。

 

しかし、食品からとなると、この比率で摂取するのは現実的には難しいです。

 

普段レトルト食品などの加工食品を食べる頻度が高い方は、2:1にこだわらずマグネシウムを多めに意識して摂取することをおススメします。

 

サプリメントでの摂取が効果的です。

 

まとめ

今回は生理痛を緩和する方法についてのご紹介でした。

 

主に栄養面での改善が必要になることが必要になることがご理解できたと思います。

 

生理をいつも我慢して乗り切っている...

 

服用したくもないお薬を飲むのは嫌...

 

そんな生理痛に悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

タグ : 

パーソナルトレーニングについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

最近食が細いし、身体もだるい←これかなり危険な状態

読了までの目安時間:約 6分

今回の記事は40~50代の女性に多い身体の不調のお悩みについてご紹介していきます。

 

突然ですが...

あなたに2つの質問をさせてください。

 

①あなたは最近、食が細くなったと感じていませんか?

 

②仕事の疲れが取れず、いつも身体がだるくないですか?

 

もし一つでも心当たりがあるなら、あなたの身体は本来の機能を発揮できていない可能性があります。

 

今回の記事では、今の身体の不調な状態を少しでも改善に近づけるためのアドバイスをご紹介していきます。

 

食べれないのは危険!?

「若い時よりも食べれなくなったけど、運動量も少ないからこのくらいの量でいいっか!」

 

「一日一食で十分なんだよな~。」

 

もしかしてそんな風に思っていませんか?

確かに、体質によっては食べる量が極端に少なくてもなんの問題もなく、健康に過ごせる方もいます。

 

しかし、基本的に「食べることができない」ということは、身体の各組織の栄養が不足状態になっています!

 

栄養不足は食べるということ以外では、補うことができません。

 

身体のだるさの原因は?

実は、身体のだるさの原因は先ほどお伝えした、

 

「食べられない」ことが原因の一つになります。

 

食べられないと疲労回復のために必要な材料も不足してしまいます。

 

材料がないと、不足した状態でなんとかやりくりしないといけないので、

 

筋肉などを分解して必要な組織へ栄養を運ぶことになります。

 

また、筋肉への栄養も取らせたくなので、脳が身体に指令を出します。

 

どんな指令かというと、

 

「筋肉を使わないために、身体をだるくさせなくちゃ!」

 

という指令です。

身体をだるくさせれば、身体を動かさなくて済みますよね。

 

身体のだるさは、あなたの身体の中でこのようなことが原因で起きていたんです。

 

では、どうすればいいの?

食べるということが一番良いのですが、

 

今まで「食べない習慣」に慣れてしまっている方は特に注意が必要です。

 

いきなり食事の量や回数を増やすということはしない方が良いです。

 

身体がびっくりしてしまって、下痢や便秘など消化器系の問題が出てきてしまうからです。

 

少しずつ食べる量を増やすためのコツとしては、

 

1週間単位で徐々に量を増やしてあげると良いです。

 

何を増やせばよいのかというと、炭水化物の量です!

 

よく、身体づくりにはたんぱく質が大切だから、肉を食べないさい!とネット等で言われていますが、

 

「肉が食べられない・・・」

 

とお悩みの方も大丈夫です。

 

脂質を含むお肉は、胃腸が弱い方には負担になってしまいます。

これでは逆効果ですよね?

 

三大栄養素の中でも、一番消化に負担がかからないのが炭水化物です。

 

ご飯やパンや麺、どれでも良いので、摂りやすいものを少しずつ無理のない範囲で増やしていきましょう!

 

それでも難しい方は、ラムネや油で揚げていないおせんべいなど、おかし感覚で良いので、少しずつ食べてみてください。

 

1週間経過したら、さらに量、頻度を増やしていきます。

 

そのうち、卵や牛乳、豆乳などのたんぱく質も摂れるように段階を踏んでいきましょう。

 

または、味噌汁をかつおだしで召し上がるのもオススメ!

 

植物性たんぱく質(大豆)と動物性たんぱく質(鰹節)が摂取できます。

 

内臓も筋肉です!

 

筋トレと同じでいつまでも同じ負荷では、強くなることはできません。

 

”少しずつ、少しずつ”

 

をキーワードに食事、栄養に対する意識を少しでも高めて生活してみてください!

 

 

タグ :   

健康面のお悩み 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

身体を変えたい女性なら知っておきたいビタミンB群のこと

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

今回は宇都宮のパーソナルトレーナーがお伝えする、ビタミンB群についてです。

 

ビタミンB群って一体どんなものか?

 

その効果や、なぜ女性のシェイプアップに必要になるのか?

 

をお伝えしていきます。

 

今回の記事を読むことで、目に見えない栄養素の重要性を知っていただくこと、

 

また、今後の食事の内容をちょっとでも見直すきっかけになっていただければ嬉しいです。

 

ビタミンB群とは?

ビタミンBには8種類があります。

 

◆ビタミンB1

◆ビタミンB2

◆ビタミンB3

◆ビタミンB6

◆ビタミンB12

◆パントテン酸

◆葉酸

◆ビオチン

 

です。

 

ビタミンB群があなたの身体にもたらす2つの良いこと

ビタミンB群を摂ることのメリットを知らずに、

 

シェイプアップするためにトレーニングを始めるのはもったいないです。

 

特に女性のあなた!

 

ビタミンB群には様々な効果がありますが、ここでは大きく2つにまとめてご紹介しますね!

①栄養をエネルギーに変えてくれる!

どういうことかというと、

 

ビタミンB群は食べ物が口から入って身体に吸収されたものを、エネルギーとして効果的に使ってくれる助けをしてくれます。

 

脂質を使ってエネルギーにして使う働きもあるので、脂肪燃焼にも効果があります。

 

脂肪を燃やす材料があっても、燃やす力が弱いと効果的にシェイプアップはできないですもんね。

②女性に不足しがちな血を作ってくれる!

女性の場合は生理の影響もあり、慢性的に血液の量も少なく、その質も低下しやすくなります。

 

ビタミンB群を摂取することで、血液が赤く見える理由である、ヘモグロビンという物質を作ってくれます。

 

また、質のよい赤血球も作ってくれるので、貧血の予防にもなります。

 

よく貧血には鉄が大事ですよー!

 

と言われますが、もちろん鉄も大切です。

 

しかし、鉄だけ摂っても効果は薄いです。

 

ビタミンB群を摂るにはどうすればいい?

ビタミンB群を摂取するために、食事とサプリメント、この2つの方法が現実的です。

 

ここではどのような食品を意識して食べればよいのかをお伝えしていきます!

 

ここで注意ですが、

 

例えば、ビタミンB1はこの食品から...、ビタミンBはこれから...、という風に一つだけ補うにするよりも

 

ビタミンBは、やはり”群”として摂取することをお勧めします。

 

その方が効果が高いです!

 

ビタミンB群が多く含まれる食品は、

 

豚肉、豚のレバーです。

といっても、苦手なものであったり、消化器系が強くない方もいると思うので、

 

他の食品を挙げると、あまのり、焼きのりもお勧めです。

あとはサプリメントを使っての摂取になりますがここで気をつけていただきたいことがあります。

 

それは、

安いサプリメントは摂る意味がない!

 

ということです。

 

安いサプリメントの場合、先ほどお伝えした8種類すべてのビタミンB群が入っていない場合があります。

 

サプリメントを購入する際は、8種類すべてが入っているかを確認してみてください!

 

まとめ

今回はビタミンB群に特化して、情報をお伝えしてきましたが、

 

特定の栄養素だけを摂っていればよいというものではありません。

 

炭水化物、たんぱく質、脂質をベースとして、ビタミン、ミネラル。

 

この五大栄養素をしっかり摂取することが最も大切です。

 

女性のあなたには、ビタミンB群は不足しがちな栄養素の1つだということを知っていただき、

 

これから意識して摂取するきっかけになってもらえると嬉しいです!

 

タグ :   

健康面のお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

UA-90816103-1