宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮唯一 美尻・美脚・美姿勢専門パーソナルトレーニング『Valeza』

あなたの美尻トレーニングの質をグッと高めるためのアドバイス

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は美尻トレーニングを含む、あなたのボディメイクを質を高める方法をお伝えします。

 

結論からいうと、

 

まず、骨盤まわりの筋肉を徹底的に意識して下さい!

 

ということ。

 

次に、詳しく解説していきます。

そもそも骨盤まわりの筋肉とは?

骨盤まわりの筋肉には、いろんな大切な筋肉がたくさんありますが、

 

特に4つの筋肉がボディメイクする上で大切になってきます。

 

その4つが、

骨盤底筋

腹横筋

多裂筋

横隔膜

 

です。

 

実はこれらの筋肉は歩いたり、何か動作をしているときには無意識で使われるのが正常です。

 

しかし、何らかの理由で機能不全になりやすくなってしまうのです。

ボディメイクにどのような影響があるのか?

美尻エクササイズに限らず、あらゆるトレーニングでもそうですが、いかにフォームを安定させておこなうことができるかがポイントになります。

 

しかし、骨盤まわりの筋肉の安定性が低下するとどうなるのかというと、

 

例えば、お尻を鍛えるエクササイズですが、

 

下の写真のようなエクササイズをうやると、脚を後ろに引いた時に腰を痛めてしまったりしてしまいます。

本当は固定したい骨盤ですが、脚の動きに影響されて腰が反ってしまうのです。

 

これではお尻に効かずに刺激が腰に逃げてしまいます。

 

つまり、お尻のエクササイズをしているのに、効果がなくなってしまうのです。

では、どうすれば骨盤まわりの筋肉を取り戻せるのか?

あなたは、電車で寝てしまったことはありませんか?

 

コックリコックリしても不思議と倒れないですよね。

 

実はあれは「立ち直り反射」と言われる姿勢反射で、倒れないように無意識に起こされる動きなんです。

 

こういった場合でも本来は骨盤周りの筋肉が勝手に働いてくれるのですが、機能異常になると、「ちゃんと意識しないと」骨盤周りの筋肉は働かなくなってしまいます。

 

でも、よく考えて見て下さい。

 

一日中ずーっと骨盤まわりの筋肉を意識して働かせられますか?

 

絶対に不可能ですよね。

 

でも、幸運なことに脳には素晴らしい機能が備わっています。

 

脳は、とにかく楽をするのが大好き!

なので「同じことを何度も繰り返す」と無意識でもそれができるようになる性質があります。

 

なぜなら、無意識にできたほうが脳にとっては、考えるという労力をしなくて済むからです。

 

つまり、まずは意識して使って日常生活を送ることが大切になります。

 

しかし、具体的に何すればいいのか?

 

簡単にご紹介します。

 

①うつ伏せの姿勢になる

②恥骨を床にしっかり押し付ける

③下っ腹を軽く凹ませる

④そのまま両脚を床から離す(太もももしっかり床から離す)

 

といったエクササイズからはじめてみることをオススメしています。

まとめ

Valezaのトレーニングでも一番最初にやることは骨盤周りの筋肉の使い方を体感していただくことです。

 

正しいやり方が身につけば、後は反復すればどんどん良くなっていきます。

 

骨盤周りの筋肉はどれかひとつだけでなく、全部一緒に鍛えてあげる必要があります。

 

なので、意識するポイントがいくつも出てきますが脳の性質をうまく利用してまずは意識してコツコツ刺激を与えてあげましょう!

 

それができれば、今よりも美尻エクササイズの質もグッと高めることが期待できますよ!

 

 

お尻引き締め お腹引き締め 女性のボディメイク 筋トレ

一人でできる基礎的な美尻エクササイズでカラダは変わるの?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたは今まで、本や雑誌、テレビ、動画などで紹介されていた美尻エクササイズを一回でもやったことはありますか?

 

もしかすると、あなたは疑問に思ったかもしれません。

 

「このエクササイズをやっているけど、本当に効果がでるのかな?」と。

 

お伝えしているエクササイズはすべて基礎のエクササイズです。

 

基礎のエクササイズは、最低でも押さえて置いてほしいという意味合いがあります。

 

「えっ!?エクササイズをみて真似するだけではダメなの?」

 

と思われてしまうかもしれません。

 

誤解がないようにお伝えすると、

 

基礎エクササイズは必要だけど、十分ではないということです

 

カラダを変えるためのエクササイズやトレーニングは家づくりによく似ています。

 

家を建てるときも、土台をしっかり作りますよね。

でも土台をいくら頑丈につくっても、その上に立つ柱や壁や屋根がないと家は完成しません。

(ボディメイクでいう応用の部分がこの柱や壁や屋根に当たります。)

 

逆に、土台がないのに、地面に柱を立てて、壁や屋根を付けただけでは、見た目は家っぽいですが地震がきたらすぐに崩壊してしまいますよね?

 

基礎がしっかりした上で、応用があるのです。

 

では、応用はどうやってエクササイズすればいいのか?

 

もちろん、応用になるので、一人ではできません。

 

専門のトレーナーのもと指導を受ける必要が出てきます。

 

個人差はありますが、具体的には、経験上、約3ヶ月ぐらいトレーニングをしっかりやってやっと基礎ができてくるイメージです。

 

なので、3ヶ月という短いスパンでカラダが変わるのは、実は、ほんの少しの変化です。

 

3ヶ月間での体の変化のイメージとしてはマイナスからゼロへの変化だと言ってもいいと思います。

 

しかし、理想はゼロから1、そして2、さらに3という風に徐々に数字を多くしていくことではないでしょうか?

 

マイナスからゼロになってそれで終わってしまったら、応用しないことを選択していることになるので、数字を多くしていくことはできません。

 

つまり、ずっとゼロのまま。

 

さらに、現状維持は衰退を意味するので、ほとんどの方は、確実にまたマイナスに逆戻りです。

 

逆戻りを実際に一度体感しないと私の今お伝えしていることはおそらく伝わらないだろうな~と感じます。

3ヶ月やって、また休んで、カラダがもとにもどってからまた再開。

 

これでは、お客様にとって貴重な時間を無駄にしていることになります。

はっきり言って、二度手間です。

 

マイナスとゼロの間を行ったり来たりしているだけだからです。

 

やはり、週1回、難しい場合は2週に1回でもいいので、集中してトレーニングを継続する環境が必要だと思います。

 

あなたが本気でカラダを変えたい!

そして、二度とあの頃の体型に戻りたくなければ・・・

 

 

タグ :                

お尻引き締め お腹引き締め ふくらはぎ引き締め ダイエット(脂肪燃焼) パーソナルトレーニング ボディメイクについて 不定愁訴 二の腕引き締め 健康 太もも引き締め 女性のボディメイク 女性特有のお悩み 筋トレ 背中引き締め

体重へのこだわりから離れられない人へ見てほしい画像

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

女性に体重なんて聞いてはいけない!

 

よくそんな風に言われますよね?

 

そのぐらい女性にとって体重はデリケートな問題です。

 

女性が体重を気にしてしまう理由は、女性は「人から見られている」ことを強く意識しているからだと言われています。

 

心理学者のMckinley,N.M氏とHyde,J.S氏が1996年発表した論文によると、女性は、「身体は他者から見られるものとして存在する」と意識する傾向にあると指摘しています。

 

体重に関わらず容姿や服装などの「見た目に対する関心の高さ」もとても高いとのが女性ではないでしょうか?

 

しかし、多くの女性が体重を気にしすぎてしまうことで悪い影響を受けてしまっていると私は感じます。

 

一番は無理な食事制限です。

 

必要な栄養が摂取できず、髪がパサパサ、肌はガサガサ、爪やカラダがボロボロになってもまだまだ足りないと間違った不健康な方向に頑張り続けてしまう方がいます。

 

体重ばかり見ていると健康、そして女性らしいボディラインを失うリスクが高まります。

 

このような女性の体重に対する考えをもう一度見直して欲しい画像をツイッターで偶然見つけました。

 

下の画像です。

ちなみにどちらも同じ人物です。

 

あなたは、左側の写真の体重と、右側の写真の体重はそれぞれ何kgだと思いますか?

実は、どちらも50Kgなんです。

 

脂肪がついた50Kgと筋肉がついて引き締まった50Kg。

 

どちらも同じ体重ですが、この画像を見ても体重だけにこだわりをもってボディメイクやダイエットを続けますか?

 

もうおわかりかもしれませんが、目標の50kgになっても理想の体型になれるとは限らないということです。

 

食事制限だけでは、写真の右側のような体型にはなれません。

 

必ず筋トレが必要です。

 

食べないダイエット・ボディメイクではなく、必要な栄養素をしっかり取りながら、定期的に筋トレ。

 

これがシンプルで最も効果の出る方法です。

 

体重だけで見ることから卒業すると違う素敵な景色がどんどん見えてきますよ!

 

一人でできる基礎的な美尻エクササイズでカラダは変わるの?

 

タグ :  

ダイエット(脂肪燃焼) パーソナルトレーニング 健康 女性のボディメイク 栄養 筋トレ

『マシンよりきついです・・・』その理由に迫る!

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

「マシンよりもキツいです・・・」

 

お尻と太ももの境目を作るエクササイズをした後のお客様のご感想です。

 

使った重さは、お客様自身の片脚

 

たったそれだけ。

ジムでおこなうメインのトレーニングはマシントレーニングではないでしょうか?

 

しかし、マシントレーニングだけでカラダが変わるのならば、ジムに通っている人はすべて引き締まっていくはずです。

でも、実際は違います。

 

何か他に原因がありそうですよね。

 

今、運動する習慣がない方はカラダが変わらない言い訳ができます。

 

「だって、運動してないもん。運動したら変わるし!」

 

しかし、一生懸命にジムに通っているのにヒップが上がらないし、太ももも細くならない・・・

 

こんなに頑張っているのになぜ???

 

そんな方は、変わらない理由について考えたことはありますか?

 

今回お伝えしたいのはここです。

 

お尻や太もももでいうと・・・

運動をいくら頑張っていても股関節がずれた状態だとたるみや筋肉太りが起こります。

 

この事実に気づかないでさらに運動を続けるとどうなるか?

 

ゴールに向かう方向が間違っているので改善は期待できませんよね。

 

続けることは大切だとよく言われていますし、私もそうだと思います。

 

しかし、場合によっては、『継続』が時間とお金をかなり無駄にしてしまう行為になる場合も...

 

大切なお金や時間を無駄にしないためにも、狙った筋肉にしっかりと刺激を与えられるエクササイズがオススメです。

 

マシンを使っても、使わなくてもどっちでもよいので、効かせることにフォーカスするのがオススメです。

 

メルマガ、ブログ、HPでもいくつかエクササイズをご紹介していますが、基本エクササイズ3つだけでヒップアップしたお客様もいらっしゃいます。

 

下半身引き締めには魔法なんてありません!

マジックのようにタネも仕掛けもちゃんとあるんです。

 

 

タグ : 

お尻引き締め パーソナルトレーニング 太もも引き締め 女性のボディメイク 筋トレ

ボディメイクと茹で上がったカエルの話

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮”美尻づくりの専門家”みよたです。

 

カエルの季節ですね!

福島の実家では、玄関の窓に数え切れないカエルが張り付いていたのを思い出しました。

 

あなたは茹で上がるカエルの話を聞いたことありますか?

 

Aというカエル。
Bというカエル。

 

Aのカエルは冷たい水が入った鍋に。

カエルは、気持ちよくスイスイ泳いでいます。

 

一方、
Bのカエルには、今にも沸騰しそうなほど熱いお湯に入れます。

カエルはびっくりして跳んで逃げていきました。

 

その後、Aのカエルが入った鍋にはゆっくりと火をかけていきます。

 

ちなみに、あなたはAのカエルはどうなると思いますか?

 

よくある答えは、ある一定の温度になると跳んで逃げていくのでは?という答え。

 

しかし、Aのカエルは茹で上がって死んでしまったのです。

 

タイトルにもあったので、予想できちゃいましたよね(笑)?

 

実際に私が実験したわけではないですし、本当にこのような結果になるかはわかりませんが、高校のとき、担任の先生がこの話をしてくれました。

 

この話で何を言いたいのかというと、『気づき』の大切さです。

 

Aのカエルの入っている鍋の温度はゆっくりあがっていきましたよね?

 

つまり、周りの環境が大きく変化していることに気づけなかったのです。

 

私は、あなたには、Aのカエルのようになって欲しくありません。

 

確かに、何もしないのが一番楽。

 

でも、知らないうちにカラダはどんどん衰えていきます。

 

Aのカエルにならないためには、現状に気づけるかどうかです。

 

気付いた人は、絶対変われます。

 

 

タグ :

パーソナルトレーニング 筋トレ

筋肉痛が嫌いな人に知っておいてもらいたいこと

読了までの目安時間:約 7分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたは筋肉痛についてどのようなイメージがありますか?

 

しんどい。

 

つらい。

 

とにかく痛い。

 

もしかして、嫌なイメージばかりではないでしょうか?

 

特に、運動経験があまりない方はそのように感じてしまうかもしれません。

 

この記事で私があなたに知っておいて欲しいことがあります。

 

結論からお伝えすると・・・

 

筋肉痛とは、何もしなかったら衰えていくはずだった筋肉を救ってあげた!

 

ということ!

 

なぜ私がこのように考えるのか?

今回はその理由をお伝えしていきます。

もそも筋肉痛とは?

一般的に言う筋肉痛は筋トレした次の日や2日後、3日後ぐらいにおきます。

 

これを遅発性筋肉痛などと言ったりもします。

 

実は、筋肉痛が起きてしまうメカニズムは、いまだによくわかっていないのが現状です。

肉痛のデメリット

冒頭でもお伝えした筋肉痛のイメージはどうしても

悪いイメージがつきやすいです。

 

痛くて歩けない・・・

 

階段の上り下りが大変・・・

 

ベッドから起き上がるのも一苦労・・・

 

確かに、日常生活に支障が出るレベルの筋肉痛は苦痛だと思います。

 

しかし、筋肉痛はずっと続きませんよね?

必ず終わりがきます。

 

次に筋肉痛のメリットをお伝えします。

 

今のあなたの悪いイメージが少しでも払拭できると嬉しいです。

肉痛のメリット

筋肉痛は、筋肉を使った人ではないと起こりません。

 

つまり、それが筋トレだった場合、しっかり筋肉に効かせることができた!

 

と認識できる点が一つのメリットだと思います。

 

フォームの振り返りにも適しています。

たとえば、お尻のトレーニングをしていたら、お尻に筋肉痛が出るのが理想です。

 

しかし、太ももの前が筋肉痛になった場合、何が考えられるでしょう?

 

トレーニングのフォームが間違っていたということなんですが、

 

それを自分の身体で体感することができるのです。

 

最も説得力のあるフィードバックではないでしょうか?

 

 

もう一つは、筋肉痛というよりも筋トレのメリットです。

 

筋肉は、30代を過ぎるとどんどん衰えていきます。

 

イメージしていただきたいのは、坂を下っていくボールです。

坂の傾斜が強いほど、どんどんボールは落ちていってしまいますよね。

 

どんどんスピードが出て、下ればくだるほど落ちるスピードも増していきます。

 

 

筋肉の衰え方も全く一緒なんです。

 

筋トレの役割は、いかに坂道の傾斜を緩やかにできるか?

 

と考えてください。

 

傾斜が緩やかになればなるほど、衰えるスピードも遅くなってくれるのです。

 

つまり、何がいいたいかというと、

筋肉痛というのは、どんどん落ちていく筋肉のスピードをゆっくりにできたサインだと思ってみては?

 

もし、筋トレも何もしなければ衰えていく運命だったはずの筋肉を救ってあげたんです。

 

最初のうちは筋肉痛というサインは強いのですが、

筋肉が慣れてくるとそのサインも弱くなっていきます。

 

ここで間違って欲しくないのは、

筋肉痛の有無に関係なく、衰えていく運命だった筋肉はしっかり救えていますよ!ということ。

 

安心してください。

とめ

筋肉痛が一番強く出る人は、トレーニングを始めた運動初心者の方です。

 

痛みがあるからもう嫌だ・・・。

 

その一時の感情でせっかく習慣化しようとしている筋トレをやめてしまってはもったいないです。

 

あなたにとって大きな損失です。

 

私はよく、トレーニングは一段ずつ階段を上っていくようなものですよ~。

とお伝えすることがありますが、

 

トレーニング初心者ほど、その階段の一段目が昇りにくかったり、やけに高かったりするんです。

 

しかし、階段を上がっていけばいくほど、上がりやすいきちんと整備された段差になっていきます。

 

これを知っていると、もうちょっとだけ頑張ってみようかな?

と思いませんか?

 

筋肉痛になったという事実は一緒でもとらえ方、受け止め方次第であなたのボディメイクに良くも悪くも影響を与えてしまいます。

 

残念ですが、マイナスに考えてもいいことは一つもありません。

 

どうせなら、ポジティブに考えてみてはいかがでしょうか!

 

 

タグ :  

パーソナルトレーニング ボディメイクについて 女性のボディメイク 筋トレ

インナーマッスルを鍛えると代謝が上がって痩せるのか?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

先日、カウンセリングを受けられたお客様からこんなご質問をいただきました。

Q.私はこちら(Valeza)で体験を受けるまでに、市内のジムで体験をいくつか受けてきました。

そのときに、対応してくださったトレーナーの方が代謝を上げたいのなら、インナーマッスルを鍛えるといいですよ!と言っていたのですが、本当でしょうか?

 

このブログを読んでいるあなたならどう思いますか?

 

このご質問にお答えするには、インナーマッスル(カラダの奥に筋肉)とアウターマッスル(皮膚に近い筋肉)、それぞれの役割について知っている必要があります。

 

私のブログでも何回も登場してる、インナーマッスルとアウターマッスル。

 

ここでもう一度、おさらいをします!

インナーマッスルの役割とは?

一言でいうと、インナーマッスルとは関節を安定させる役割です。

 

イメージは家の柱と柱をつなぐ、ネジのような感じですかね?

 

このネジがゆるいと正しい位置に骨を固定できません。

アウターマッスルの役割とは?

アウターマッスルは、動作をするときにメインで働く役割があります。

 

大きな筋肉だという特徴もあります。

 

ボディラインを形作るメインの筋肉でもありますね!

そもそも代謝が上がるということは・・・

一般的に、

 

代謝がいい=基礎代謝が高い

 

ということだと思います。

 

簡単に言うと、基礎代謝とは、

 

起きているけどベッドに横になっている時の代謝のことです。

 

人のカラダは何もしない時でも脂肪を燃やしてくれます。

 

ここでポイントですが、

筋肉は脂肪を燃やす工場なので、筋肉があればあるほど基礎代謝は高くなります。

 

ということは、工場がたくさんあった方がいいですよね?

 

つまり、代謝が高くなるのは大きな筋肉がたくさんあるアウターマッスルだと考えられます。

 

つまり、お客様のご質問に対する私なりの答えは、

「アウターマッスルを鍛えたほうが代謝が良くなりますよ」!

です。

 

誤解して欲しくないことは、

インナーマッスルにもアウターマッスルにもそれぞれ鍛えるメリットがあるということ。

 

目的に応じて使い分けることで期待する効果もあらわれてきます。

 

どのエクササイズをどのようなフォームで何回やるのかなどは、専門のトレーナーにお任せするのが間違いなし!

 

 

タグ : 

パーソナルトレーニング 女性のボディメイク 筋トレ

エステのダイエットコースで損する人・得する人

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたはエステに通われたことはありますか?

 

通われた経験がある方もない方もぜひ知っておいていただきたいことがあります。

 

それを今回お伝えします。

 

結論から言うと、

 

エステで痩せると食事制限だけなので、100%リバウンドしますよ。

 

ということ!

 

これまで私のブログをご覧になっていただいてきた方ならご理解していただけると思います。

 

エステで体重が落ちるのは、食事制限のおかげです。

 

筋肉量が増えて代謝が上がってカラダが絞れているわけではありません。

 

何もしていないと筋肉量は減る一方なので、痩せた後の方が実は痩せにくい体質になってしまいます。

 

表現を変えると、リバウンドする体質になっているということ。

 

一生懸命、食事制限も頑張ってたどり着いた先が

 

『痩せにくいカラダ』

 

なんて悲しすぎませんか?

 

筋トレのメリットはたくさんありますが、基礎代謝が高いカラダを手に入るという点は筋トレでしか実現できません。

 

とにかく体重を減らしたのか?

 

それとも

 

筋トレで引き締まった痩せやすいカラダになりたいのか?

 

あなたはどちらのカラダになりたいですか?

 

タイトルの【エステのダイエットコースで損する人・得する人】についてですが、

 

エステと並行して筋トレをする人は得する人。

 

エステ(食事制限)だけで痩せようとしている人は損する人ですよ!

 

タグ :  

ダイエット(脂肪燃焼) 女性のボディメイク 筋トレ

あなたもあなたのお母さんもひざ痛に悩んでいませんか?

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

もし、あなたも、そしてあなたのお母さんがひざ痛でお悩みだったらこの記事をお読みください。

 

イスからの立ち上がりも辛そう。

 

ちょっとした段差の昇り降りも手すりがないとできない。

 

見ていて危なっかしい。

 

あなたはお母さんを見ていてそう感じることはありませんか?

 

もしかすると、あなたも膝にお悩みがあるかもしれません。

 

それは、あなたとあなたのお母さん生活習慣が似ているからです!

 

膝に良くない習慣や姿勢だと、年齢を重ねていくと痛みや違和感が少しずつ出てきます。

 

あなたよりも年齢が上のお母さんはより、その問題となります。

お母さんには、

 

いつまでも元気でいて欲しい。

 

あなたもそう願っていると思います。

 

しかし、何もしなければひざ痛は良くなりません。

 

では何をすればよいのか?

 

答えは、筋トレです。

 

なぜなら、ひざ痛の原因のほとんどが筋力の低下だから。

 

原因が筋力低下だから筋力をつけてあげると結果が変わってきます。

 

そうです。

 

解決策はすごくすごくシンプル!

 

大好きだった旅行にまた行きたい!

 

お友達と一緒にまた散歩したい。

 

ひざを気にしないでまた歩けるようになりたい!

 

筋トレをすれば、その夢が叶う可能性が高いです。

 

私は、ひざは人生の自由度と大きく関係していると考えています。

 

あなたのお母さんにも、生まれ変わったつもりで、ひざ痛がない自由な人生を謳歌してもらいませんか?

 

タグ :  

パーソナルトレーニング 筋トレ

ジムで一人でも効果を出す工夫 マシン編

読了までの目安時間:約 7分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

私のトレーニングを受けられている方は、宇都宮のジムにすでに通われている方も複数いらっしゃいます。

 

トレーニングについて何も知らない人からすれば、

 

ジムに通うのなんて1つでいいんじゃないの?

ジムなんてどこも同じでしょ?

 

そう思われてしまうかもしれません。

 

しかし、大きな違いはトレーナーの質だと思います。

提供できるサービスはトレーナーによって大きく変わります。

 

そのサービスの違いをよくご理解されている方はカラダが変わる方です。

 

今回はジムに通っているけど、思うように結果が出ていない。

パーソナルトレーニングの時間以外にも有効にジムを使いたい。

そのような方に向けて情報をお伝えします。

 

今回の記事を読むことで、これからのトレーニングに取り入られる内容、今までのトレーニングの改善点などに気づいていただくと嬉しいです。

今回はマシン編です。

分の筋力の限界知ってる?

トレーニングを始めるうえで大切なのは、フォームです。

 

しかし、そのフォームがしっかりできているという前提があった上で、次に大切なのは今の自分の限界を知っているか?

ということです。

 

具体的にいうと、1回やっと持ち上げられる重さを知りましょう!ということ。

 

例えばスクワットであれば、重りを背負ってしゃがんだ後に元の姿勢に戻るときに最大で何Kgの重さを持ち上げられるかです。

なたの目的を叶える最適な重さは?

この重さをここでは、『1回やっと持ち上げられる重さ』とします。

この重さは、あなたが一人でトレーニングするときに必要な情報となります。

 

例えば、あなたの1回やっと持ち上げられる重さが40kgだとします。

筋力をつけたい、カッコよく引き締めたい!

という目的がある場合、約30kgの重さで行うのが好ましいといわれています。

 

特に私のトレーニングの場合は、お尻や太ももにボリュームをつけたくないという方が多いので、重さは少なく回数を多くしてトレーニングを行っています。

 

マシーンを使う場合は、大体の目安として、1回だけ持ち上がられる重さの60%ぐらいの重さで持ち上げられるよいでしょう。

 

私の場合、このやり方で世間では不可能といわれている部分痩せをご提供できています。

まには筋肉に違う刺激を与えてみては?

先ほど、トレーニングの目的に応じて重さや回数を変えましょう!

 

ということをお伝えしましたが、実はずっとそのままでも良いとも言えません。

 

というのも、筋肉の刺激のパターンが一定だと効果が薄れてきたり、気持ち的にも飽きて集中力が低下してしまうからです。

 

なので、たまには刺激を変えてみませんか?

というご提案です。

 

次にマシントレーニングする上でのテクニックをここでは4つお伝えします。

 

サーキットシステム

あらかじめ、どのマシンを使用するかを決めておきます。

お勧めは、太もも、背中、お腹、胸、肩を鍛えられるマシン5つです。

 

まず、1つのマシンを1回だけ持ち上げられる重さの40~60%で10~15回行います。

休憩時間は15~30秒で次のマシンを行います。

 

移動だけで大体そのぐらいの時間はとられてしまうので、休憩時間=移動時間だと思っていいでしょう。

時間がない、トレーニング初心者の方にいいかもしれません。

ブレイクダウントレーニング

例えば、40キロの重さを持ち上げていて、疲れたな~と思ったら、すぐに重りを4.5kgぐらい減らしてさらに2~4回、回数を追加します。

そして、また疲れてきたら、重りを軽くして2~4回追加していきます。

これを繰り返し行って重りがなくなるまでか持ち上げられなくなるまで行います。

最後はとても軽い負荷なのにも関わらず、とてもキツく感じることでしょう。

スーパーパンプシステム

あらかじめ使用するマシンやエクササイズを3台ぐらい準備しておきます。

この3台はすべて同じところの筋肉を鍛えるようなものがよいです。

 

1セットあたりの回数は5~6回できる重さで行い、セット間の休憩は15秒。

3台のマシンを次々と繰り返していきます。

3周を目標にやってみましょう。

スパースローシステム

このトレーニングは、ゆっくりな速度で行うトレーニングです。

どのくらいゆっくりかというと、1回スクワットやるのに10秒から60秒ぐらいの時間をかけていきます。

回数は1~6回で2セットやります。

とめ

少し専門的な内容になってしまいましたが、要はトレーニングはいろいろ変化をつけることが大切ですよ!

ということをお伝えしました。

 

やはり筋肉にも慣れがあります。

たまには違う刺激(最低でも週1回)を入れてあげるだけでもカラダは変わっていきます。

 

今回はあくまで一人でもできそうな内容をお伝えしましたが、やはり一人ではどうしても限界があります。

自分に甘くなったり、集中力がキープできなかったりしてしまうからです。

 

もし、悩んでいたら信頼できるパーソナルトレーナーにぜひご相談ください!

 

 

タグ :  

ダイエット(脂肪燃焼) パーソナルトレーニング 筋トレ

UA-90816103-1