宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

美脚美尻になるのに機械を使うトレーニングは必要ない!?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

 

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

今回は、美脚美尻になるのに機械を使うトレーニングは必要ないのかどうかについてご紹介します。

 

結論は、私の今の考えでは必ずしも必要ないです!

 

その理由を次に書いていきます。

マシンでスタイルアップしない理由

質問ですが、あなたは過去にフィットネスジムなどに通ったことはありますか?

 

通ったことがある方ならわかると思いますが、ジム内には筋トレするマシンがたくさん置いてありますよね。

これでもか!って感じに。

 

ジムに入会して、トレーナーから自分の目的に合うマシンを教えてもらった人もいると思います。

 

どうですか?

 

それを実践してお尻は小さくなりましたか?

 

太ももは細くなりましたか?

 

マシンだけやっていてそうなれるなら、ジムに通っている人は全員スタイルアップしているはずですよね。

 

でも、残念ながらそうではないのが現実です。

 

その理由は何なのか?

 

自分なりに考えてみました。

 

すると、マシンで筋肉を鍛えるよりも重要なこと、先決すべきことがあるとわかりました。

 

それが、カラダの使い方!

 

???

 

全然具体的じゃないのでよくわかりませんよね。

 

この話はこのHPでも何度も出てきている話ですが、大切なので改めてご説明します。

何もしなくてもいつもスタイルが良い人の秘密

あなたの周りに、何もしていないのにスタイルが良いな~という人はいませんか?

 

実はその人は、スタイルが良くなるカラダの使い方を自然にできてしまっているんです。

 

つまり、下半身だけでいえば、脚が太くならない、お尻が垂れないカラダの使い方です。(実は背中の脂肪や二の腕のたるみも関係しています...)

 

なので、あなたが体型のことで悩んでいるのなら、まずはカラダの使い方を先に知っておいたほうが絶対にいいです。

 

もちろん、マシンにも初心者の方でも安全に扱えるというメリットはあります。

 

でも、それがスタイルアップには直接結びつかない場合のほうが多いです。

今日のまとめ

どんなマシンや道具を使うかよりも、まずはスタイルアップするカラダの使い方の練習をしましょう!

 

 

ヒップのお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて

【みんなの共通するお悩み】お尻と太ももの境目問題を解決するには?

読了までの目安時間:約 3分

美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

さて、今回は下半身のお悩みで多くの方が

 

「私もどうにかしたいの~ランキング」のかなり上位に入るテーマです。

 

それが、お尻と太ももの境目問題!

 

具体的には、お尻が重力に負けて垂れてしまい、もも裏に乗っかっている状態のことですね。

 

イメージこんな感じですかね?

↓↓

 

自分で動画を見たり、雑誌に載っていたエクササイズを見て頑張ってもお尻の下側に刺激を入れるのは結構難しいと思います。

 

あなたもそんな経験はないでしょうか?

 

難しくなる理由の一つとして考えられるのは、背骨の柔軟性の低下です。

 

でも、自分の背骨に柔軟性があるかどうかはわからないですよね?

 

このエクササイズでチェックしてみてください。

↓↓

このエクササイズは背骨の柔軟性をつくるためのエクササイズです。

 

特に、上の写真の腰に注目してください。

 

軽く反れているのが分かりますか?

 

この反りがお尻と太ももの境目の筋肉を鍛えるエクササイズではとても大切になります。

 

あなたはこの写真のモデルさんのように背骨をしっかり反ったり丸めたりできましたか?

 

もしできていない場合は、お尻を鍛える前にこのエクササイズを繰り返し練習したほうがいいと私は思います。

 

エクササイズのためのエクササイズでということですね。

 

肝心なお尻の下側を鍛えるエクササイズについてですが、ここでお伝えしようと思いましたが、メール講座の中で動画で解説しているので、紹介は控えます。

 

すでに登録していただいている方に申し訳ないので...

 

ちなみにですが、メール講座は【こちら】から登録できます。

 

今日の内容、あなたのボディメイクに役立てばうれしいです!

 

 

ヒップのお悩み 女性のボディメイクについて

脚の太さは遺伝だからしょうがないと思っているあなたへ

読了までの目安時間:約 3分

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

私はトレーニングを受けていただく前に必ずカウンセリングでお客様とお話しする機会があります。

 

その時、脚の太さで悩まれているお客様の多くは、

 

「脚の太さは物心ついた時から気になっていました・・・」

 

「母親も太いから遺伝だと半分あきらめています・・・」

 

とお話しされます。

 

どうでしょう?

あなたは下半身の体型は遺伝だと思いますか?

 

私はどう考えるのかというと、遺伝も少しは影響しているとは思います。

 

ただ、トレーニングを受けていただくと下半身のラインはちゃんと変わるので、もう一つ別の原因のほうが大きいと思っています。

 

もし、あなたのお母さんが下半身太りだったとしたら、遺伝の影響よりも生活習慣の影響のほうが大きいかもしれません。

 

つまり、下半身が太くなるカラダの使い方や食事を受け継いでいるということです。

 

同じ家に住んで、同じものを食べて生活していれば、似たような体型になっていくのは想像できると思います。

 

だから、決してあきらめる必要はないんです。

 

あなたはシンプルに脚が細くなるカラダの使い方を知らないだけかもしれません。

 

今までと違うカラダの使い方、使ったことのない筋肉を刺激することでカラダのシルエットは大きく変わります。

 

逆に、今までと何も変えずにずっと生活していたらどうでしょう?

 

現状維持さえも難しくなります。

 

つまり、どんどん下半身が太くなる一方。

 

全てのことに当てはまることですが、

 

結果を変えたければ、今までの何かを必ず変えなくてはいけません。

 

あなたは何を変えますか?

 

私のオススメは、脚が細くなるカラダの使い方をまずは頭にインストールすることです。

 

一生使える知識やスキルは誰にも奪われない宝物になることでしょう!

 

パーソナルトレーニングについて 女性のボディメイクについて

【嬉しいご報告】初めて見る体脂肪の数値でした!!

読了までの目安時間:約 3分

先日、頻繁にご報告をいただけるお客様から嬉しいご報告が!

 

「今日体重計乗ったら、体脂肪27%という数字が出ました!初めて見た数字でした!」

嬉しいですね!

(数字を見なくても相当変わってるだろうな~というのは見た目からすでにわかってはいましたが…)

 

こちらのお客様は、トレーニング開始するは体脂肪が35%近くありました。

 

ボディメイクを目的に通いたいと思い、短期集中型のジムにも行こうと思ったらしいです。

 

でもすごくお忙しい方なので週1回で通えるところを模索。

 

そしてValezaのパーソナルトレーニングを見つけたらしいです。

 

年齢的なことを考えても、急激に体重や体脂肪を落とすのは、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

ちなみに年齢は53歳。

 

約半年以上の時間をかけてゆっくりとカラダを変えてきました。

 

体脂肪や体重って一気にガクッと下がるイメージがありますが、

 

現実はというと、

 

減って

増えて

減って

増えて

減って

 

という風にジグザグに右肩下がりに少しずつ減っていくイメージでのほうが近いです。

 

ジクザグの繰り返しで現在のボディラインを手に入れることができました。

(一喜一憂していたらメンタルが持ちませんよ~)

 

このイメージもってボディメイク・ダイエットができるのかが成功への大きな分かれ道になります。

 

もし、こちらのお客様の思考が

 

「短い期間でチャチャっとやろう!」

 

といった思考でボディメイクに取り組んでいたら全く違う未来に待っていたでしょう。

 

もちろん、悪い未来ですよ!

 

一方、今のお客様はオシャレの幅も広がり人生を大いに楽しんでいるように思います。

 

どんな未来を手にするかはどんな思考で取り組むかで決まってしまうので、ボディメイクやダイエットの正しい認識を今後も広めていきたいと改めて感じるお客様のご報告でした。

 

 

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み パーソナルトレーニングについて ボディメイクについて 女性のボディメイクについて

プロのエステティシャンが美尻トレーニングする理由

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は美尻になるための『手段』のお話。

 

あなたは、キレイなヒップラインになりたい!

 

そう思ったら何をしますか?

 

選択肢はいくつかあると言われています。

 

・エステでマッサージ

・ヒップの脂肪吸引

・筋トレなど

 

どれを選ぶかはあなた次第だと思います。

 

ただ、実際Valezaのお客様の中には、プロのエステティシャンの方がいらしゃいます。

 

もし、ヒップアップや美尻づくりにエステが一番効果が合ったら、エステの効果を誰よりも知っているはずの施術者の方がトレーニングしにいらっしゃるはずがありませんよね。

 

美尻トレーナーである私がヒップアップするためにエステに通っているのと同じです。

(想像するとちょっと気持ち悪いですが笑)

 

エステティシャンであるお客様本人がおっしゃっていたのですが、

 

「エステじゃヒップアップは無理だと知ってますから…」

これがすべてを物語っていると思いました。

 

人間は動物です。

 

動く物です。

 

自らしっかり筋肉を使って動くことでカラダは変わっていきます。

 

正確にいうと、『どういう風に動くか』で体型は変わります。

 

こんなことを書くとエステ業界の方から批判がきそうですが…

(実際に数件来たことがあります。)

 

でも、このブログをみているお客様だけには、損はして欲しくないので、ちゃんとした情報をお伝えしたつもりです。

 

トレーニングを受けられた方からすれば、トレーニングしないとヒップは変わらない、と言うことは当たり前のことだと認識できているはずです。

 

でも、まだまだエステで美尻になれると本気で思っている人もたくさんいます。

 

大切なことなので、もう一度最後お伝えします。

 

ヒップは自ら筋肉を使って動いて、はじめて変わりますよ!

 

 

ヒップのお悩み 女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

【お客様のご質問】私って腹筋弱いんでしょうか?

読了までの目安時間:約 3分

「私って腹筋弱いんでしょうか?」

 

お客様からこのようなご質問をいただきました。

 

今回はこのご質問にお答えしていきますね!

 

Valezaのお客様の中には、ご質問いただいた方を含め数名、画像のような腹筋ができない方がいらっしゃいます。

起き上がれないと、

「私って腹筋が弱いんだな~」

 

そう思ってしまうと思います。

 

確かに、腹筋の弱さが関係している場合もあるかもしれません。

 

でも、本当にそれだけが原因でしょうか?

 

実は、背骨(特に腰)の柔軟性が低下していることが考えられます。

 

だから、いくら腹筋のトレーニングをしても、床から起き上がる腹筋ができるようになるとは限らないのです。

 

では、背骨はどのくらい柔軟性があるのでしょうか?

 

背骨の動きには主に『反る』、『丸める』の2つの動きがあります。

 

下の写真が背骨を反る動きです。

 

そして、下の画像が背骨を丸める動きです。

背骨一つ一つが少しずつ角度をつけることで、全体的な背骨の丸みとなります。

 

腹筋で起き上がれない方の場合、腰椎と呼ばれる部分の丸める動きが苦手な特徴があります。

 

では、どうすれば腰椎部分の柔軟性を高めることができるのでしょうか?

 

注目すべきは骨盤の動き。

 

骨盤後傾とも言ったりしますが、この動きを少しずつやるのがポイントです。

 

オススメは次のようなエクササイズです。

画像は日経ウーマンオンラインさんのサイトから引用しました。

https://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100406/106618/

 

右の画像の骨盤を後ろに傾ける(お尻の上の方で座るイメージ)動きを繰り返し行うと良いでしょう。

 

腹筋でお腹の筋肉が使いにくい方は、ぜひ試してみて下さい。

 

 

タグ :  

お腹・骨盤まわりのお悩み 女性のボディメイクについて 姿勢のお悩み

美尻づくりに必要な3つの筋肉の使い方

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

ヒップを鍛えるには、いろんなバリエーションで鍛えてあげるのが効果的です。

 

バリエーションは大きく3つ。

 

①短縮性収縮(縮める)

②等張性収縮(長さをキープ)

③遠心性収縮(伸びながら縮める)

 

一つ一つ説明していきます。

①短縮性収縮

わかりやすい動きとしては、

 

・スクワットでしゃがんだ姿勢から立ち上がるとき

 

・立った姿勢で脚を後ろに引くとき

 

など。

 

文字通り、筋肉が縮みながら力を発揮するときの使い方です。

 

筋トレでイメージする最も一般的な刺激の入れ方だと思います。

②等張性収縮

この動きはとてもシンプルです。

 

筋肉の長さが同じ状態をずっとキープする使い方です。

 

実際のエクサイズでどのような動きかというと、

下の写真のようなエクササイズの姿勢をキープする感じです。

この姿勢を最低でも30~60秒ぐらいキープできるといいですね。

③遠心性収縮

この筋肉の使い方は、筋肉が伸びながら、力を発揮させるところです。

 

スクワットでいうと、立った状態からしゃがむときのヒップの使い方になります。

 

実は、この遠心性での収縮が美尻づくりには欠かせません。

 

そもそも、筋トレは簡単にいうと筋肉を破壊する行為です。

 

破壊して栄養もしっかり摂ることで、前よりも筋肉がついて、引き締まったカラダになります。

 

遠心性収縮でのトレーニングは、筋肉の組織が破壊されやすい筋肉の使い方と言えます。

 

筋肉痛にもなりやすい特徴もありますね。

まとめ

今回は3つの筋肉のバリエーションをご紹介しました。

 

Valezaのパーソナルトレーニングでもこの3つ全てを取り入れてトレーニングをおこなっています。

 

しかし、皆さん、同じエクササイズをしているわけではありません。

 

目的・目標によってどのエクササイズをどのくらいやればいいのかは変わってきますし、

 

今回お伝えした3つの筋肉の使い方の効果的な順番も一人ひとり変わっていきます。

 

スタートラインは全員違うので、コレをやればすべてOK!なんてエクササイズはありません。

 

いろんなバリエーションでコツコツ鍛えられるといいですね!

 

 

ヒップのお悩み 女性のボディメイクについて

あなたの美尻トレーニングの質をグッと高めるためのアドバイス

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は美尻トレーニングを含む、あなたのボディメイクを質を高める方法をお伝えします。

 

結論からいうと、

 

まず、骨盤まわりの筋肉を徹底的に意識して下さい!

 

ということ。

 

次に、詳しく解説していきます。

 

そもそも骨盤まわりの筋肉とは?

骨盤まわりの筋肉には、いろんな大切な筋肉がたくさんありますが、

 

特に4つの筋肉がボディメイクする上で大切になってきます。

 

その4つが、

骨盤底筋

腹横筋

多裂筋

横隔膜

 

です。

 

実はこれらの筋肉は歩いたり、何か動作をしているときには無意識で使われるのが正常です。

 

しかし、何らかの理由で機能不全になりやすくなってしまうのです。

 

ボディメイクにどのような影響があるのか?

美尻エクササイズに限らず、あらゆるトレーニングでもそうですが、いかにフォームを安定させておこなうことができるかがポイントになります。

 

しかし、骨盤まわりの筋肉の安定性が低下するとどうなるのかというと、

 

例えば、お尻を鍛えるエクササイズですが、

 

下の写真のようなエクササイズをうやると、脚を後ろに引いた時に腰を痛めてしまったりしてしまいます。

本当は固定したい骨盤ですが、脚の動きに影響されて腰が反ってしまうのです。

 

これではお尻に効かずに刺激が腰に逃げてしまいます。

 

つまり、お尻のエクササイズをしているのに、効果がなくなってしまうのです。

 

では、どうすれば骨盤まわりの筋肉を取り戻せるのか?

あなたは、電車で寝てしまったことはありませんか?

 

コックリコックリしても不思議と倒れないですよね。

 

実はあれは「立ち直り反射」と言われる姿勢反射で、倒れないように無意識に起こされる動きなんです。

 

こういった場合でも本来は骨盤周りの筋肉が勝手に働いてくれるのですが、機能異常になると、「ちゃんと意識しないと」骨盤周りの筋肉は働かなくなってしまいます。

 

でも、よく考えて見て下さい。

 

一日中ずーっと骨盤まわりの筋肉を意識して働かせられますか?

 

絶対に不可能ですよね。

 

でも、幸運なことに脳には素晴らしい機能が備わっています。

 

脳は、とにかく楽をするのが大好き!

なので「同じことを何度も繰り返す」と無意識でもそれができるようになる性質があります。

 

なぜなら、無意識にできたほうが脳にとっては、考えるという労力をしなくて済むからです。

 

つまり、まずは意識して使って日常生活を送ることが大切になります。

 

しかし、具体的に何すればいいのか?

 

簡単にご紹介します。

 

①うつ伏せの姿勢になる

②恥骨を床にしっかり押し付ける

③下っ腹を軽く凹ませる

④そのまま両脚を床から離す(太もももしっかり床から離す)

 

といったエクササイズからはじめてみることをオススメしています。

 

まとめ

Valezaのトレーニングでも一番最初にやることは骨盤周りの筋肉の使い方を体感していただくことです。

 

正しいやり方が身につけば、後は反復すればどんどん良くなっていきます。

 

骨盤周りの筋肉はどれかひとつだけでなく、全部一緒に鍛えてあげる必要があります。

 

なので、意識するポイントがいくつも出てきますが脳の性質をうまく利用してまずは意識してコツコツ刺激を与えてあげましょう!

 

それができれば、今よりも美尻エクササイズの質もグッと高めることが期待できますよ!

 

 

お腹・骨盤まわりのお悩み ヒップのお悩み 女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

【お客様からのご質問】美脚の人って内ももに必ず『すき間』ができるんですか?

読了までの目安時間:約 4分

「内ももにすき間を作りたいです!

美脚の人ってみんな内ももにすき間ありますよね?」

 

というお客様のご質問をいただきました。

 

今回はそのご質問に回答させていただきます。

 

『内ももにすき間がある=美脚』

 

本当にそうなんでしょうか?

 

結論から言うと、私は決してそうではないと考えます。

 

その理由は2つあります。

 

①骨盤のタイプ

例えば、同じ太ももの太さのAさんとBさんがいます。

 

Aさんは、骨盤が小さい体型。

 

Bさんは、骨盤が大きい体型。

 

ここであなたにクイズです!

 

内ももにすき間が出やすいのはどちらの方だと思いますか?

 

実は、骨盤が横に広い分、脚の付け根の位置も横に広いBさんのほうが内ももにすき間ができやすいです。

 

なので、Aさんが内ももにすき間を作ろうとしてしまうと、かなり太ももを細くしないといけません。

 

しかし、それでは最も美しく見えるカラダのバランス(黄金比)から大きく外れてしまいます。

 

もちろん、骨盤の幅は、何十センチも変えることはできません。

 

なので、骨盤を基準にして、黄金比にカラダを近づけるボディメイクをすると見た目は変わってきます。

 

カラダのパーツごとの黄金比については過去のブログでチェックできます。

↓こちらから

パーソナルトレーニングなら骨格ボディメイク!

 

②脚の歪み

もう一つは、脚の歪みの影響で内ももにすき間ができているケースです。

 

試しに内股で立ってみて下さい。

 

自然に内ももにすき間ができませんでしたか?

 

過去のブログ、美脚チェックでもお伝えしている通り、この脚の状態はO脚となります。

 

つまり、O脚になっている影響で内ももにすき間ができている可能性もあるということ!

 

まとめ

以上の2つの理由から、

 

必ずしも、内ももにすき間があるから、『美脚』ではありません。

 

逆に、内ももにすき間がなくても、『美脚』といえます。

 

つまり、単純にすき間の有無で美脚かどうかを判断はできないのです。

 

自分の骨盤タイプを知っておくこと、骨格の歪みをキレイに修正することが美脚になる近道です。

 

よかったら、あなたのボディメイクの参考にしてみて下さい!

 

 

タグ :   

太もものお悩み 女性のボディメイクについて

体重へのこだわりから離れられない人へ見てほしい画像

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

女性に体重なんて聞いてはいけない!

 

よくそんな風に言われますよね?

 

そのぐらい女性にとって体重はデリケートな問題です。

 

女性が体重を気にしてしまう理由は、女性は「人から見られている」ことを強く意識しているからだと言われています。

 

心理学者のMckinley,N.M氏とHyde,J.S氏が1996年発表した論文によると、女性は、「身体は他者から見られるものとして存在する」と意識する傾向にあると指摘しています。

 

体重に関わらず容姿や服装などの「見た目に対する関心の高さ」もとても高いとのが女性ではないでしょうか?

 

しかし、多くの女性が体重を気にしすぎてしまうことで悪い影響を受けてしまっていると私は感じます。

 

一番は無理な食事制限です。

 

必要な栄養が摂取できず、髪がパサパサ、肌はガサガサ、爪やカラダがボロボロになってもまだまだ足りないと間違った不健康な方向に頑張り続けてしまう方がいます。

 

体重ばかり見ていると健康、そして女性らしいボディラインを失うリスクが高まります。

 

このような女性の体重に対する考えをもう一度見直して欲しい画像をツイッターで偶然見つけました。

 

下の画像です。

ちなみにどちらも同じ人物です。

 

あなたは、左側の写真の体重と、右側の写真の体重はそれぞれ何kgだと思いますか?

実は、どちらも50Kgなんです。

 

脂肪がついた50Kgと筋肉がついて引き締まった50Kg。

 

どちらも同じ体重ですが、この画像を見ても体重だけにこだわりをもってボディメイクやダイエットを続けますか?

 

もうおわかりかもしれませんが、目標の50kgになっても理想の体型になれるとは限らないということです。

 

食事制限だけでは、写真の右側のような体型にはなれません。

 

必ず筋トレが必要です。

 

食べないダイエット・ボディメイクではなく、必要な栄養素をしっかり取りながら、定期的に筋トレ。

 

これがシンプルで最も効果の出る方法です。

 

体重だけで見ることから卒業すると違う素敵な景色がどんどん見えてきますよ!

 

一人でできる基礎的な美尻エクササイズでカラダは変わるの?

 

タグ :  

お腹・骨盤まわりのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 健康面のお悩み 女性のボディメイクについて 栄養面のお悩み 筋トレのアドバイス

1 2 3 5
UA-90816103-1