宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

更年期障害に悩まされたくない女性が知っておくとよい2つのこと

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

今回は更年期について

 

更年期どんなイメージを持ちますか?

・ホットフラッシュ

・めまい

・急に涙が出る

 

世間一般では、マイナスのイメージを持たれているイメージです。

 

でも、そんなことはありません!

 

私はそうお伝えしたいです。

 

そもそも、更年期とは何でしょう?

 

女性の方ならなんとなくわかっていると思いますが、復習しますね。

 

辞書を引いてみると

女性の、成熟期から老年期へと移行する時期。平均47歳ごろから始まる閉経期を中心とする前後数年間をいう。

とあります。

 

では、更年期障害の意味もついでに調べてみると、

 

更年期の女性に、卵巣機能の低下によってホルモンのバランスがくずれるために現れる種々の症状。冷え・のぼせ・めまい・動悸 (どうき) ・頭痛・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振など。メノポーズ。

 

とあります。

 

つまり、更年期の時期は閉経(子供を作る準備を卒業する時期)のことです。

 

閉経前は、子供を作る準備をしています。

 

その準備にも栄養は結構使われるんです。

 

閉経するということは、今まで子供を作るために消費していた栄養を今度は、カラダの別のところに使えるようになるということです。

 

ということは、更年期は前よりも体調は良くなるのが理想です。

 

でも、なぜ更年期に体調を崩す人が多いのでしょうか

 

考えられる理由は2つあります。

 

1つは、間違ったダイエットをしている、していた,

ということです。

 

食事制限をして必要な栄養を取らないようにした結果、不健康に痩せてしまい、女性ホルモンを出すことができなくなってしまいます。

 

女性は痩せすぎは危険です。

 

適度な脂肪はついていたほうがいいです。

 

2つめは、若い時から生理不順やホルモンの異常があるということ

 

これも必要な栄養が摂れていないことで、ストレスなどに対抗するための栄養(材料)が不足してしまいます。

 

つまり、更年期に体調が悪くなるのは栄養不足。

これにつきます。

 

毎回、ブログでもお伝えしていますが、まずは三大栄養素(ご飯やお肉、卵、魚など)をしっかり摂取することが大切です。

野菜をお腹いっぱい食べてる場合ではありませんよ~!

 

更年期を迎えている人も、もう少しの方も、まだまだの方も必要な栄養をしっかり摂ることを一番に考えてみてくださいね!

 

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

食べ過ぎの自覚がある方だけみてください!太らない食べ方はコレ!

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

食欲の秋!

焼き芋、栗、なし、柿、etc...

 

どれも私の好きなものばかり。

 

あなたはどうですか?

 

秋はおいしい旬のものが多いのでついつい食べ過ぎてしまいますよね。

 

でも、冬を越す熊並みに脂肪を蓄えるような食事量になっていませんか?

 

それでは太ってしまいますし、ボディラインも崩れてしまいます。

 

でも、おいしいものを食べても太らない食べ方、満足感を得られる食べ方ができれば、そこまで気にしなくても大丈夫です!

 

今回はその食べ方についてお伝えしますね!

まず、今のあなたの食べ方について把握していきましょう!

以下に当てはまる項目はありますか?

 

  • 一度にたくさん量を口に入れる
  • 食べるの早いね、とよく言われる
  • よく噛まない
  • そういえばあまり味わって食べていない
  • 時間に追われて食事をしている

 

もし、1つでも当てはまる方は、太りやすい食べ方をしていると思ってください。

 

では、どうすれば太らない食べ方ができるんでしょうか?

 

そこで、以下のことを意識して食事をするようにしてみてください。

 

✅一口の量を今の半分にする

✅食べる時間を今の倍にする

✅一口50回噛む

✅味わって食べる

 

これらのことに気をつけると、今ままで食べていた食事量が半分になったという方もいます。

 

その量がその人にって適正な量だったんですね。

 

確かに、仕事や子育てで落ち着いて食べることができない時が多いかもしれません。

 

そういう方はまずは、時間が確保できるときだけでいいので意識してみてください。

 

食べ方が変わるだけで満足感や満腹感が大きく変わってくるはずです。

 

お金もかけずに誰でもできる方法です。

 

だまされたと思ってまずは試してみてくださいね!

 

栄養面のお悩み

間違ったダイエットで最悪な”おまけ”が付いてくることも

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたは人生でダイエットをしたことはありますか?

 

ダイエットの良いところでもあり、悪いところは、始める気になれば誰でも簡単にすぐにできることです。

 

でも、間違ったダイエットほど、怖いものはありません。

 

あなたのその後の人生に、ずっとその後遺症がつきまとう可能性もあります。

 

特に女性は、正しい知識なしでやるダイエットはカラダをボロボロにします。

 

ダイエットをやることで大きくて余計な”おまけ”が付いてきてしまうのです。

 

そのおまけとは、婦人科系の疾患です。

婦人科系疾患の女性

子宮内膜症や生理痛など、ひどくなってきて初めて

 

「これはやばい...もしかしてダイエットが原因かも?」

 

と気づく人もいるでしょう。

 

食べないダイエットや、ある食品しか食べないダイエットなどは、栄養の偏りや慢性的な不足状態を招きます。

 

身体は細胞や組織をつくる材料(栄養)がないので、修復もできなければ、質の良い細胞を作ることもできません。

 

このような身体で健康を維持できる方が不思議です。

 

間違ったダイエットで最も多いのが、主食(ご飯)を抜くこと。

 

基本的に、食事はご飯を食べるためにあります。

 

野菜をとにかく食べてお腹を満たし、ご飯を抜く。

 

この方法は体重の減りは早いと思いますが、ブドウ糖不足になる可能性が高いです。

 

初期の糖質制限や断食で、体調が良くなったりするのは、今までカラダの中で貯蓄していた分が多かっただけ。

 

脂肪が落ちているわけではありません。

 

栄養不足の食事を続けていると、ゆっくり婦人科系の疾患になる道を歩んでいることになります。

 

もし、あなたが今、ご飯をカットするような食事をしているのなら、ほんのちょっとだけでいいので、ご飯(ブドウ糖)を摂取してあげてください。

ご飯一口

Valezaのお客様にも、こういったアドバイスをすると、最初は信じられないような顔をされます。

 

今まで、ご飯は抜くのがダイエットの基本と情報を浴びてきたからです。

 

でも、試しに一定期間継続していただくと、

 

・立ちくらみがなくなった

 

・生理痛で痛み止めの薬を飲まなくても良くなった

 

・体調を崩す日がほとんどなくなった

 

このような嬉しい報告をいただいきます。

 

細胞レベルから栄養を見直すことで、カラダはまた元気になってくれます。

 

体調・体型のことでお悩みがある方は、一人で悩まずに誰かの頭を借りるほうが賢い選択だと私は思います。

 

私がどうしても伝えたいこと(短期集中型のダイエットについて)

 

なぜ、あなたはリバウンドしてしまったのか?

 

 

タグ :   

女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

【お客様からのご質問】おやつに何を食べればいいですか?

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

今回は、お客様からご質問が多い、

「おやつに何を食べればいいですか?」

 

というご質問にお答えします。

 

ボディメイクのカギとなるのは、

いかにブドウ糖と果糖をコントロールできるかです!

 

そもそも、3食の食事内容で明らかに糖質を摂りすぎている場合は、まずは3食の食事内容を見直すことが大切になります。

 

「私はずっと2食だけど・・・」

 

そんな人もいるかもしれませんが、

1日2食もしくは1食で日常生活を送るのに何も問題がなければ大丈夫です。

 

しかし、貧血気味やカラダがだるい、元気が出ない。

 

そんな症状がある場合は、明らかに栄養不足です。

 

まずは、夜ご飯を抜くのはやめて、1日3食に増やすことをお勧めします。

 

少し話がそれてしまいましたが、

今回お伝えする内容は、無意識のうちに、知らず知らずのうちに糖質量がオーバーしてしまっているかも・・・

 

といった人の参考になるのでは?と思っています。

 

まずは、おやつに食べたほうがいいものをお伝えする前に、普段の食事での糖質コントロールの注意点からお伝えします。

 

普段の食事で糖質をコントロールできていないのに、おやつだけコントロールしてもあまり意味がないですからね。

 

1食のうち糖質の食品は1つが基本!

和食でも洋食でもそうなんですが、普段の食事でおさえたいポイントは、

1食のうちで糖質を多く含む食品は1つがルールです。

 

どういうことでしょうか?

 

例えば、ある人の朝食でご飯、味噌汁、主菜、副菜が出てきたとします。

この中で比較的、糖質量が多いのはご飯ですよね。

 

しかし、味噌汁の具材にジャイガイモやかぼちゃ、玉ねぎ、長芋などが入っていると、1食の中に糖質メインの食材が2つあることになってしまいます。

 

ジャイガイモやかぼちゃ、玉ねぎ、長芋などは糖質量が多いので、気をつけたいポイントです。

 

こういったケースの改善策としては2つあります。

 

①味噌汁の具材を大根、ネギ、白菜、わかめ、豆腐など糖質が少ないものに変更する

 

②ご飯の量をいつもよりも少し減らす

 

このどちらかにアプローチができればいいですよね?

 

つまり、これが、

糖質は制限するのではなく、コントロールしましょう!

 

ということです。

 

チャーハンとラーメンのセットなんかは一度に糖質を摂りすぎることは誰にでも簡単に予想できると思います。

 

おやつにオススメはこれだ!

3食の食事で必要な糖質がしっかり摂れていれば、おやつでわざわざ、糖質を摂る必要は基本的にありません。

なので、おやつにはできるだけ糖質が少ない食品を食べればいいということになります。

 

次に、手軽に摂取できそうで、糖質が少ない食品を挙げていきます。

あなたのおやつに取り入れやすそうなものがあるかチェックしてみて下さい。

 

・ブルーベリー(10粒で糖質1g)

・ゆで卵(1個で糖質0.1g)

・煎りクルミ(10グラムで糖質0.4g)

・ベビーチーズ(1個で糖質0.2~0.4g)

・枝豆(50gで糖質1g)

・豆腐(100gで糖質0.8g)

 

他にも、ウインナーや鶏むね、ゆでタコなど糖質が極力少ない食品があります。

 

最近では、コンビ二でも『糖質〇〇%OFF!』と表示されている食品が増えてきたので、うまく活用してあげるのもいいですね!

 

ただし、人工甘味料でカロリーゼロと謳っている商品に関しては健康上の問題で私はお勧めはしていません。

 

最後に

あなたに決して誤解してほしくないことがあります。

 

それは、糖質(ブドウ糖)は人のカラダで必ず必要になるということです。

 

ブドウ糖が脂肪を燃やす材料であることは意外と知られていないことかもしれません。

 

糖質を完全に抜くとあっという間に体重は減りますが、それはカラダの水分量が減っただけ。

 

残念ですが、

脂肪が減ったわけではありません。

 

もちろん、糖質の必要量にも個人差がありますが、ある程度はしっかり摂ったほうが良いということは忘れないで下さい。

 

糖質は制限するのではなく、うまくコントロールして、食事を楽しみながらボディメイクできるといいですね!

 

食べても太らない食事法

 

 

タグ :  

お腹・骨盤まわりのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 栄養面のお悩み

体重へのこだわりから離れられない人へ見てほしい画像

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

女性に体重なんて聞いてはいけない!

 

よくそんな風に言われますよね?

 

そのぐらい女性にとって体重はデリケートな問題です。

 

女性が体重を気にしてしまう理由は、女性は「人から見られている」ことを強く意識しているからだと言われています。

 

心理学者のMckinley,N.M氏とHyde,J.S氏が1996年発表した論文によると、女性は、「身体は他者から見られるものとして存在する」と意識する傾向にあると指摘しています。

 

体重に関わらず容姿や服装などの「見た目に対する関心の高さ」もとても高いとのが女性ではないでしょうか?

 

しかし、多くの女性が体重を気にしすぎてしまうことで悪い影響を受けてしまっていると私は感じます。

 

一番は無理な食事制限です。

 

必要な栄養が摂取できず、髪がパサパサ、肌はガサガサ、爪やカラダがボロボロになってもまだまだ足りないと間違った不健康な方向に頑張り続けてしまう方がいます。

 

体重ばかり見ていると健康、そして女性らしいボディラインを失うリスクが高まります。

 

このような女性の体重に対する考えをもう一度見直して欲しい画像をツイッターで偶然見つけました。

 

下の画像です。

ちなみにどちらも同じ人物です。

 

あなたは、左側の写真の体重と、右側の写真の体重はそれぞれ何kgだと思いますか?

実は、どちらも50Kgなんです。

 

脂肪がついた50Kgと筋肉がついて引き締まった50Kg。

 

どちらも同じ体重ですが、この画像を見ても体重だけにこだわりをもってボディメイクやダイエットを続けますか?

 

もうおわかりかもしれませんが、目標の50kgになっても理想の体型になれるとは限らないということです。

 

食事制限だけでは、写真の右側のような体型にはなれません。

 

必ず筋トレが必要です。

 

食べないダイエット・ボディメイクではなく、必要な栄養素をしっかり取りながら、定期的に筋トレ。

 

これがシンプルで最も効果の出る方法です。

 

体重だけで見ることから卒業すると違う素敵な景色がどんどん見えてきますよ!

 

 

タグ :  

お腹・骨盤まわりのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 健康面のお悩み 女性のボディメイクについて 栄養面のお悩み 筋トレのアドバイス

効果的にお腹痩せするために筋トレの前にやるべき2つの方法

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

もし、あなたがお腹痩せの方法を教わりたいと思ったらどちらの方法を選びますか?

 

①腹筋だけひたすら筋トレする方法

②食事の改善と骨盤を整えてから筋トレする方法

 

もし、①を選ばれた方はお腹痩せが成功しない確率が高い方です。

 

②を選ばれた方は、効率的にお腹痩せができる方です。

 

なぜ、このような質問をしたかというと、

 

世の中で言われているお腹痩せの方法は圧倒的に①が多いからです。

 

誤解されていると言ってもいいかもしれません。

 

「とにかく、お腹の真ん中を鍛えれば、お腹は凹む!」

だから、下の写真のようなと筋トレを頑張ってしまいがちです。

なぜ、この腹筋がお腹痩せに効果がないのかは、後半でお伝えしますね。

 

一方、②の食事の改善と骨盤を整えてからの筋トレですが、

 

これは①より格段に効果があります。

 

その理由ですが、

 

お腹痩せに関しては食事の改善が一番だから。

 

食事で気をつけて欲しいポイントの一つは食べ過ぎです。

 

甘いもの(果糖)の食べ過ぎ、ご飯(ブドウ糖)の食べ過ぎです。

 

日頃の食事でぜひ気をつけて見てくださいね!

 

しかし、食事だけではウエストはダウンするかもしれませんが、カッコいいキレイなお腹痩せはできません。

 

それにクビレもできないでしょう。

 

だから、お腹周りにある筋肉を筋トレで鍛えるといいんです。

 

でもその前に・・・

 

骨盤を整えることをオススメします。

 

なぜなら、お腹周りの筋肉はチームワークで働く特徴があるので、骨盤が歪んだ状態だとそのチームワークがバラバラになってしまうからです。

 

骨盤を整えて、お腹周りのチームワークがしっかり発揮される状態できて、やっと筋トレです。

 

しかし、どこの筋肉を鍛えるかがポイントなんです。

 

先ほど、写真でご紹介した腹筋の筋トレですが、あの筋トレで鍛えられる筋肉ですが、実はお腹痩せにはあまり関係ありません。

 

もっとお腹痩せに関係する筋トレがあります。

 

それは、下っ腹を凹ますトレーニングです。

 

やり方は超簡単!

 

仰向けになって、へそより下のお腹を息を吐くときと一緒に凹ませてあげるだけ。

 

これだけで立派なトレーニングです。

 

ぜひ、試して見て下さい。

 

今回のまとめになりますが、

 

効果的なお腹痩せに必要なことは食事と骨盤の整え、そして筋トレです。

 

さらにつけ加えるとすると、下半身の筋トレです。

 

大きな筋肉がたくさんある下半身を鍛えると脂肪が燃えます。

 

特に、筋肉の体積が身体で一番大きい『お尻』を鍛えると、より効果的です。

 

お腹ポッコリに悩まれている方は、お伝えしたどれか一つでいいので、行動に移して

見て下さい。

 

きっと今より効果は期待できますよ!

 

タグ :   

お腹・骨盤まわりのお悩み 栄養面のお悩み

痩せたい?でもすでに痩せている可能性大

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

一昔前は、女子からは筋トレは嫌われている感じがありましたが、

 

今は、逆ですよね?

 

鍛えている女子はカッコいい!

鍛えている女子は美しい!

 

そんな世の中になりつつある、というかすでにそうなっていると思います。

 

同じように一昔前は、女子は細くて痩せているのがキレイだという洗脳があったと思います。

 

一方、女子にとって今は健康的で適度に引き締まったカラダに人気がありますよね!

 

健康やフォットネス分野に携わる一人としては、これはとても嬉しいことです。

 

痩せているのに、「痩せたい!」

しかし、まだまだ気になることがあります。

 

それはすでに痩せているのに、もっと痩せたい!、ダイエットしたい!

 

という方が多いということ。

 

なぜ、そんなに痩せたいのか?

なぜ、そんなにガリガリになりたいのか?

 

お客様のご要望であることは百も承知ですが、

Valezaでは、基本的にすでに痩せている方にさらに健康を害するまでの体重、体脂肪を減らすための指導はお断りさせて頂いています。

 

理由は、

あなたに不健康になって欲しくないから。

 

ただそれだけです。

 

貴重なお金と時間を使って確実に不健康になる必要は1%もありません。

 

あなたは、世の中であふれる間違った情報に振り回され、自分のボディイメージが崩れ、極端な食事制限でカラダがボロボロになっているのにその大切な体にまだムチを打ち続けるのですか?

 

「拒食症」の画像検索結果

 

ダイエットが必要になるかどうかの一つの基準

あなたに本当にダイエットが必要になるのか?

 

気になるのはその点だと思います。

 

そこで一つの基準をお伝えします。

 

http://bmi.nobody.jp/

 

もし、お時間あったら、このサイトに飛んで、ご自身の現在の身長、体重を入力してみてください。

 

入力するだけであなたにダイエットが必要かどうかがわかります。

 

結果で出た標準体重よりも少ない場合はダイエットの必要性がないということ。

 

あなたがどのような体型・シルエットを目指すのかにもよりますが、標準体重よりも少ない方の場合、ダイエットよりも筋トレをしてボディメイクをおこなうのがオススメです。

 

まとめ

現代は、急速にフェイスブックやインスタグラムといったSNSが拡大してきましたよね。

 

SNSによって、簡単に友人や好きな芸能人の普段の様子を知ることができるようになり、外見や体型に関わるような写真などを目にする機会が増えてきたと思います。

 

その影響で痩せを礼賛するメディアが摂食障害を増加させ、女性の心身に悪影響を及ぼしていることは様々な研究ですでに明らかになっているようです。

 

ファッションの中心地、フランスでも痩せたモデル禁止の法律が施行されたり、有名ブランド、グッチなどを抱える「ケリング」と、ルイ・ヴィトンなどを抱える「LVMH」という世界最大級のファッション企業でも、モデルたちの心と体の健康を守るために、痩せ過ぎモデルの起用を禁止すると表明しています。

 

もう”細いだけの女性が美しい”という時代ではなくなってきているようですね。

 

あなたがすべきなのは、本当にダイエットですか?

 

タグ :   

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

体重が3キロ増えたから、健康的にキレイに見えるんです

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ボディメイクは体重を減らすことだけではありません。

 

逆に体重を増やして頂く場合もあります。

 

しかし、

ここをお客様に理解していただくのがとても難しい・・・

 

だって今まで、スタイルを良くするにはいかに食べないことが大切。

 

ダイエットが必要だと世の中の情報に洗脳されてしまっているから。

 

このガチガチに固まってしまった思考を溶かしていくのは簡単ではありません。

 

ガリガリになりたい!

体重だけ落としたい!

 

もし、そのような願望を持っているのなら、Valezaのパーソナルトレーニングの方針には向いていないと思います。

 

なりたいカラダになるのなら、体重が増えたほうが良い人もたくさんいます。

 

まず、下の写真をご覧になって下さい。

 

あなたは、この方の体重がビフォーとアフターでどのように変化があったと思いますか?

 

実は、右のアフターの写真のときのほうが左のビフォーの写真よりも3キロも体重が増えているのです。

 

数字だけで見ると、太ったと思われてしまいますが、

 

実際にご覧になっていただくと分かる通り、引き締まったような感じがありますよね。

 

しかも、体型の変化だけでありません。

 

このお客様の場合、トレーニングを始める前、夕方になるとクラッと倒れそうになるとおしゃっていました。

 

しかし、栄養のアドバイスを実践していただいた結果、倒れそうになる感じや立ちくらみも改善したそうです。

 

血液検査の分析も実施した結果、やはりブドウ糖やタンパク質の不足が明らかだとわかりました。

 

足りない栄養がわかれば後はそれを摂取するだけ!

 

普段の食事から何をメインで食べればよいかをアドバイスさせていただき、それを実践していただいた結果がアフターの写真です。

 

痩せ気味なのに、ダイエットをしてカラダに必要な栄養までも制限してしまうと、必ず何らかのデメリットがカラダの反応としてで出てきます。

 

健康的にボディメイクするには食べることも大切なトレーニングと言えます。

 

トレーニングと違うのは、無理をして食べないようにする点ですね。

 

コツコツ少しずつ量を増やしていけると良いでしょう。

 

何をまず増やせばいいか悩んでいる方には、私はご飯(白米)の量を無理のない範囲で少しずつ増やして見て下さいとアドバイスさせて頂いています。

 

良かったら参考にしてみて下さい。

 

健康面のお悩み 女性のボディメイクについて 栄養面のお悩み

宇都宮のホットヨガで体調を崩す理由

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

ホットヨガって女性に人気ですよね。

 

宇都宮市内でもホットヨガができる場所は、10箇所以上あります。

 

最近は、ホットヨガのほうがヨガよりも有名になってきて、普通のヨガのことを『常温ヨガ』とも言ったりしているそうです。

 

ホットヨガは汗をたくさん流せるし、気持ちもスッキリしますよね!

 

また、汗と一緒に日頃のウヤムヤも一緒に流せてストレス解消にもいいですよね。

しかし、一方で対象的な方もいます。

 

ホットヨガした後に体調が優れない方です。

 

ホットヨガに限らず、岩盤浴やサウナなど暑い環境で体調を崩す方も多いです。

 

実は、この症状の原因は、

 

栄養の不足。

 

汗をかくにもカラダはエネルギーを使います。

 

汗をかくための栄養が足りていないのです。

 

なので、もしあなたが、

「暑い環境だと体調が悪くなるんだよな~」

という場合は、先に栄養を改善がオススメです。

 

そのほうが宇都宮のホットヨガをもっと楽しめますよ!

 

体調が悪くなるあなたはもしかすると、

三大栄養素が慢性的に不足している可能性があります。

 

【三大栄養素】

炭水化物

たんぱく質

脂質

 

特にダイエットやボディメイクで極端な食事制限をしていると栄養不足になりやすくなります。

 

最低でもこの三大栄養素を積極的に摂取することをオススメします!

 

 

タグ :  

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

コンビニの○○○○○○をオススメしない理由

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

最近ではいろんなところでたんぱく質を摂ることの大切さを耳にする機会が増えていると思います。

 

私の考えとしてもカラダを変えたい方は積極的にたんぱく質を摂ったほうがいいと思います。

 

たんぱく質といえば、卵、お肉、お魚、豆などですよね。

 

しかし、できれば食べて欲しくないたんぱく質があります。

 

結論から言ってしまいますが、

それは、コンビニのサラダチキンです。

確かに、お肉のたんぱく質を手軽に摂れる点はとても良いと思います。

 

パックに入っていて、そのまま食べる事もできるので、忙しい方にはぴったりですよね。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

鶏むね肉は本来さっぱりして、味気ないのが当たり前ですが、サラダチキンはどうでしょう?

私も試しに買ってたべてみましたが、おいしいものばかりですよね?

 

しかし、なぜこのような不自然な味に仕上がっているのか考えたことはありますか?

 

サラダチキンのパックの裏側に書いてある原材料を見れば、

そこにすべてが書いてあります。

 

原材料を見てみると、おそらく・・・

 

・タンパク加水分解物

・化学調味料

・酵母エキス

 

などが書かれています。

実は、これすべてが添加物です。

 

本当はこの3つ全てを説明したいのですが、

ここでは、『タンパク加水分解物』について少しご紹介します。

 

タンパク加水分解物には、3つ悪いことがあります。

①発がん性物質がある。
②濃厚で強いうま味とコクが味覚を狂わせる。
③アレルギーのリスクも高まる。

 

最低でも小さいお子さんがいる家庭の食卓には出さないほうがいいですよね。

 

もちろん、大人のあなたでも口にしないのが一番いいです。

 

では、代わりにどのように鶏むね肉を摂取すればいいでしょうか?

 

私のオススメの調理法をご紹介します。

 

スーパーやコンビニで買ってきた鶏むね肉を火が通りやすいように薄く切り、沸騰した鍋に入れて、火を止めてしばらく待ちます。

 

すると、余熱でお肉にちょうど良く火が通るので、硬すぎず調理することができます。

 

自然派の方の中には、スーパーのお肉も危険では?

 

と思ってしまう方もいるかも知れません。

 

これは私の勝手な考えですが、物理的、経済的なことを考えて、自分でコントロールできる範囲のことをすれば良いのでは?と思っています。

 

つまり、ベストよりもベターを目指すということ。

 

先程、お伝えしたタンパク加水分解物ですが、実はサラダチキンだけではなく、麺つゆ、納豆のタレ、焼肉のタレ、ドレッシング、カレールー、シチュールー、ミートソース、レトルト食品etc...かなり多くの商品に含まれてます。

 

現実的に全部避けて生きていくのは限りなく不可能に近いですし、食事を楽しめないと思いませんか?

 

わざわざ悪いものが入っているものを食べる必要はありませんが、今より少しでも口にするものにもっと意識を持つことが大切だと私は感じています。

 

タグ :

栄養面のお悩み

UA-90816103-1