宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻専門パーソナルトレーニング『ヴァレッサ』

なぜ、あなたはリバウンドしてしまったのか?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

 

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

今回はリバウンドについて。

 

このお悩み、かなり多いです。

 

リバウンドをしてしまう人ほど、自分がリバウンドした原因をよくわかっていません。

 

今回は、なぜリバウンドするのか?

 

そして、どうすればリバウンドしないのか?

 

この部分をお伝えします!

 

そもそも、リバウンドする人には2つのある特徴がありました。

 

それは

 

①ダイエットに期限を決めていること

 

②糖質制限や食事制限をしていること

 

この2つです。

 

①のダイエットに期限を決めているというのは、具体的に言うと、

 

「あと、2ヵ月だけガマンすれば...努力すれば...」

 

という思考になっているということです。

ダイエットは期限は決めずに、今の習慣を変えることにフォーカスすると、ストレスなくうまくいきます。

 

②の糖質制限や食事制限をしていること、というのは、簡単に言うと食べないダイエットのことです。

例えば、糖質を制限すると、カラダの水分量が少なくなります。

 

ということは、糖質制限で体重が減る理由は、水分の影響がほとんどです。

 

分かりやすく言うと、カラカラのスポンジ状態。

だから、また普通に食事をもとに戻すとスポンジに水が戻るので体重も元通りになるんです。

 

つまり、糖質制限では本当に減らしたいはずの脂肪が減っていません。

 

じゃあ、食べないダイエットはどうかというと、多くの場合カロリーを減らすことに焦点が向くと思います。

 

ダイエットはカロリーで見てしまうと、必ず脂質を減らさないといけません。

 

脂質を減らすと、肌がカサカサ、髪はパサパサ、ホルモンも作れないので体調不良…

 

ハッキリ言っていいことはゼロ。

 

健康的なキレイとは言えません。

 

ダイエットに本当に大切なのは、必要な栄養は必ず摂る!ということ。

 

糖質も油も敵ではなく、あなたの味方なんです。

 

まとめると、

 

ダイエットは期限を決めるのではなく、習慣を変えること!

 

ダイエットは必要な栄養をしっかり摂るようにすること!

 

でも、どうやって習慣を変えればいいのか?

 

どんな栄養が必要になるのか?

 

これらは誰にも同じものが当てはまるわけではなりません。

 

あなたの食習慣やカラダの栄養状態、目的などによって大きく変わります。

 

この記事を読んでいて、

 

「もうリバウンドから卒業したい!」

 

「もうあんな思いは二度としたくない!」

 

と本気で思っている方はすぐにお申込みください。

 

ストレスなく二度とリバウンドしないカラダへ私が導きます!

 

無料カウンセリングに申し込む

 

 

パーソナルトレーニングについて ボディメイクについて 体調・痛みのお悩み

更年期障害に悩まされたくない女性が知っておくとよい2つのこと

読了までの目安時間:約 4分

今回は更年期について

 

更年期どんなイメージを持ちますか?

・ホットフラッシュ

・めまい

・急に涙が出る

 

世間一般では、マイナスのイメージを持たれているイメージです。

 

でも、そんなことはありません!

 

私はそうお伝えしたいです。

 

そもそも、更年期とは何でしょう?

 

女性の方ならなんとなくわかっていると思いますが、復習しますね。

 

辞書を引いてみると

女性の、成熟期から老年期へと移行する時期。平均47歳ごろから始まる閉経期を中心とする前後数年間をいう。

とあります。

 

では、更年期障害の意味もついでに調べてみると、

 

更年期の女性に、卵巣機能の低下によってホルモンのバランスがくずれるために現れる種々の症状。冷え・のぼせ・めまい・動悸 (どうき) ・頭痛・腰痛・肩凝り・不眠・食欲不振など。メノポーズ。

 

とあります。

 

つまり、更年期の時期は閉経(子供を作る準備を卒業する時期)のことです。

 

閉経前は、子供を作る準備をしています。

 

その準備にも栄養は結構使われるんです。

 

閉経するということは、今まで子供を作るために消費していた栄養を今度は、カラダの別のところに使えるようになるということです。

 

ということは、更年期は前よりも体調は良くなるのが理想です。

 

でも、なぜ更年期に体調を崩す人が多いのでしょうか

 

考えられる理由は2つあります。

 

1つは、間違ったダイエットをしている、していた,

ということです。

 

食事制限をして必要な栄養を取らないようにした結果、不健康に痩せてしまい、女性ホルモンを出すことができなくなってしまいます。

 

女性は痩せすぎは危険です。

 

適度な脂肪はついていたほうがいいです。

 

2つめは、若い時から生理不順やホルモンの異常があるということ

 

これも必要な栄養が摂れていないことで、ストレスなどに対抗するための栄養(材料)が不足してしまいます。

 

つまり、更年期に体調が悪くなるのは栄養不足。

これにつきます。

 

毎回、ブログでもお伝えしていますが、まずは三大栄養素(ご飯やお肉、卵、魚など)をしっかり摂取することが大切です。

野菜をお腹いっぱい食べてる場合ではありませんよ~!

 

更年期を迎えている人も、もう少しの方も、まだまだの方も必要な栄養をしっかり摂ることを一番に考えてみてくださいね!

 

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

お尻が垂れる原因の一つは***が使いにくくなるから!

読了までの目安時間:約 3分

お尻の形にお悩みがある方の多くは、

 

お尻の上側の筋肉がとても使いにくくなり、日常生活ではほとんど使っていない場合も多く見受けられます。

 

お尻の上の部分が弱いと何が良くないのかというと、

 

お尻全体が引き下がり、お尻が垂れて見えてしまうことです。

 

つまり、お尻の上側の強化はヒップアップにも美脚にもとても効果的であるということ!!

 

では、どういう時にお尻の上側は使われるのでしょう?

 

ちなみにですが、お尻の上側とは、下の写真の青い○の部分です。

 

 

今回は、あなたのお尻の上側がちゃんと使えているかどうかのチェックをしたいと思います。

 

興味がありましたらやってみて下さいね!

 

まずは、床に立った姿勢で右手は右のお尻の上側、左手は左のお尻の上側を触ります。

 

指でぐっと押さえる感じです。

 

そのまま前に歩くのではなく、後ろ歩きをしてみて下さい。

 

脚を後ろに引いた時に、指で押しているお尻の上側が盛り上がる感じがあればとりあえずOKです。

 

しかし、お尻の上部が使えていない人が頑張って刺激を入れようとすると、腰を反ってしまって、腰が痛くなる可能性もあるので、決して無理はしないで下さい。

 

いつもお伝えしているように骨盤はできるだけ動かないように注意です。

 

まずはゆっくりの動作からはじめてみるといいかもしれません。

 

前の太ももの付け根を伸ばすイメージもっておこなってあげてもいいですね!

 

この動きは、お尻が使えているかのチェック方法だけでなく、エクササイズにもなるので、

時間があったら試して見て下さい!

 

お尻の筋肉を本来の長さに戻すエクササイズはこれ!

 

タグ : 

ヒップのお悩み 体調・痛みのお悩み

正しい呼吸でカラダがキレイになるためのエクササイズ

読了までの目安時間:約 12分

呼吸だけでカラダが変わるとしたら、あなたは信じられますか?

 

実は、普段している呼吸を正しい呼吸に変えるだけでカラダに嬉しい変化が期待できます。

 

無駄な呼吸をしていませんか?

今回お伝えしたいことを先に言ってしまいます。

 

「無駄をなくす呼吸をしましょう!」ということ。

 

無駄をなくす?

今の段階では、意味がわかりませんよね。

 

後半で解説していきます!

1日で何回呼吸するの?

あなたは、呼吸は1日に何回ぐらいしているか考えたことはありますか?

 

呼吸は1分間の間におよそ15回くらい繰り返されるといわれています。

 

つまり、1時間ならばおよそ900回です。これを、24をかけると1につき、2万回以上呼吸を繰り返していることになります。

2万回ですよ!

びっくりですよね?

 

もし、1日に2万回している呼吸がすべて間違っていたら・・・

考えただけでも恐ろしいですが、カラダの不調や何らかの不具合が起きそうな感じはありますよね??

 

実は、間違った呼吸というのが、呼吸過多です。

 

わかりやすくいうと、普通の人よりもたくさん呼吸してしまっているということです。

あなたは大丈夫?呼吸し過ぎチェック!

あなたは、以下に項目にいくつ当てはまりますか?

一つでも当てはまる方は、呼吸しすぎかもしれません。

 

・日常生活で口呼吸していることがある

 

・眠っているときに口呼吸しているしている事がある(朝起きたときに口の中が乾いている)

 

・いびきをかく。または呼吸が止まる

 

・リラックスしているときに上半身に呼吸している動きが見える

 

・お腹よりも胸の動きのほうが大きい

 

・ため息が多い

 

・リラックスしているときに自分の呼吸音が聞こえるときがある

 

・鼻詰まり、だるさ、ふらつき、めまいなどがある

 

どうでしたか?

結構当てはまる方は多い気がします。

 

では、呼吸のしすぎはなぜ良くないのでしょうか?

 

そこからお伝えしていきます。

 

あなたも私も生きていくには、酸素が不可欠です。

 

単純に考えてしまうと、酸素がたくさんあればあるほど、多く取り込める!

 

そんな風に勘違いしてしまいがちです。

 

実は、酸素をたくさんカラダに入っても、筋肉、臓器、組織が活用できる量が増えるわけではないのです。

(なので、深呼吸をしても血中の酸素は増えません。)

 

人間の血液に、赤血球と呼ばれるものがあります。

 

血が赤く見えるのは、この赤血球に含まれるヘモグロビンのせいです。

 

このヘモグロビンが酸素を身体の隅々まで運んでくれる役割をしています。

 

赤血球には、95~99%の酸素を含んでいます。

 

どんなに運動する人でもそれだけあれば十分なんです。

 

では、カラダはどのくらい酸素の量が必要なのかをどこで判断しているかというと、

 

意外に思われてしまうかもしれませんが、実は、血液中の二酸化酸素の量で決まっているのです。

 

さらにいうと、呼吸の仕方によってこの重要な二酸化炭素の濃度が決まります。

 

つまり、二酸化炭素を適切にコントロールできれば、正しい呼吸に近づけるということ!

二酸化炭素が呼吸を促す!?いざ体感!

では、二酸化炭素が呼吸を促すという現象を実際に体験してみましょう!

 

興味がある方は試して見て下さい。

 

まず、鼻でゆっくり息を吐き出して、吐ききったら鼻をつまんで息を止めます。

 

息を止めている間、血中では二酸化炭素がどんどん増えていきます。

 

少しすると、脳と首にあるセンサーが血中の二酸化炭素濃度を下げるために「呼吸しろ!」という命令を出します。

 

命令を受けたカラダが呼吸を開始しようとすると、首と胃のあたりの筋肉が縮みます。

 

どうでしたか?

 

この縮む感じと「呼吸したい!」という欲求がカラダが「呼吸しろ!」という命令を受け取った証拠です。

 

命令を受け取ったら、鼻をつまむのを辞め、鼻で呼吸を再開して下さいね。

 

二酸化炭素が呼吸を促す感じを知っていただけたでしょうか?

あなたのセンサーは正常に機能してる?

次は、二酸化炭素を感じるセンサーが正しく機能しているかのテストをします。

 

体内酸素レベルテストといいます。

 

このテストの結果(数値)が最後にお伝えする、正しい呼吸にするためのエクササイズで必要になってっくるのでぜひやってみて下さい。

 

①鼻から息を吸って、また鼻から普通に息を吐く

 

②鼻をつまむ(息を完全に止めて肺に空気が入るのを防ぐため)

 

③そのままの状態で「息をしたい」という最初の欲求を感じるまでの時間を計る(つばを飲みたくなったり、気管が収縮したするような感じになったりしたら、欲求が出たサインです。お腹や喉が勝手に収縮する場合もあります。)

 

④欲求を感じた時点でストップウォッチを止めて鼻から手を離し、鼻で呼吸を再開する

 

⑤通常の呼吸に戻る

 

このテストを正確に計るポイントが4つあります。

 

・静かに息を吐いてから息を止める

 

・首やお腹に筋肉(呼吸筋)が最初に反応するまでの時間を計る

 

・呼吸筋の反応がない場合は「息をしたい」という強い欲求が出た時点までの時間を計る

 

・このテストが終わったときに、大きく息をしなければならないようならそれは息を止める時間が長すぎたということです。

 

あなたは、このテストをしてみて何秒息を止めていられましたか?

 

このテストでの結果が20秒よりも短いのなら、おそらく鼻詰まり、咳、息がゼーゼーいう、睡眠障害、いびき、倦怠感、運動時の激しい息切れなどの症状があるはずです。

 

正しい呼吸に近づけるためには、この体内酸素レベルテストの数値を高めることが大切です。

(まずは、40秒を目指して見て下さい)

さあ!呼吸エクササイズ!

最後に、体内酸素レベルテストの数値を高める3つのステップをお伝えします。

ステップ1 二酸化炭素のロスをなくす

・起きているときも寝ているときも常に鼻呼吸をする

 

・ため息をつかない(ため息をつきそうになったら、飲み込むか、息を止める)

 

・あくびをするときや話すときに大きく呼吸をしない

 

・1日分の呼吸を観察する

ステップ2 二酸化炭素への耐性を高める

軽度の息苦しさを感じる状態を4~5分キープする。(鏡を見ながらおこない、自分の呼吸の動きを観察してみて下さい)

 

・1回の呼吸で吸い込む空気の量をいつもより少なくする

 

・息を吸うときはお腹がゆっくり膨らむのを感じて、息を吐くときはお腹がゆっくりへこむのを感じる

ステップ3 疑似高地トレーニングをする

・カラダをリラックスさせて、肺に取り込む空気を少なくする

 

・鼻呼吸をしながら、トレーニングの強度を上げていく

 

・運動中に息を止める(ウォーキングでは息を止めたまま、10~30歩、または中度の息苦しさを感じるまで歩きます。息苦しくなったら指を離して呼吸を再開する。このときも最初から鼻で呼吸します)

ここまで呼吸エクササイズができるようになると、先ほどの、体内酸素レベルテストの数値は必ず高くなっているはずです。

 

数値が高くなると、血流も良くなり、すべてのカラダの組織ち臓器に十分な酸素がいきわたるようになります。

 

その結果、臓器などのカラダの機能が向上し、老廃物の排出が促進されます。

 

デトックス興効果が出るのは、健康状態が改善しているサインです。

通常、浄化の反応は中度であり、数時間から1日か2日続きます。

 

正しい呼吸へと呼吸が改善されたサインは次のとおりです。

 

・飲む水の量が増える

 

・食欲が減る

 

・口の中で嫌な味がする

 

・気分の変化が大きくなる

 

・短時間の頭痛がする

 

・喘息持ちの人はたんが出る

 

・鼻風邪を引く(特に運動時に鼻水がでる)

 

・下痢をする

 

デトックス反応で一番重要なのは、食欲の減退です。

 

したがって、この時期は空腹を感じたときだけ食べるようにしてみて下さい。

 

まとめ

人間は食べなくても数週間は生きられます。

 

しかし、呼吸を止めると、わずか数分で死んでしまいますよね。

 

それなのに、食べ物や飲み物にはかなり気をつけている人でも、呼吸についてはほとんど無頓着です。

 

食べ物や水に適正量があるのなら、空気にもあって然るべきでしょう。

 

吸い過ぎ状態から卒業して、もっとパフォーマンスが高い人生を送りましょう!

 

出典:トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法 著 パトリック・マキューン 訳 桜田直美

 

タグ :   

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み

ホットヨガで体調を崩す理由

読了までの目安時間:約 2分

ホットヨガって女性に人気ですよね。

 

宇都宮市内でもホットヨガができる場所は、10箇所以上あります。

 

最近は、ホットヨガのほうがヨガよりも有名になってきて、普通のヨガのことを『常温ヨガ』とも言ったりしているそうです。

 

ホットヨガは汗をたくさん流せるし、気持ちもスッキリしますよね!

 

また、汗と一緒に日頃のウヤムヤも一緒に流せてストレス解消にもいいですよね。

しかし、一方で対象的な方もいます。

 

ホットヨガした後に体調が優れない方です。

 

ホットヨガに限らず、岩盤浴やサウナなど暑い環境で体調を崩す方も多いです。

 

実は、この症状の原因は、

 

栄養の不足。

 

汗をかくにもカラダはエネルギーを使います。

 

汗をかくための栄養が足りていないのです。

 

なので、もしあなたが、

「暑い環境だと体調が悪くなるんだよな~」

という場合は、先に栄養を改善がオススメです。

 

そのほうが宇都宮のホットヨガをもっと楽しめますよ!

 

体調が悪くなるあなたはもしかすると、

三大栄養素が慢性的に不足している可能性があります。

 

【三大栄養素】

炭水化物

たんぱく質

脂質

 

特にダイエットやボディメイクで極端な食事制限をしていると栄養不足になりやすくなります。

 

最低でもこの三大栄養素を積極的に摂取することをオススメします!

 

 

タグ :  

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

ボディラインの崩れも、ひざと腰が痛いのも原因は同じ!?

読了までの目安時間:約 6分

 

突然ですが、あなたはカラダの使い方を気にしたことありますか?

 

もしかすると、今のあなたのカラダの悩み(特にひざや腰)はカラダを上手に使えていないことが原因の一つかもしれません。

 

振りむき方が変わればカラダが変わる

ヒトのカラダの動きは数え切れないほどたくさんありますが、今回とりあげる動きは、

 

『後ろを振り向く動き』です。

 

シンプルに見える動きですが、いろいろポイントがあります。

関節には得意と不得意があります

人それぞれ、計算が得意、地図を見るのが苦手など、得意なこと、苦手なことってありますよね?

 

実は、カラダの関節も一緒なんです。

 

例えば、ひざや腰の関節は『ひねる』という動きが苦手。

 

逆に股関節や胸の後ろの背骨なんかは『ひねる』ことに感じては大得意。

 

仕事の効率を上げるときも、自分が得意なことは自分でやって、苦手なことは人に任せるほうがいいですよね?

 

確かに、苦手を克服するときも大切ですが、カラダに限ってはその考えは不要のようです。

 

つまり、

それぞれの関節が本来持っている得意分野をどんどん伸ばしていくといいんです!!

振り向くという動きについて

あなたも一度試してみてください。

 

立った姿勢で真後ろを見るように振り向いてみてください。

 

はいっ!そこでストップ!

 

今のカラダの状態はおそらく、このような状態ではないですか?

 

・足の裏が地面から離れている

 

・膝がひねられている(膝が痛い)

 

・腰がひねられている(腰が痛い)

 

・首がひねられている(首が痛い)

 

・胸の後ろの背骨が固定されている

 

・股関節が固定されている

 

↑もし、このような場合、考えられるのは、

 

胸の後ろの背骨や股関節がサボっていて、そのしわ寄せが足首、ひざ、腰、首にきている可能性が高いということ。

 

先ほどもお伝えしましたが、

 

本来、ひざや腰は『ひねる』という動作が苦手です。

 

にもかかわらず、仕方なく苦手なことを任されてしまうのです。

 

すると、使われ過ぎたりして痛みにつながってしまうのです。

 

そこで、もう一度あなたに試してもらいたいことがあります。

 

さっきのように立って、後ろを振り向く動きなんですが、いくつか守ってほしいポイントを3つお伝えします。

 

①右から振り向く場合、右ひざのお皿は正面のままにしておく

 

②足の裏は床にくっつけたまま

 

②腰と首はできるだけひねらない

 

やってみてどうでしたか?

 

もしかすると、すごく振り向きにくいかもしれません。

 

つまり、

動きにくくなってしまった関節があなたのカラダに存在するということ。

 

では、どのような方法で改善していけばいいのでしょうか?

改善方法の考え方はとってもシンプル!

◆動きにくくなった関節をしっかり動かす!

 

◆動きすぎる関節をしっかり固定する(安定させる)!

 

当たり前のことを書いてしまいましたが、本当にこれが大切なんです。

 

しかも、どちらも自分自身で動かないと改善できません!!

 

なので、私のお客様にはいっぱい動いてもらいます。

 

理にかなったエクササイズやトレーニングをしているとカラダの使い方は本当に良く変わります。

 

まとめ

今回は、ひざや腰に痛みや違和感がある方についての情報をお伝えしました。

 

しかし、実はキレイなボディラインをつくるときにも全く同じエクササイズやトレーニングをしたりします。

 

つまり、

本来のカラダの動きを取り戻すということは、

 

痛みしらずのキレイなボディラインづくりにもなる!ということ。

 

本来のカラダの動きが身に付けば、もう痛みを繰り返す必要はありませんよね!

 

正しい動きのクセをつくるといった方がわかりやすいですかね?

 

これを知っていると整体や整骨院、マッサージへ通うことが根本の解決になるのかどうかがわかってきますよね。

 

関連する記事をご紹介します。

 

なぜ、ひざや腰の痛みを治したい人は食べる量を減らさないほうが良いのか?

 

腰痛をマッサージや整体だけで治そうとしている方へ

 

 

体調・痛みのお悩み 女性のボディメイクについて

ひざ・腰が痛い人は食べる量を減らさないほうが良い理由

読了までの目安時間:約 6分

食べてカラダを回復

 

膝は栄養を欲している

もし、あなたが膝や腰が痛いから、しっかり治したい!

 

そのように思っているのなら、食べる量を増やしたほうがいいかもしれません。

 

わかりやすく、

「食べる量を増やす」

と言いましたが、なんでも食べていいわけではありません。

 

『ひざや腰の組織を修復するために必要な栄養』を摂ってあげましょう!

 

その栄養素というのが5大栄養素になります。

 

炭水化物

たんぱく質

脂質

ビタミン

ミネラル

 

この5つ。

 

さらにこの中で特に必要な栄養素があります。

 

それが、

 

・ブドウ糖

・たんぱく質

・ビタミンA

・ビタミンC

・ミネラル

 

になります。

 

これらの栄養素は、結合組織と呼ばれ、ひざや腰の炎症が起きている部分の材料になります。

 

また、栄養は血液に乗せて運ばれています。

なので、その血液そのものの質が悪かったり、量が少なかったりすると、ひざや腰の治りも遅くなるのです。

 

先ほど紹介した栄養素は、血液を作る工場の『骨髄(こつずい)』の栄養にもなるので、相乗効果が期待できます。

 

具体的にどの食品をどのくらいの量を食べれば、摂取すればいいのかは個人差があるのでここでは省略しますね。

 

 

お客様のなかでも、今回お伝えしたことを素直に実践ししていただくと、不思議なことが起こります。

 

「あれ?前よりも痛みが増してる...(;´д`)」

 

素直に実践しているのに、前よりも痛みが出るなんて最悪ですよね。

 

トレーナーへの信頼もなくなってしまうかもしれません。

 

 

でも、ご安心を!

素直に実践してくれたから、痛みが強くなってくれたんです!

 

「えっ?どういうこと!?」

 

人間の身体の仕組みのお話になりますが...

 

人は、身体の炎症のサインとして『痛み』を発生させます。

 

痛みを感じさせて、その部位をかばったり、保護したりして、回復を早めようとしてくれます。

 

つまり、

 

痛みを感じているということは、治しているサインでもあるということ!

 

しかし、痛み止めを使うとどうでしょう??

 

痛みはなくなりますが、治りも遅くなってしまうのです。

 

少し話がずれてしまいましたが、

 

要は、

栄養を改善して、痛みが増すことは良いことなんです!

 

少しの間辛抱すれば、何もしないよりも早く痛みは改善してくれます。

 

まとめ

ひざや腰の痛みのせいでやりたいこともできないのはつらいですし、嫌ですよね。

 

本人だけでなく、家族の方も見ているだけで痛々しくてつらいと思います。

 

一日でも早く良くなって痛みなんか気にならないで過ごせるようになりたいですよね!

 

お客様の中には、痛みもどうにかしたいけど、ダイエットもしたいという要望もとても多いです。

しかし、安全にそして効果的にトレーニングを進めていくためにも、十分な栄養を摂取してもらう方を優先することを私は勧めています。

 

今回は栄養のことについてお伝えしましたが、

 

骨格がキレイに整ったところに筋肉がついてくれたら、改善はさらに早く進みます。

 

筋トレの場合もこれまで全く刺激がないっていないところに急に刺激が入ると、痛みとして脳が情報を受けとってしまう場合があります。

 

ただ筋肉がびっくりしてしまっているだけ(゚Д゚;)!

本来の機能を取り戻す過程なので、全く問題はないのです。

 

痛い=悪い

というイメージが少しでも払拭できればと思います。

 

もし痛め止めを使う場合は、「痛くて眠れない...」

そういう時にだけ使ってあげましょう!

 

ボディラインが崩れるのも、ひざと腰が痛いのも原因は同じ!?

 

パーソナルトレーニングなら骨格ボディメイク!

 

 

タグ :   

体調・痛みのお悩み 栄養面のお悩み

あなたもあなたのお母さんもひざ痛に悩んでいませんか?

読了までの目安時間:約 3分

もし、あなたも、そしてあなたのお母さんがひざ痛でお悩みだったらこの記事をお読みください。

 

イスからの立ち上がりも辛そう。

 

ちょっとした段差の昇り降りも手すりがないとできない。

 

見ていて危なっかしい。

 

あなたはお母さんを見ていてそう感じることはありませんか?

 

もしかすると、あなたも膝にお悩みがあるかもしれません。

 

それは、あなたとあなたのお母さん生活習慣が似ているからです!

 

膝に良くない習慣や姿勢だと、年齢を重ねていくと痛みや違和感が少しずつ出てきます。

 

あなたよりも年齢が上のお母さんはより、その問題となります。

お母さんには、

 

いつまでも元気でいて欲しい。

 

あなたもそう願っていると思います。

 

しかし、何もしなければひざ痛は良くなりません。

 

では何をすればよいのか?

 

答えは、筋トレです。

 

なぜなら、ひざ痛の原因のほとんどが筋力の低下だから。

 

原因が筋力低下だから筋力をつけてあげると結果が変わってきます。

 

そうです。

 

解決策はすごくすごくシンプル!

 

大好きだった旅行にまた行きたい!

 

お友達と一緒にまた散歩したい。

 

ひざを気にしないでまた歩けるようになりたい!

 

筋トレをすれば、その夢が叶う可能性が高いです。

 

私は、ひざは人生の自由度と大きく関係していると考えています。

 

あなたのお母さんにも、生まれ変わったつもりで、ひざ痛がない自由な人生を謳歌してもらいませんか?

 

タグ :  

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 筋トレのアドバイス

老けたくないなら炭水化物を食べるべき!?

読了までの目安時間:約 4分

おそらく多くの女性の方がご飯を積極的に摂らないようにしているのではないかと思います。

 

たとえば、夜は炭水化物を食べないようにしていたりです。

 

意外と多いのが、ご飯を抜くのは良くないと知っていても、食べることの罪悪感を払拭できない人です。

 

今回お伝えするには、炭水化物を抜くダイエットの最新の研究結果です。

 

ご飯を食べることが罪だと感じている方に是非読んでいただきたいです。

 

糖質制限は老後にしわ寄せが・・・

まずは、今月17日に日本農芸化学会で発表された東北大学大学院の研究・実験結果をお伝えします。

 

どのような研究かというと、食事の量を減らさず炭水化物の量を制限し、その分をたんぱく質や脂質で補う「糖質制限食」について摂取と老化の影響を分析したそうです。

 

一方のマウスには日本人の一般的な食事に相当するエサを与えて、もう一方のマウスには糖質制限食を与えた場合を比較しました。

 

ちなみにビタミンはミネラルは両方のマウスに同じ量を与えました。

 

さて、あなたはこの実験でどのような結果が起きたか想像できますか?

 

実験結果はこのようなものでした。

一般的な食事を与えたマウスは多くが平均寿命よりも長生きしたが、糖質制限食では平均寿命まで生きられなかった個体が多かった。死んだ個体は平均寿命より20~25%ほど短命だった。また、糖質制限の個体は見た目も同齢の一般食の個体と比べて背骨の曲がりや脱毛などがひどく、老化の進度が30%速かった。

 

同科の都築毅准教授によると、現時点で詳しいメカニズムははっきりしていないが、「糖質制限食の個体は、血液中に多く存在するとがんや糖尿病の発症が早くなる可能性が高まる物質が多くなっていた」と、食事による違いを指摘しています。
老ける顔
さらに、若い時期は影響が目立たないために健康そうに見えますが、加齢が進んで人間の年齢換算で60代後半になると、外見的な老化が進行し、皮膚の状態の悪さがはっきりしてくるそうです。

この結果から考えられることは?

現在、糖質制限をしている人はまだその影響が出ていないだけで、将来的に見た目がかっこ悪くなるだけでなく、健康のリスクも高くなってしまう可能性を意味しています。

 

別にあなたに恐怖感を与えて、炭水化物を食べるように勧めているわけではありません。

 

ただ、これからの時代は自分の健康は自分で守るという考え方が必要になってくると思います。

 

医療の進歩によって寿命がどんどん延びていくなかで、寝たきりではなく、健康的な体を作ることは大切です。

いろんな情報が飛び交う中で本質を見抜く力が一般の方にも求められる時代になってくるでしょう。

 

自分はもちろん、自分の大切な人を守るために毎日の食事を改めて考えるきっかけになっていただければ嬉しいです。

 

 

タグ :   

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

腰痛をマッサージや整体だけで治そうとしている方へ

読了までの目安時間:約 6分

今回の記事を読むことで、あなたの腰痛を改善するにはどうすればよいかを知ることができます。

 

あなたは現在、腰や膝などに痛みや違和感はありませんか?

 

もしある場合、それをどうやって改善しようとしていますか?

 

整骨院に行く?

 

整体に行く?

 

マッサージに行く?

 

痛み止めを飲む?

 

湿布を張る?

 

いろいろな選択肢があると思います。

しかし、これらでは身体の根本の改善にはなりません。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

修復に必要な材料もっていますか?

確かに、腰の痛みなどは姿勢が良くないことが原因の場合が多いです。

 

悪化するとヘルニアや狭窄症を発症しやすくなります。

 

そうならないためにも改善に姿勢を良くすることはとても大切です。

 

しかし、たとえ姿勢が改善しても痛みや違和感が改善しない場合もあります。

 

痛みがあるということは炎症が起きているという身体のサインです。

 

例えば、転んでひざを擦りむいてケガをしてしまったとします。

 

血も流れますし、ヒリヒリ痛みもありますよね。

 

しかし、時間の経過とともに傷が修復され、傷も塞がります。

 

腰痛も同じです。

 

炎症が起きていても修復してくれれば問題ありません。

 

重要なのは、

 

修復に必要な材料が身体にあるかどうかです。

そもそも腰痛の原因は?

※今回は腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)についてお伝えします。

 

http://hare-seitai.com/wp-content/uploads/s771x9999_sg-00094no05mS.jpg

 

上の図は、正常な方の腰の状態とヘルニアの方の腰を比較したものです。

 

右の写真は、椎間板(髄核)が飛び出して神経を圧迫しています。

 

これが原因で痛みが生まれる仕組みだと思っていただければよいと思います。

 

そもそも、この椎間板とは軟骨です。

 

背骨の骨と骨をクッションのように保護してくれる役割があります。

 

しかし、加齢による腰の負担や姿勢不良などにより、椎間板の弾力性が失われます。

 

また、栄養不足で椎間板が弱くなります。

 

この状態では、姿勢が改善されたとしても椎間板の弾力性が乏しいので、

 

また椎間板が飛び出し、痛みが発症してしまいます。

修復に必要な材料とは?

椎間板は軟骨です。

 

軟骨は何からできているかというと、

 

プロテオグリカンコラーゲンです。

 

 

コラーゲンと聞くと、プルプルとしたイメージがありますが、

 

実は同じ太さの鉄のワイヤーより引っ張る力が強いのです。

 

一方、プロテオグリカンはコラーゲンにはない、弾力性を持っているので、衝撃にも対応できます。

 

話がそれますが、お肌も一緒で、コラーゲンだけでは弾力が無く、カサカサお肌になってしまいます。

気になる摂るべき栄養は?

まず、コラーゲンを作るのに必要な栄養は、

 

ビタミンA

 

ビタミンC

 

ミネラルです。

 

プロテオグリカンの場合は、

 

ビタミンA

 

たんぱく質

 

ブドウ糖

 

が必要です。

 

これは言い変えると結合組織の材料なので、

 

ヘルニアだけでなく、膝や肩などの関節痛改善にも必要な栄養になってきます。

 

まとめ

腰の痛みには、マッサージやストレッチ、運動だけでなく、

 

栄養が大きく関係していることを知っておいていただければと思います。

 

姿勢や身体の使い方を治しながら、必要な栄養の摂取を続けることで腰痛の悩みは改善されていきます。

 

よかったら、参考にしてみてください。

 

宇都宮のパーソナルトレーナーが改善へ導く美脚と憎っくき膝の痛み

 

 

タグ :  

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

UA-90816103-1