宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の小尻専門パーソナルトレーニングスタジオ『ヴァレッサ』

脚が太くなる座り方&立ち方をしていませんか?

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

 

みよたです。

 

突然ですが、

 

あなたは座っているときや立っているときに、

 

足の裏で床をどのくらい押しているか意識したことありますか?

 

たぶんですが、

ほとんどの方は意識したことがないと思います。

 

実は、脚の太さに悩みがある方は、無意識に床を強く押すクセがあります。

 

具体的にどのようなクセかというと、

 

座った時にこんな風に足首を固めてしまったり...

 

立っているときにいつも片脚重心になりやすくなったり...

 

脚を組むことで2倍の脚の重さで床を押しているとき...

 

あなたも思い当たる立ち方、座り方はないでしょうか?

 

別に筋トレしている訳ではないので、にかかるストレスとしては、そこまで大きくはないですけど、毎日毎日ストレスがかかることで脚の循環が悪くなってしまいます。

 

脚に老廃物が溜まりやすくなり、脚が硬く、冷たく、重たくなってしまいます。

 

そうなると、むくみや下半身太り、冷えの原因にもなります。

 

脚がそんな状態になるのは嫌ですよね。

 

解決策としては、まずは、座っているときに足裏で床を感じてあげることです。

 

「私っていつもこのくらい床を押していたんだ~。」

 

と、ふと気づいたときに足裏の感覚を感じてあげましょう。

 

もし、強く床を押してしまっていたり、脚が緊張しているときは背骨を立てて(姿勢を良く)、背骨で脚の重さを取るイメージで脚を軽くしていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

ふくらはぎのお悩み パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

“無意識の緊張”で脚が太くなる!?

読了までの目安時間:約 2分

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

脚の太さに悩んでいて、自分でもいろいろんなことを試して頑張っている人は多いと思います。

 

今回お伝えするのは、脚が太い人、太くなりやすい人に共通している特徴である、

 

無意識の緊張についてお伝えします。

 

脚が太くなる原因はたくさんありますが、

 

実は、脚がリラックスできているかどうかが、かなり重要なんです。

 

そこで、自分の脚が緊張している脚なのか、それともリラックスできている脚なのかをチェックできるように動画を撮ってみました。

 

自分はどっちのタイプかを確認しながらご覧くださいね!

 

まずは、緊張がある脚です。

【特徴】

・足首がブランブランできない

・脚を持ち上げても太ももが緊張してストンと落ちない

・脚を揺らしても動きがぎこちない

 

次にリラックスできている脚です。

【特徴】

・足首が脱力できている

・太ももが重力に逆らわずストンと落ちる

・脚が自然に揺れる

 

最初の動画のように、無意識の緊張していると脚が太くなります。

 

目指すは、緊張がない脚!

 

もし、緊張がある動きがあったら、

脱力できるように練習してみてください。

 

きっと脚が楽になってあなた本来の美脚に近づいていきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ふくらはぎのお悩み 太もものお悩み

美脚美尻になるのに機械を使うトレーニングは必要ない!?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

 

宇都宮の美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

今回は、美脚美尻になるのに機械を使うトレーニングは必要ないのかどうかについてご紹介します。

 

結論は、私の今の考えでは必ずしも必要ないです!

 

その理由を次に書いていきます。

マシンでスタイルアップしない理由

質問ですが、あなたは過去にフィットネスジムなどに通ったことはありますか?

 

通ったことがある方ならわかると思いますが、ジム内には筋トレするマシンがたくさん置いてありますよね。

これでもか!って感じに。

 

ジムに入会して、トレーナーから自分の目的に合うマシンを教えてもらった人もいると思います。

 

どうですか?

 

それを実践してお尻は小さくなりましたか?

 

太ももは細くなりましたか?

 

マシンだけやっていてそうなれるなら、ジムに通っている人は全員スタイルアップしているはずですよね。

 

でも、残念ながらそうではないのが現実です。

 

その理由は何なのか?

 

自分なりに考えてみました。

 

すると、マシンで筋肉を鍛えるよりも重要なこと、先決すべきことがあるとわかりました。

 

それが、カラダの使い方!

 

???

 

全然具体的じゃないのでよくわかりませんよね。

 

この話はこのHPでも何度も出てきている話ですが、大切なので改めてご説明します。

何もしなくてもいつもスタイルが良い人の秘密

あなたの周りに、何もしていないのにスタイルが良いな~という人はいませんか?

 

実はその人は、スタイルが良くなるカラダの使い方を自然にできてしまっているんです。

 

つまり、下半身だけでいえば、脚が太くならない、お尻が垂れないカラダの使い方です。(実は背中の脂肪や二の腕のたるみも関係しています...)

 

なので、あなたが体型のことで悩んでいるのなら、まずはカラダの使い方を先に知っておいたほうが絶対にいいです。

 

もちろん、マシンにも初心者の方でも安全に扱えるというメリットはあります。

 

でも、それがスタイルアップには直接結びつかない場合のほうが多いです。

今日のまとめ

どんなマシンや道具を使うかよりも、まずはスタイルアップするカラダの使い方の練習をしましょう!

 

 

ヒップのお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて

美脚と美姿勢になりたい人必見!あなたは背骨をしっかり反れますか?

読了までの目安時間:約 4分

美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

「脚を細くしたい!」

 

「猫背を治したい!」

 

「お尻の形をキレイにしたい!」

 

今回お伝えする内容はこんな願望がある方は必ず知っておいて欲しい内容です。

 

タイトルにもありますが、結論から言うと、

 

しっかり背骨を反れるようになりましょう!

 

ということ。

背骨でも特に胸の後ろの背骨です。

 

胸の後ろの背骨を丸めることは大得意!

 

でも、反ることが苦手な人がかなり多いです。

 

その理由は、普段から猫背の姿勢でいることが原因の一つ。

 

猫背の状態で背骨が固まってしまうのです。

 

このままでは、美姿勢をなることはハッキリ言って難しいです。

 

では、なぜ美姿勢にならないと美脚、下半身にまで悪い影響があるのでしょうか?

 

それは、カラダがバランスをキープしようとする働きがあるからです。

 

一体どういうことか?

 

重力は地球上どこにいても上から下です。

 

では、猫背で顔が前に出たらどうでしょう。

 

この姿勢のままではカラダは前に倒れてしまうので、骨盤を後ろに傾けて前後のバランスをキープしているのです。

 

試しにですが、深いお辞儀をしてみてください。

 

頭を前に下げたとき、同時に骨盤は必ず後ろに引いているはずです。

 

カラダは常に重力に対してバランスをとっているのがわかると思います。

 

骨盤が本来の位置からズレる=本来使うべき筋肉が使えない

 

と思ってください。

 

だから、それが脚の太さやラインに大きく関係してくるワケです。

 

でも、あきらめなくて大丈夫です。

 

胸の後ろをしっかり動かすエクササイズをすればいいんです。

 

オススメのエクササイズを紹介するので、ぜひやってみてくださいね!

 

・脚を細くしたい人

 

・キレイな姿勢になりたい人

 

・二の腕をホッソリさせたい人、

 

・キレイな背中のラインになりたい人

 

にオススメです!

 

 

[補足情報]

このストレッチをした後は胸の後ろの背骨が反りやすくなっているので、エクササイズもしてあげましょう!

 

例えば、こんなエクササイズ↓↓

20回ぐらい繰り返し行ってみてください。

さらにこの後に、良い姿勢でいる時間を最低5分キープ!
 

先ほどのエクササイズで胸の後ろを使っている感覚をイメージしながらできるとバッチリです!

 

 

パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み 姿勢のお悩み

「仰向けで寝ると腰が辛い…」←実は美脚から遠のく人の特徴

読了までの目安時間:約 4分

美ボディメラインナビゲーターのみよたです。

 

「仰向けで寝るのが辛いんです。なんか腰が痛くて...」

 

そんな悩みを抱えている人って意外と多いそうです。

 

仰向けで寝るのが辛いから横向けで寝るのが普通になってしまったとか。

 

でも、なぜ横向きで寝て腰が痛くないのに、仰向きの時だけ痛くなるのか?

 

それは実は脚の付け根にある筋肉に原因がありました。

 

その筋肉がこれ!

↓↓

この大腰筋という筋肉は普段の生活で使いにくくなっている方がとても多いです。

 

例えば、デスクワークなど長時間座った姿勢の習慣がある人なんか特にそうですね。

 

筋肉の長さに注目すると、

 

『座った姿勢=腰と太ももの骨が近づく姿勢』

 

です。

 

イスに座った姿勢でいる時間が長ければ長いほど、大腰筋は本来の長さよりも短くなってしまいます。

 

大腰筋は腰から太ももの骨までついている筋肉なので、この筋肉が縮むと腰を反る方向に力が働いてしまいます。

 

仰向けのように上半身も下半身もまっすぐになる姿勢は腰が太ももの骨側に引っ張られてしまうのです。

 

イメージとしては、輪ゴムを両手で引っ張り合っている状態です。

 

時間が経てば経つほど、引っ張っている手がきつくなりますよね?

 

それと同じ現象が腰にも起きているのです。

(分かりにくい例えだったらスミマセン...)

 

では、どうすれば仰向けで腰が痛くならず、寝れるようになるのでしょうか?

 

答えはシンプル!

 

長さが短くなってしまった大腰筋を伸ばしてあげればいいのです!

 

座る時間を減らすのも良いです。

 

でも、お仕事で座る時間を減らすのは現実的に難しいですよね?

 

なので、筋肉を伸ばす、ストレッチをオススメします!

 

このようなストレッチです。↓↓

出典:https://croissant-online.jp/health/70000/

 

上の写真をようなポーズをとって、後ろに引いている太ももを少し内側にねじります。

 

すると、後ろに引いた側の脚の付け根が伸ばされる感じがあればやり方はあっています。

 

30秒から1分ぐらいゆっくり伸ばしてあげましょう!

 

脚の付け根の筋肉は使いにくくなると、太ももが頑張りすぎて太くなってしまいます。

 

脚を細くしたい方もぜひ試してみてくださいね!

 

参考となる過去の記事も載せておきます。

 

良かった参考にされてみてください!

 

美尻エクササイズを検討中のデスクワーカーの方に助言

 

パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

【お客様からのご質問】美脚の人って内ももに必ず『すき間』ができるんですか?

読了までの目安時間:約 4分

「内ももにすき間を作りたいです!

美脚の人ってみんな内ももにすき間ありますよね?」

 

というお客様のご質問をいただきました。

 

今回はそのご質問に回答させていただきます。

 

『内ももにすき間がある=美脚』

 

本当にそうなんでしょうか?

 

結論から言うと、私は決してそうではないと考えます。

 

その理由は2つあります。

 

①骨盤のタイプ

例えば、同じ太ももの太さのAさんとBさんがいます。

 

Aさんは、骨盤が小さい体型。

 

Bさんは、骨盤が大きい体型。

 

ここであなたにクイズです!

 

内ももにすき間が出やすいのはどちらの方だと思いますか?

 

実は、骨盤が横に広い分、脚の付け根の位置も横に広いBさんのほうが内ももにすき間ができやすいです。

 

なので、Aさんが内ももにすき間を作ろうとしてしまうと、かなり太ももを細くしないといけません。

 

しかし、それでは最も美しく見えるカラダのバランス(黄金比)から大きく外れてしまいます。

 

もちろん、骨盤の幅は、何十センチも変えることはできません。

 

なので、骨盤を基準にして、黄金比にカラダを近づけるボディメイクをすると見た目は変わってきます。

 

カラダのパーツごとの黄金比については過去のブログでチェックできます。

↓こちらから

パーソナルトレーニングなら骨格ボディメイク!

 

②脚の歪み

もう一つは、脚の歪みの影響で内ももにすき間ができているケースです。

 

試しに内股で立ってみて下さい。

 

自然に内ももにすき間ができませんでしたか?

 

過去のブログ、美脚チェックでもお伝えしている通り、この脚の状態はO脚となります。

 

つまり、O脚になっている影響で内ももにすき間ができている可能性もあるということ!

 

まとめ

以上の2つの理由から、

 

必ずしも、内ももにすき間があるから、『美脚』ではありません。

 

逆に、内ももにすき間がなくても、『美脚』といえます。

 

つまり、単純にすき間の有無で美脚かどうかを判断はできないのです。

 

自分の骨盤タイプを知っておくこと、骨格の歪みをキレイに修正することが美脚になる近道です。

 

よかったら、あなたのボディメイクの参考にしてみて下さい!

 

美脚チェック方法

 

よくある脚のお悩み4タイプ、あなたはどれ?

 

タグ :   

太もものお悩み 女性のボディメイクについて

太もも横がパンパンに張っていてマッサージばかりしていませんか?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

Valezaのお客様だけでなく、ジム通いをしている方々などもそうですが、

 

普段から太もも横のマッサージをしている人って結構多いと感じます。

 

目的としては、運動すると太もも横が緊張して疲れるからマッサージをしているかもしれないですね。

 

また、脚を細くしたいという狙いもあるかもしれません。

 

しかし、残念ですがいくら太もも横をマッサージしてもほとんど意味はありません。

考えるべきは、なぜ太ももの横が疲れるのか?

太くなるのか?

 

ということです。

 

疲れたり、太くなるということは、使いすぎているということ。

 

太もも横(厳密には骨盤や股関節の横)の筋肉の働きには、

 

①脚を横に広げるという役割

 

②太ももをお腹に引き寄せるという役割があります。(厳密にはもう一つありますが、ここでは割愛します。)

 

太もも横以外の筋肉にも脚を横に広げる役割のある筋肉、太ももをお腹に引き寄せる筋肉はあるのですが、それらの筋肉がうまく使えなくなると、太もも横だけが頑張ってしまうのです。

 

つまり、サボってしまっている筋肉があるということになります。

 

その筋肉こそが、

 

お尻の筋肉脚の付け根にある筋肉なんです。

 

つまり、どんなにマッサージをしても太もも横の緊張が取れない、太ももが細くならないのは、この2つの筋肉がうまく機能していないために、その代償として太もも横が使われ続けてきたからなのです。

 

太ももの横の緊張を放って置くと、脚の形にも大きな影響を与えてしまいます。

 

例えば、

・骨盤の幅を広げて、骨盤を太く見せてしまう・・・

・XO脚になってしまう・・・

・O脚になってしまう・・・

・膝痛になってしまう・・・

・足首に謎の痛みが・・・

 

上記のように脚の歪みを引き起こす原因にもなります。

 

これらの改善のために、エクササイズを欠かせませんが、それをいかに普段の姿勢や歩く動作に落とし込めるのかが大切になってきます。

 

闇雲にエクササイズをしていても結果はでないので、”効果のあるやり方”でボディメイクをしていきましょう!

 

お尻の筋肉を本来の長さに戻すエクササイズはこれ!

 

タグ : 

太もものお悩み 筋トレのアドバイス

『マシンよりきついです・・・』その理由に迫る!

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

「マシンよりもキツいです・・・」

 

お尻と太ももの境目を作るエクササイズをした後のお客様のご感想です。

 

使った重さは、お客様自身の片脚

 

たったそれだけ。

ジムでおこなうメインのトレーニングはマシントレーニングではないでしょうか?

 

しかし、マシントレーニングだけでカラダが変わるのならば、ジムに通っている人はすべて引き締まっていくはずです。

でも、実際は違います。

 

何か他に原因がありそうですよね。

 

今、運動する習慣がない方はカラダが変わらない言い訳ができます。

 

「だって、運動してないもん。運動したら変わるし!」

 

しかし、一生懸命にジムに通っているのにヒップが上がらないし、太ももも細くならない・・・

 

こんなに頑張っているのになぜ???

 

そんな方は、変わらない理由について考えたことはありますか?

 

今回お伝えしたいのはここです。

 

お尻や太もももでいうと・・・

運動をいくら頑張っていても股関節がずれた状態だとたるみや筋肉太りが起こります。

 

この事実に気づかないでさらに運動を続けるとどうなるか?

 

ゴールに向かう方向が間違っているので改善は期待できませんよね。

 

続けることは大切だとよく言われていますし、私もそうだと思います。

 

しかし、場合によっては、『継続』が時間とお金をかなり無駄にしてしまう行為になる場合も...

 

大切なお金や時間を無駄にしないためにも、狙った筋肉にしっかりと刺激を与えられるエクササイズがオススメです。

 

マシンを使っても、使わなくてもどっちでもよいので、効かせることにフォーカスするのがオススメです。

 

メルマガ、ブログ、HPでもいくつかエクササイズをご紹介していますが、基本エクササイズ3つだけでヒップアップしたお客様もいらっしゃいます。

 

下半身引き締めには魔法なんてありません!

マジックのようにタネも仕掛けもちゃんとあるんです。

 

 

タグ : 

ヒップのお悩み ボディメイクについて 太もものお悩み 女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

ヒップトレーニングはとにかく負荷をかければいいと思ってない?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたは、ヒップトレーニングには優先順位があることを知っていますか?

 

ボリュームのあるヒップ。

 

キュッと引き締まった小尻。

 

目的がどちらであっても、優先順位を意識してトレーニングできると効果が期待できます。

 

エクササイズ初心者、経験者の方でも意外と忘れがちなポイントがあります。

 

そのポイントを結論からお伝えすると、

負荷を上げる前にしっかり可動域を出していきましょう!

 

ということ。

 

一体どういうことなのか?

説明させていただきます。

筋肉をいっぱい使ってあげましょう!

たとえばこのエクササイズ。

写真で言うと左ひざを膝を開いたり、閉じたりするエクササイズです。

 

お尻を鍛えるエクササイズなので、膝を開くほど、お尻の筋肉が使われます。

 

約45度くらい開くといいんですが、お尻が垂れていたり、たるみがある方はなかなか広がりません。

 

開くことができないということは、

お尻の筋肉が本来100使えるとすると、40とか50とかぐらいしか使えていないということです。

なぜ膝が開かないのか?

狭い範囲しか開かないのには原因があります。

 

股関節の柔軟性が低いことも考えられますが、

最も多いのは、自分のお尻の筋肉で脚を持ち上げられる力がないだけ。

 

どうせなら、お尻を100全部使いたいですよね?

 

ではどうすればよいかというと、

対策は簡単!

 

自分では開けない範囲でお尻を使えるように反復するトレーニングをすればいいんです。

 

しかし、100全部使えるようなトレーニングは一人ではできません。

 

できないからお尻は垂れてしまうのですが・・・

 

だから、パーソナルトレーニングが必要になるわけです。

 

狭い範囲しか開かないのに、チューブなどを使って負荷をかけても効果はあまり期待できません。

まとめ

まずは、お尻をいっぱい使えるようにトレーニングしていきましょう!

 

今回は例として、お尻について書きましたが、お尻に限らず、この考え方は全身同じです。

 

負荷をかける前に動かせる範囲をしっかり広げることから始めてみませんか?

 

一人でできる基礎的な美尻エクササイズでカラダは変わるの?

 

タグ :   

ボディメイクについて 太もものお悩み 筋トレのアドバイス

同じ身長、同じ体重、同じ体脂肪率のはずなのに...

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は、見た目をキレイになるために必要なことをお伝えしていきます。

 

記事を読むことで、理想の体型になるためには数字だけでない、もっと大切な視点があることに気づくことができます。

 

見た目を変えるのに本当に必要なこと

私のもとには、こんなお客様もいらっしゃいます。

 

体重や体脂肪は気にしていないけど、体型を変えたい!

 

体型を変えるとなると、見た目をいかにお客様の理想に近づけられるかが大切です。

 

例えば、同じ身長、同じ体重、同じ体脂肪、同じ骨盤の大きさ、同じ肩幅のAさんとBさんがいたとします。

 

予想では、ほぼ同じ体型になるはずですよね?

 

しかし、見た目がAさんのほうがきれいに見えるということが起きてしまうのです。

 

それはなぜでしょうか?

 

不思議ですよね~

 

 

実は、骨格が大きく関係しているんです!!

 

一体どういうことか?

 

結論から言ってしまうと、

骨格をしっかりともとの位置に戻してから鍛えないと、キレイなボディラインにはなりません。

 

ということ。

 

お腹と太ももを例に簡単にご説明しますね。

 

くびれづくりの前にやること

まずお腹ですが、女性の場合、見た目重要なのはもちろんくびれですよね。

 

くびれはただあるだけでは、キレイには見えません。

 

ポイントはくびれの高さです。

 

くびれの位置が左右で高さが違ったり、くびれの位置自体が低くなりやすくなります。

 

これらの具体的な原因は大きく2つ。

 

骨盤のゆがみ

胸郭(あばら骨)のゆがみ

 

です。

 

骨盤は右と左で違うゆがみ、左右一緒のゆがみなどがよくあります。

 

くびれという上半身のお悩みなのに、実は下半身(骨盤)が関係しているということです。

 

上半身の場合ですが、

胸郭(あばら骨)のゆがみがある=背骨のゆがみも一緒にあるということになります。

 

猫背で姿勢が良くない方にも多いですね。

 

つまり、

お腹周りをカッコよくキレイに引き締めるには、胸郭と骨盤を整えることから!

ということです。

 

くびれ作りのエクササイズには、以下の記事を参考にしてみてください。

キレイなクビレづくり方法をこっそり伝授!

 

細ももはこうして作る!

続いて、太ももの場合です。

 

女性のお悩みで多いのは、太もも横のボコっとした出っ張りではないでしょうか?

 

この出っ張りが原因で、太ももが太く見えたり、シルエットがカッコ悪くなってしまいます。

 

実はこの問題も骨格が本来の位置からずれていることが影響しています。

 

具体的にいうと、太ももの骨が内側にひねった状態にあるということ。

 

太ももの骨はよく見るとこのような形になっています。

赤〇で囲っているところが出っ張りの正体です。

 

太ももの骨を内側にひねった状態は、この出っ張りがより協調される位置にあるのです。

 

解決策はシンプル!

 

本来ある場所に太ももの骨を調整してあげればいいんです!

調整のためにお尻の筋肉がメインで働いてくれるように筋トレをしていきます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

骨格の状態によって、キレイに引き締まって見えるかどうかは決まってしまいます。

 

本来の位置に骨が戻ることで見ためはもちろんですが、関節の痛みが改善やトレーニングやエクササイズの効果も今よりグッと上がります。

 

タグ : 

お腹・骨盤まわりのお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて

UA-90816103-1