宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻専門パーソナルトレーニング『ヴァレッサ』

太ももが脂肪でブヨブヨしている方への2つのアドバイス

読了までの目安時間:約 3分

太ももに脂肪がたまってブヨブヨしている。

 

そのような状態の方に共通して当てはまることが大きく2つあります。

 

①栄養不足

 

②皮膚や脂肪、筋肉に癒着がある

 

この2点です。

むくみには栄養の改善が効果的

脚のブヨブヨ感の正体が脂肪の場合なら、脂肪の燃焼を加速させる栄養を摂る必要があります。

 

このブログでもしつこいくらいお伝えしている内容ですが、

 

・ブドウ糖

・ビタミンC

・ビタミンB群

・ミネラル

 

が必要です。

 

もちろん、そのほかの五大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)を摂れたほうがいいですが、特に上記の4つの栄養をしっかり摂取するのがオススメです。

 

あとは、体脂肪率がそこまで高くなくても、脚がブヨブヨの場合があります。

 

それはむくみの可能性も考えられます。

 

むくみの改善には、栄養面では特にたんぱく質が効果的!

栄養たっぷりの卵

たんぱく質の一つである、アルブミンが不足することでむくみが起きやすくなるといわれます。

 

卵、肉、魚、豆類などを積極的に食べるのがオススメですよ!

 

今の日本では、飢えで死ぬことはないですよね。

 

でも、質的に栄養不足になっている人は多いです。

 

これを機に栄養面を改めて考える機会になっていただけたら嬉しいです。

癒着をはがして老廃物を流しましょう!

脚がブヨブヨの場合、皮膚や脂肪をつまめても結構厚みがあると思います。

 

また、つまみにくいところやつまんで痛みがあるところもあるかもしれません。

 

そんな時は、毎日、その部分をつまんでください!

でも、闇雲にガシガシつまむのでなく、5秒ぐらいつまんでつまんでいるところの厚みがどんどん薄くなる、そんなイメージでおこなうのがオススメ!

 

つまんでいるところに意識を向ける、これが大切なんです。

 

あとは、表面の脂肪に隠れているだけで、わかりにくくなっているかもしれませんが

 

筋肉も硬くなっている可能性大!

 

筋肉は皮膚や脂肪の奥にあるので、ちょっと深めにつまんでみてください!

 

太もものお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

内もも痩せエクササイズの効果を高める方法(ワイドスクワット)

読了までの目安時間:約 5分

内ももを引き締めるためのエクササイズでしかも、一人でもできる優れものがワイドスクワット

 

こんな感じのエクササイズです。

↓↓

「ワイドスクワット」の画像検索結果

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3930779

 

簡単に言えば足をいっぱい広げてスクワットするエクササイズです。

 

理論上は、足幅を広げれば広げるほど内ももに刺激が入りやすくなります。

 

でも、実際は、これが難しい...

 

お客様の中でも多くの方が効果的に刺激が入るエクササイズができていないのが現実です。

 

理由は、股関節や背骨、内ももの硬さ、お尻の筋肉の弱さ。

 

間違ったフォームでおこなうと膝を痛めてしまうリスクもあります。

 

それだけでなく、脚を細くしようとしてやっているはずなのに、逆に外ももがパンパンに張って脚が太くなる可能性もあります。

 

それでは、悲しすぎますよね 😥 

 

前置きが長くなってしまいましたが、今回は内ももを引き締めたい方のためのエクササイズ(ワイドスクワット)とその効果を高めるための準備エクササイズについてお伝えします。

 

上から順番通りに取り組むのがオススメです!

弱りやすいお尻のエクササイズ

このエクササイズは太ももを外側にひねる役割がある筋肉です。

 

この筋肉が弱りやすくなると、内またになって、ワイドスクワットのようなしゃがむ系のエクササイズをしたときは膝が内側に寄りやすくなります。

 

そうなると、膝を痛め原因にも...

 

ケガをしないためにもしっかりお尻奥の筋力つけておきたいですね!

固まりやすい部分のストレッチから

ワイドスクワットは内ももが硬くなりすぎると脚が広がりません。

 

事前に内もものストレッチをおこなっていれば、スムーズに脚を広げることができます。

 

内ももとセットで股関節周りのストレッチもやると脚は広がりやすくなります。

 

 

先ほど鍛えたお尻の奥の筋肉をストレッチします。

 

筋トレ→ストレッチの順でおこなうとストレッチだけよりも効果があります。

 

 

ワイドスクワットをする時の上半身の姿勢は床に対して垂直が理想です。

 

背中が丸まりやすい方はぜひ取り入れたいエクササイズですね。

 

背骨をひねる動きと反る動き、横に曲げる動きの3つを全て行うのがオススメです!

 

 

もしくはこのエクササイズ。

 

↑肋骨の真横にフォームローラーをセットして、肋骨の真横やお腹側、背中側まで押すエクササイズです。

ワイドスクワットの感覚をつかむ

ワイドスクワットで内ももがどのように使うかをまずは片脚ずつ練習します。

 

動画の中にもありますが、内ももの伸び感(ストレッチ感)を感じながらおこなってみてください。

いよいよワイドスクワット

ここからがワイドスクワット本番です。

 

動画ではバランスボールを使っていますが、イスなどで代用してもOKです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

いきなりエクササイズをやるよりもしっかり準備できてからのほうがやりやすく、内ももへの刺激も感じられらようになったかと思います。

 

感じられなかった方は...

 

練習あるのみ笑!

 

できないのは全て伸びしろがあるということ笑

 

ぜひコツコツ続けてみてくださいね (^^)

 

ボディメイクについて 太もものお悩み 姿勢のお悩み

反り腰が下半身痩せの敵になる理由と改善方法

読了までの目安時間:約 4分

「反り腰になると、太ももがパンパンに張っちゃうよー!」

 

ネットなどで調べるとそんな風に書かれている記事が多いと思います。

 

でもどうすればいいのかは、あまり詳しく書かれていません。

 

なので、今回はなぜ、反り腰になると下半身太りになるのかをお伝えします!

そもそも、反り腰とはどんな状態か?

反り腰は骨盤が前に傾いています。

 

前に傾くことで、腰が反りやすい状態になります。

 

こんな感じです。

 

でも、腰の反りはただの結果に過ぎません。

 

反り腰になる原因がわからないと根本の解決にはなりません。

反り後の本当の原因とは?

実際にやっていただくとわかると思うのですが、

 

内また(ヒザが内側に向いた立ち方)で腰を反るとかなり反りやすいと思います。

 

今度は逆に、膝を外側(がに股みたいな立ち方)で腰を反るとどうでしょう?

 

膝を曲げないと反ることはけっこう難しいですよね。

 

そうなんです。

 

つまり、膝が内側に向いているから腰が反ってしまうのです。

 

だから、ただ腰を丸めるだけでは反り腰は根本的には改善できません。

反り腰がなぜ下半身痩せの敵なのか?

膝が内側に向く姿勢は、お尻の筋肉が使いにくい姿勢となります。

 

お尻が使えないと、代わりに太ももの外側が張って太くなってしまいます。

 

さらに、O脚になり足首や膝にねじれができてしまい、脚に老廃物が溜まりやすい状態にもなってしまいます。

 

なので、膝が内側に入ることでいいことは何一つないとも言えます。

反り腰改善のオススメエクササイズ

反り腰の原因が、膝が内側に入ることだと分かれば、膝が内側に向かないように改善するエクササイズが効果的だということが分かりますよね!

 

反り腰改善のオススメのエクササイズがこちらです。

 

※こちらの動画は『小尻になっておまけに脚痩せもできちゃう動画講座』の13日目の内容となります。

 

こちらのエクササイズをやると、膝を外側に向ける役割があるお尻の筋肉に刺激を与えることができます。

 

このエクササイズの後に、かかとをつけて立った姿勢をキープすることがオススメですよ!

 

立ったこの姿勢でも、お尻の奥が使えるように練習してみて下さいね!

 

追伸:

 

LINEでは、反り腰の改善方法について動画付きでさらに詳しくお伝えしています。

 

興味がある方は以下からお友達登録してくださいね!

友だち追加

 

 

 

 

 

パーソナルトレーニングについて ヒップのお悩み 太もものお悩み

美脚&小尻に欠かせない股関節のはめ込みエクササイズ

読了までの目安時間:約 2分

前回の記事で、太もも痩せには股関節を安定させるための筋肉達が大切ですよー!

 

と、動画を交えてお伝えしました。

 

一応、その記事を張っておきますね。

↓↓

「太ももの太さの原因は、股関節がグラグラ不安定だから!」

 

今回お伝えする記事は、股関節を安定させる筋肉に刺激が入ったら、その後に必ずやって欲しいエクササイズです。

 

キーワードは『はめ込み』

 

そもそも、股関節というのは、骨盤に太ももの骨がハマっている関節です。

 

下の写真でいうと、赤丸で囲ったところに太ももの骨がはまり込みます。

宇都宮のパーソナルトレーナーの脚痩せエクササイズ

 

赤丸の部分を寛骨臼と言います。

 

寛骨臼に太ももの骨がはまり込んだままスムーズに動けるのが理想です。

 

それができると、お尻周りの刺激も入りやすく、お尻奥の固まりやすい部分もストレッチされるようになるので美尻・小尻に近づけます。

 

では、どのようなエクササイズをやればいいのかを動画でお伝えします。

 

 

 

向きを変えたりして、いろんな方向で股関節のはめ込みを意識しながらできると効果大です!

 

美尻・小尻・美脚になりたい方はぜひ試してみてくださいね!

 

パーソナルトレーニングについて ヒップのお悩み 太もものお悩み

太ももの太さの原因は、股関節がグラグラ不安定だから!

読了までの目安時間:約 2分

太ももの太さに悩みがある場合、

 

股関節がグラグラと不安定になっていることが予想できます。

 

股関節が不安定な状態とはどういうこと??

 

いまいちピンとこないですよね。

 

股関節が不安定股関節を安定させる筋肉(インナーマッスル)が弱っている

 

ということだと思ってください。

 

では、股関節を安定させる筋肉とは何かというと、

 

お尻の奥や内もも、脚の付け根にある筋肉達です。

 

つまり、ここの筋肉達をしっかり使えるようになれば、太ももが細くなっていきます。

 

あきらめなくていいんです。

 

そこで今回は、太もも太りの方が弱りやすい筋肉達を目覚めさせるエクササイズをお伝えします。

 

3つの動画でお伝えします。

 

上から順番に取り組むのがオススメ!

 

 

 

 

 

 

 

今回お伝えしたエクササイズの取り組むことで、股関節の安定性を高める筋肉達が目覚めてくれます。

 

すると、今まで代わりに頑張りすぎてた太もも前や横の筋肉が休めるので、もも前・横の張りも解消できます。

 

ぜひ試してみてください!

 

パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

美脚必須条件の脚の動かし方がこれ!

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。

 

みよたです。

 

今回は美脚について。

 

美脚の大きな特徴があります。

 

それは、

関節にすごーく優しいという点。

 

特に膝の関節はねじれたりして、痛みが出やすい部分。

 

でも美脚だと、最も膝に負担がかからない動きができます。

 

正しい動きができているかの目安はここを見てください

↓↓

多くの場合は、膝下のボコが外側に移動しやすくなっています。

 

簡単な修正方法がありますが、それはレッスンでお伝えしています。

 

まずは、動画で理想的な脚の動きができるかぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

シンプルなしゃがむ→立つの繰り返しですが、膝同士のすき間の変化に注意!

 

キレイな脚=負担が少ない脚

 

です。

 

憧れ美脚に近づきましょう!

 

パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

脚が太くなる座り方&立ち方をしていませんか?

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

 

みよたです。

 

突然ですが、

 

あなたは座っているときや立っているときに、

 

足の裏で床をどのくらい押しているか意識したことありますか?

 

たぶんですが、

ほとんどの方は意識したことがないと思います。

 

実は、脚の太さに悩みがある方は、無意識に床を強く押すクセがあります。

 

具体的にどのようなクセかというと、

 

座った時にこんな風に足首を固めてしまったり...

 

立っているときにいつも片脚重心になりやすくなったり...

 

脚を組むことで2倍の脚の重さで床を押しているとき...

 

あなたも思い当たる立ち方、座り方はないでしょうか?

 

別に筋トレしている訳ではないので、にかかるストレスとしては、そこまで大きくはないですけど、毎日毎日ストレスがかかることで脚の循環が悪くなってしまいます。

 

脚に老廃物が溜まりやすくなり、脚が硬く、冷たく、重たくなってしまいます。

 

そうなると、むくみや下半身太り、冷えの原因にもなります。

 

脚がそんな状態になるのは嫌ですよね。

 

解決策としては、まずは、座っているときに足裏で床を感じてあげることです。

 

「私っていつもこのくらい床を押していたんだ~。」

 

と、ふと気づいたときに足裏の感覚を感じてあげましょう。

 

もし、強く床を押してしまっていたり、脚が緊張しているときは背骨を立てて(姿勢を良く)、背骨で脚の重さを取るイメージで脚を軽くしていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

ふくらはぎのお悩み パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

“無意識の緊張”で脚が太くなる!?

読了までの目安時間:約 2分

脚の太さに悩んでいて、自分でもいろいろんなことを試して頑張っている人は多いと思います。

 

今回お伝えするのは、脚が太い人、太くなりやすい人に共通している特徴である、

 

無意識の緊張についてお伝えします。

 

脚が太くなる原因はたくさんありますが、

 

実は、脚がリラックスできているかどうかが、かなり重要なんです。

 

そこで、自分の脚が緊張している脚なのか、それともリラックスできている脚なのかをチェックできるように動画を撮ってみました。

 

自分はどっちのタイプかを確認しながらご覧くださいね!

 

まずは、緊張がある脚です。

【特徴】

・足首がブランブランできない

・脚を持ち上げても太ももが緊張してストンと落ちない

・脚を揺らしても動きがぎこちない

 

次にリラックスできている脚です。

【特徴】

・足首が脱力できている

・太ももが重力に逆らわずストンと落ちる

・脚が自然に揺れる

 

最初の動画のように、無意識の緊張していると脚が太くなります。

 

目指すは、緊張がない脚!

 

もし、緊張がある動きがあったら、

脱力できるように練習してみてください。

 

きっと脚が楽になってあなた本来の美脚に近づいていきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ふくらはぎのお悩み 太もものお悩み

美脚美尻になるのに機械を使うトレーニングは必要ない!?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

 

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

今回は、美脚美尻になるのに機械を使うトレーニングは必要ないのかどうかについてご紹介します。

 

結論は、私の今の考えでは必ずしも必要ないです!

 

その理由を次に書いていきます。

マシンでスタイルアップしない理由

質問ですが、あなたは過去にフィットネスジムなどに通ったことはありますか?

 

通ったことがある方ならわかると思いますが、ジム内には筋トレするマシンがたくさん置いてありますよね。

これでもか!って感じに。

 

ジムに入会して、トレーナーから自分の目的に合うマシンを教えてもらった人もいると思います。

 

どうですか?

 

それを実践してお尻は小さくなりましたか?

 

太ももは細くなりましたか?

 

マシンだけやっていてそうなれるなら、ジムに通っている人は全員スタイルアップしているはずですよね。

 

でも、残念ながらそうではないのが現実です。

 

その理由は何なのか?

 

自分なりに考えてみました。

 

すると、マシンで筋肉を鍛えるよりも重要なこと、先決すべきことがあるとわかりました。

 

それが、カラダの使い方!

 

???

 

全然具体的じゃないのでよくわかりませんよね。

 

この話はこのHPでも何度も出てきている話ですが、大切なので改めてご説明します。

何もしなくてもいつもスタイルが良い人の秘密

あなたの周りに、何もしていないのにスタイルが良いな~という人はいませんか?

 

実はその人は、スタイルが良くなるカラダの使い方を自然にできてしまっているんです。

 

つまり、下半身だけでいえば、脚が太くならない、お尻が垂れないカラダの使い方です。(実は背中の脂肪や二の腕のたるみも関係しています...)

 

なので、あなたが体型のことで悩んでいるのなら、まずはカラダの使い方を先に知っておいたほうが絶対にいいです。

 

もちろん、マシンにも初心者の方でも安全に扱えるというメリットはあります。

 

でも、それがスタイルアップには直接結びつかない場合のほうが多いです。

今日のまとめ

どんなマシンや道具を使うかよりも、まずはスタイルアップするカラダの使い方の練習をしましょう!

 

 

ヒップのお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて

美脚と美姿勢になりたい人必見!あなたは背骨をしっかり反れますか?

読了までの目安時間:約 4分

美ボディラインナビゲーターのみよたです。

 

「脚を細くしたい!」

 

「猫背を治したい!」

 

「お尻の形をキレイにしたい!」

 

今回お伝えする内容はこんな願望がある方は必ず知っておいて欲しい内容です。

 

タイトルにもありますが、結論から言うと、

 

しっかり背骨を反れるようになりましょう!

 

ということ。

背骨でも特に胸の後ろの背骨です。

 

胸の後ろの背骨を丸めることは大得意!

 

でも、反ることが苦手な人がかなり多いです。

 

その理由は、普段から猫背の姿勢でいることが原因の一つ。

 

猫背の状態で背骨が固まってしまうのです。

 

このままでは、美姿勢をなることはハッキリ言って難しいです。

 

では、なぜ美姿勢にならないと美脚、下半身にまで悪い影響があるのでしょうか?

 

それは、カラダがバランスをキープしようとする働きがあるからです。

 

一体どういうことか?

 

重力は地球上どこにいても上から下です。

 

では、猫背で顔が前に出たらどうでしょう。

 

この姿勢のままではカラダは前に倒れてしまうので、骨盤を後ろに傾けて前後のバランスをキープしているのです。

 

試しにですが、深いお辞儀をしてみてください。

 

頭を前に下げたとき、同時に骨盤は必ず後ろに引いているはずです。

 

カラダは常に重力に対してバランスをとっているのがわかると思います。

 

骨盤が本来の位置からズレる=本来使うべき筋肉が使えない

 

と思ってください。

 

だから、それが脚の太さやラインに大きく関係してくるワケです。

 

でも、あきらめなくて大丈夫です。

 

胸の後ろをしっかり動かすエクササイズをすればいいんです。

 

オススメのエクササイズを紹介するので、ぜひやってみてくださいね!

 

・脚を細くしたい人

 

・キレイな姿勢になりたい人

 

・二の腕をホッソリさせたい人、

 

・キレイな背中のラインになりたい人

 

にオススメです!

 

 

[補足情報]

このストレッチをした後は胸の後ろの背骨が反りやすくなっているので、エクササイズもしてあげましょう!

 

例えば、こんなエクササイズ↓↓

20回ぐらい繰り返し行ってみてください。

さらにこの後に、良い姿勢でいる時間を最低5分キープ!
 

先ほどのエクササイズで胸の後ろを使っている感覚をイメージしながらできるとバッチリです!

 

 

パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み 姿勢のお悩み

1 2 3 5
UA-90816103-1