宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻専門パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

【嬉しいご報告】初めて見る体脂肪の数値でした!!

読了までの目安時間:約 3分

先日、頻繁にご報告をいただけるお客様から嬉しいご報告が!

 

「今日体重計乗ったら、体脂肪27%という数字が出ました!初めて見た数字でした!」

嬉しいですね!

(数字を見なくても相当変わってるだろうな~というのは見た目からすでにわかってはいましたが…)

 

こちらのお客様は、トレーニング開始するは体脂肪が35%近くありました。

 

ボディメイクを目的に通いたいと思い、短期集中型のジムにも行こうと思ったらしいです。

 

でもすごくお忙しい方なので週1回で通えるところを模索。

 

そしてValezaのパーソナルトレーニングを見つけたらしいです。

 

年齢的なことを考えても、急激に体重や体脂肪を落とすのは、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

ちなみに年齢は53歳。

 

約半年以上の時間をかけてゆっくりとカラダを変えてきました。

 

体脂肪や体重って一気にガクッと下がるイメージがありますが、

 

現実はというと、

 

減って

増えて

減って

増えて

減って

 

という風にジグザグに右肩下がりに少しずつ減っていくイメージでのほうが近いです。

 

ジクザグの繰り返しで現在のボディラインを手に入れることができました。

(一喜一憂していたらメンタルが持ちませんよ~)

 

このイメージもってボディメイク・ダイエットができるのかが成功への大きな分かれ道になります。

 

もし、こちらのお客様の思考が

 

「短い期間でチャチャっとやろう!」

 

といった思考でボディメイクに取り組んでいたら全く違う未来に待っていたでしょう。

 

もちろん、悪い未来ですよ!

 

一方、今のお客様はオシャレの幅も広がり人生を大いに楽しんでいるように思います。

 

どんな未来を手にするかはどんな思考で取り組むかで決まってしまうので、ボディメイクやダイエットの正しい認識を今後も広めていきたいと改めて感じるお客様のご報告でした。

 

 

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み パーソナルトレーニングについて ボディメイクについて 女性のボディメイクについて

【お客様からのご質問】おやつに何を食べればいいですか?

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

今回は、お客様からご質問が多い、

「おやつに何を食べればいいですか?」

 

というご質問にお答えします。

 

ボディメイクのカギとなるのは、

いかにブドウ糖と果糖をコントロールできるかです!

 

そもそも、3食の食事内容で明らかに糖質を摂りすぎている場合は、まずは3食の食事内容を見直すことが大切になります。

 

「私はずっと2食だけど・・・」

 

そんな人もいるかもしれませんが、

1日2食もしくは1食で日常生活を送るのに何も問題がなければ大丈夫です。

 

しかし、貧血気味やカラダがだるい、元気が出ない。

 

そんな症状がある場合は、明らかに栄養不足です。

 

まずは、夜ご飯を抜くのはやめて、1日3食に増やすことをお勧めします。

 

少し話がそれてしまいましたが、

今回お伝えする内容は、無意識のうちに、知らず知らずのうちに糖質量がオーバーしてしまっているかも・・・

 

といった人の参考になるのでは?と思っています。

 

まずは、おやつに食べたほうがいいものをお伝えする前に、普段の食事での糖質コントロールの注意点からお伝えします。

 

普段の食事で糖質をコントロールできていないのに、おやつだけコントロールしてもあまり意味がないですからね。

 

1食のうち糖質の食品は1つが基本!

和食でも洋食でもそうなんですが、普段の食事でおさえたいポイントは、

1食のうちで糖質を多く含む食品は1つがルールです。

 

どういうことでしょうか?

 

例えば、ある人の朝食でご飯、味噌汁、主菜、副菜が出てきたとします。

この中で比較的、糖質量が多いのはご飯ですよね。

 

しかし、味噌汁の具材にジャイガイモやかぼちゃ、玉ねぎ、長芋などが入っていると、1食の中に糖質メインの食材が2つあることになってしまいます。

 

ジャイガイモやかぼちゃ、玉ねぎ、長芋などは糖質量が多いので、気をつけたいポイントです。

 

こういったケースの改善策としては2つあります。

 

①味噌汁の具材を大根、ネギ、白菜、わかめ、豆腐など糖質が少ないものに変更する

 

②ご飯の量をいつもよりも少し減らす

 

このどちらかにアプローチができればいいですよね?

 

つまり、これが、

糖質は制限するのではなく、コントロールしましょう!

 

ということです。

 

チャーハンとラーメンのセットなんかは一度に糖質を摂りすぎることは誰にでも簡単に予想できると思います。

 

おやつにオススメはこれだ!

3食の食事で必要な糖質がしっかり摂れていれば、おやつでわざわざ、糖質を摂る必要は基本的にありません。

なので、おやつにはできるだけ糖質が少ない食品を食べればいいということになります。

 

次に、手軽に摂取できそうで、糖質が少ない食品を挙げていきます。

あなたのおやつに取り入れやすそうなものがあるかチェックしてみて下さい。

 

・ブルーベリー(10粒で糖質1g)

・ゆで卵(1個で糖質0.1g)

・煎りクルミ(10グラムで糖質0.4g)

・ベビーチーズ(1個で糖質0.2~0.4g)

・枝豆(50gで糖質1g)

・豆腐(100gで糖質0.8g)

 

他にも、ウインナーや鶏むね、ゆでタコなど糖質が極力少ない食品があります。

 

最近では、コンビ二でも『糖質〇〇%OFF!』と表示されている食品が増えてきたので、うまく活用してあげるのもいいですね!

 

ただし、人工甘味料でカロリーゼロと謳っている商品に関しては健康上の問題で私はお勧めはしていません。

 

最後に

あなたに決して誤解してほしくないことがあります。

 

それは、糖質(ブドウ糖)は人のカラダで必ず必要になるということです。

 

ブドウ糖が脂肪を燃やす材料であることは意外と知られていないことかもしれません。

 

糖質を完全に抜くとあっという間に体重は減りますが、それはカラダの水分量が減っただけ。

 

残念ですが、

脂肪が減ったわけではありません。

 

もちろん、糖質の必要量にも個人差がありますが、ある程度はしっかり摂ったほうが良いということは忘れないで下さい。

 

糖質は制限するのではなく、うまくコントロールして、食事を楽しみながらボディメイクできるといいですね!

 

 

タグ :  

お腹・骨盤まわりのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 栄養面のお悩み

体重へのこだわりから離れられない人へ見てほしい画像

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

女性に体重なんて聞いてはいけない!

 

よくそんな風に言われますよね?

 

そのぐらい女性にとって体重はデリケートな問題です。

 

女性が体重を気にしてしまう理由は、女性は「人から見られている」ことを強く意識しているからだと言われています。

 

心理学者のMckinley,N.M氏とHyde,J.S氏が1996年発表した論文によると、女性は、「身体は他者から見られるものとして存在する」と意識する傾向にあると指摘しています。

 

体重に関わらず容姿や服装などの「見た目に対する関心の高さ」もとても高いとのが女性ではないでしょうか?

 

しかし、多くの女性が体重を気にしすぎてしまうことで悪い影響を受けてしまっていると私は感じます。

 

一番は無理な食事制限です。

 

必要な栄養が摂取できず、髪がパサパサ、肌はガサガサ、爪やカラダがボロボロになってもまだまだ足りないと間違った不健康な方向に頑張り続けてしまう方がいます。

 

体重ばかり見ていると健康、そして女性らしいボディラインを失うリスクが高まります。

 

このような女性の体重に対する考えをもう一度見直して欲しい画像をツイッターで偶然見つけました。

 

下の画像です。

ちなみにどちらも同じ人物です。

 

あなたは、左側の写真の体重と、右側の写真の体重はそれぞれ何kgだと思いますか?

実は、どちらも50Kgなんです。

 

脂肪がついた50Kgと筋肉がついて引き締まった50Kg。

 

どちらも同じ体重ですが、この画像を見ても体重だけにこだわりをもってボディメイクやダイエットを続けますか?

 

もうおわかりかもしれませんが、目標の50kgになっても理想の体型になれるとは限らないということです。

 

食事制限だけでは、写真の右側のような体型にはなれません。

 

必ず筋トレが必要です。

 

食べないダイエット・ボディメイクではなく、必要な栄養素をしっかり取りながら、定期的に筋トレ。

 

これがシンプルで最も効果の出る方法です。

 

体重だけで見ることから卒業すると違う素敵な景色がどんどん見えてきますよ!

 

一人でできる基礎的な美尻エクササイズでカラダは変わるの?

 

タグ :  

お腹・骨盤まわりのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 健康面のお悩み 女性のボディメイクについて 栄養面のお悩み 筋トレのアドバイス

Valezaのパーソナルトレーニングが医療関係者の方から選ばれる理由

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

世の中には職業がたくさんありますが、もし、ストレスと大変さの職業ランキングがあるとすると、医療に携わる方がかなり上位に入るのではないでしょうか?

Valezaのお客様には、医師、看護師、歯科衛生士、薬剤師、臨床検査技師などの医療系のお仕事をされている方もいらっしゃいます。

 

やはり実際のお仕事のお話をお聞きすると、休みも連休なんて取れないし、命に直結する現場なのでミスが許されないストレスフルな環境でお仕事をされているようです。

夜勤明けでしかパーソナルトレーニングを受ける時間がない方もいます。

 

では、なぜValezaは多くの医療関係者から選ばれるのでしょうか?

 

理由は大きく3つあると思います。

①週1回で効果が出るから

医療関係者に関係なく、忙しい方が週に2回も貴重なお時間を使ってトレーニングをするのには無理があります。

 

Valezaは基本的に週1回で大丈夫です。

 

短期間で劇的な変化はないかもしれませんが、少しずつ、でも確実に効果が出るパーソナルトレーニングだから選ばれているのではないかと思います。

 

医療関係者の方の中には、カラダを根本的に変えるには、短期的には変わらないというカラダの仕組みも理解されている方も多い気がします。

②健康の重要性を知っているから

やはり職場で日頃から体調を崩し方や健康面で問題を抱える方を多く目にしているせいもあって、医龍関係者の方は健康に関する意識が高いです。

しかし、実際に医療関係者の方の中には、体型のお悩みだけでなく、生理不順、健康診断の結果が良くない、便秘で長年苦しんでいるなど健康面で悩みがある方が多いです。

 

Valezaでは、健康が前提に合ってのボディメイク、パーソナルトレーニングだと思っています。

 

さきほど、例に上げた健康面のお悩みなどは正直な話、運動で改善することができません。

 

栄養で改善に導いていくしかないのです。

 

逆に、栄養面の改善で健康を取り戻していくと、ボディメイクの効果も出やすくなります。

 

主な理由としては、栄養がしっかり摂れていることで、筋肉の方への栄養も使えるし、脂肪を燃やすのに必要な材料もカラダに備えることができるからです。

③結果が出る根拠があるから

私は昭和の部活動のような根性論は大嫌いです。

 

なぜなら、根性論でボディメイクをして結果が出ない場合、

 

その理由は「根性がなかったから。」

 

で終わってしまうからです。

 

これでは、なんの進歩もないですよね?

 

そうではなく、一つ一つ検証して、その方に合ったフォーム、エクササイズを調べていかないとなんの情報も得られません。

 

PDCAサイクルを回すなどと言ったりもします。

(P:計画→D:実行→C:評価→A:改善)

 

確かに、何を、そしてどんな気持ちでやるのか?

といったメンタルの部分もとても大切です。

 

しかし、解剖学や生理学、栄養学などの科学的根拠に基づいた指導をおこないながら、その都度しっかり評価して振り返らないと結果が出る理由、出ない理由がわかりません。

 

結果が出ない理由がわかれば、また試して、評価してを繰り返し、問題を一つ一つ潰していきます。

 

その結果、あなただけの効果が出る、結果が出るパーソナルトレーニングが完成するのです。

 

それまでに多少時間がかかっても、確実に前進していること間違いありません。

まとめ

仕事や家事に忙しいのに、パーソナルトレーニングしているのすごい!

と思われてしまうかもしれませんが、逆です。

 

忙しいからパーソナルトレーニングなんです。

 

貴重な時間を最も効果的に使って効果を出したいのならパーソナルトレーニングが最もコストパフォ-マンスが高いですよ!

 

 

タグ :   

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 筋トレのアドバイス

痩せたい?でもすでに痩せている可能性大

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

一昔前は、女子からは筋トレは嫌われている感じがありましたが、

 

今は、逆ですよね?

 

鍛えている女子はカッコいい!

鍛えている女子は美しい!

 

そんな世の中になりつつある、というかすでにそうなっていると思います。

 

同じように一昔前は、女子は細くて痩せているのがキレイだという洗脳があったと思います。

 

一方、女子にとって今は健康的で適度に引き締まったカラダに人気がありますよね!

 

健康やフォットネス分野に携わる一人としては、これはとても嬉しいことです。

 

痩せているのに、「痩せたい!」

しかし、まだまだ気になることがあります。

 

それはすでに痩せているのに、もっと痩せたい!、ダイエットしたい!

 

という方が多いということ。

 

なぜ、そんなに痩せたいのか?

なぜ、そんなにガリガリになりたいのか?

 

お客様のご要望であることは百も承知ですが、

Valezaでは、基本的にすでに痩せている方にさらに健康を害するまでの体重、体脂肪を減らすための指導はお断りさせて頂いています。

 

理由は、

あなたに不健康になって欲しくないから。

 

ただそれだけです。

 

貴重なお金と時間を使って確実に不健康になる必要は1%もありません。

 

あなたは、世の中であふれる間違った情報に振り回され、自分のボディイメージが崩れ、極端な食事制限でカラダがボロボロになっているのにその大切な体にまだムチを打ち続けるのですか?

 

「拒食症」の画像検索結果

 

ダイエットが必要になるかどうかの一つの基準

あなたに本当にダイエットが必要になるのか?

 

気になるのはその点だと思います。

 

そこで一つの基準をお伝えします。

 

http://bmi.nobody.jp/

 

もし、お時間あったら、このサイトに飛んで、ご自身の現在の身長、体重を入力してみてください。

 

入力するだけであなたにダイエットが必要かどうかがわかります。

 

結果で出た標準体重よりも少ない場合はダイエットの必要性がないということ。

 

あなたがどのような体型・シルエットを目指すのかにもよりますが、標準体重よりも少ない方の場合、ダイエットよりも筋トレをしてボディメイクをおこなうのがオススメです。

 

まとめ

現代は、急速にフェイスブックやインスタグラムといったSNSが拡大してきましたよね。

 

SNSによって、簡単に友人や好きな芸能人の普段の様子を知ることができるようになり、外見や体型に関わるような写真などを目にする機会が増えてきたと思います。

 

その影響で痩せを礼賛するメディアが摂食障害を増加させ、女性の心身に悪影響を及ぼしていることは様々な研究ですでに明らかになっているようです。

 

ファッションの中心地、フランスでも痩せたモデル禁止の法律が施行されたり、有名ブランド、グッチなどを抱える「ケリング」と、ルイ・ヴィトンなどを抱える「LVMH」という世界最大級のファッション企業でも、モデルたちの心と体の健康を守るために、痩せ過ぎモデルの起用を禁止すると表明しています。

 

もう”細いだけの女性が美しい”という時代ではなくなってきているようですね。

 

あなたがすべきなのは、本当にダイエットですか?

 

タグ :   

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み

ダイエットの成功には○○を見ないことが大切

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたはダイエットにチャレンジしたことはありますか?

 

結果はどうでしたか?

 

おそらく、うまくいかなかったのでは?

 

あなただけでなく、多くの人がダイエットに失敗しています。

 

「何度チャレンジしても挫折してしまう・・・」

 

と悩んでいます。

 

そんな方にお伝えしたいことは、

 

欲を見ないようにすること!です。

 

一体どういうことか?

 

次にお伝えしていきますね。

あなたの自宅に○○は置いてないですか?

もしかして、あなたの自宅には、ポテチやお菓子が戸棚に、アイスが冷蔵庫にたっぷりと貯蔵されていませんか?

 

棚を開けると、カップ麺、お菓子が山積みになっています。

そんな環境で「ダイエットしよう!」

 

といくら強く思っていてもそれは難しい話です。

 

一度生まれてしまった欲を消すのは、巨大すぎるパワーが必要です。

 

お菓子を見て「食べたい!」と思ったら、その欲望を消し去るのは、難しいのです。

3つの『ない』

多くの方は、食料を買って、冷蔵庫にいれてから「ダイエットしよう!」と努力し始めます。

 

そうではなく、最初から買わなければ良いのです。

 

欲を見て欲が生まれた後に消し去るのは、死ぬほどのパワーが必要です。

 

「でも、理屈はわかるのですが、コンビニやスーパーに行くとついつい買ってしまうのです・・・」

 

という意見もあると思います。

 

それならば、3つの『ない』を実行すればいいのです。

 

行かない。

見ない。

買わない。

 

この3つです。

 

最初からお菓子がある場所へ行かない。

 

目に見える場所から食べ物を置かない。

 

必要なもの以外買わない。

 

この3つを実践してみてください。

 

具体的には、仕事帰りにいつもコンビニに寄っているのなら、コンビニがないルートで家に帰ってみるとかですかね。

 

ちなみに、買物するときは、空腹状態は避けましょう!

私も余計なものをついつい買ってしまうのである程度お腹に入れてから、買物するように気を付けています。

あなたの辞めたいことは?

コンビニに寄るのをやめたい。

ついで買いをやめたい。

悪い食習慣をやめたい。

 

誰にも「やめたい!」と思うことがあると思います。

 

その場合は、スイッチが入ってしまう『引き金』を探してみてください。

 

誘惑ともいえますね。

 

引き金、誘惑が見つかったら、次はそれを見ないように行動を変えてみてください。

まとめ

欲が生まれてから、抑えるのは難しいです。

 

最初から欲を見ないことが大切なのです。

 

欲に勝とうとせず、欲と戦わない方法を選択しましょう!

 

 

タグ :  

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

ダイエット中のスイーツはガマンした方が良いですよね??

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮”美尻づくりの専門家”みよたです。

 

「ダイエット中のスイーツはガマンした方が良いですよね?」

 

お客様によく聞かれるご質問の一つです。

私はどのように答えているか、お伝えします。

 

結論からいうと、

ダイエット中でも、スイーツは決して敵ではないこと。

 

たぶん、あなたは、

 

「食べたらだめだ・・・ガマンしないと。」

 

と思っていませんか?

 

しかし、それよりも

 

「どうしたら、ダイエットしながらスイーツを楽しめるかな?」

 

と考えてみてはどうでしょうか?

確かにある程度のルールは必要です。

 

次の項目から、無理がないものから実践してみてはどうでしょうか?

 

・本当に食べたい分だけ食べる

・オーガニックスイーツなど素材にこだわる(※パッケージの裏に書いてある原材料名をみて、ごちゃごちゃたくさん書いてあるものは避けましょう!)

・手づくりして、白砂糖小麦粉の量を調整する

・代謝の良い体作りを並行しておこなう

 

こういったことに気をつければ、問題はありません。

 

「食べちゃダメ」という禁止の意識は、あなたが思う以上に大きなストレスになっています。

 

苦しくなったら、視点を変える余裕を持ってくださいね。

 

スイーツは敵ではなくて

 

「心の栄養」

 

です。

 

さきほど、

オーガニックスイーツなどの素材にこだわるとお伝えしましたが、

 

ここは、もう少しお伝えしたいことがあります。

 

普通の方もそうですが、ダイエットをしている方は特に、体の毒を抜くこと、入れないことを大切にして欲しいです。

理由は、人工甘味料などの食品添加物を摂取することで、太りやすくもなりますし、何より健康を害するリスクが高くなるからです。

 

しかし、何に注意していいかよくわからないかもしれません。

 

今の社会で添加物ゼロで生活するのは、山奥で自給自足の生活をしない限り無理です。

 

だから、最低限これだけは知っておいて欲しいです。

 

人間は、

・空気

・水

・炭水化物

・たんぱく質

・脂質

・ビタミン

・ミネラル

 

この7つさえあれば生きていけます。

言い方を変えると、7つだけのほうがいいです。

 

この7つを必要に応じて量を調整してあげるだけでOK。

 

現代はいつどこでどんなものが口に入っているかわからないからこそ、成分表示が書いてあるものくらいはちゃんと見て欲しいですね。

私もそうしています。

 

タグ : 

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み

エステのダイエットコースで損する人・得する人

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたはエステに通われたことはありますか?

 

通われた経験がある方もない方もぜひ知っておいていただきたいことがあります。

 

それを今回お伝えします。

 

結論から言うと、

 

エステで痩せると食事制限だけなので、100%リバウンドしますよ。

 

ということ!

 

これまで私のブログをご覧になっていただいてきた方ならご理解していただけると思います。

 

エステで体重が落ちるのは、食事制限のおかげです。

 

筋肉量が増えて代謝が上がってカラダが絞れているわけではありません。

 

何もしていないと筋肉量は減る一方なので、痩せた後の方が実は痩せにくい体質になってしまいます。

 

表現を変えると、リバウンドする体質になっているということ。

 

一生懸命、食事制限も頑張ってたどり着いた先が

 

『痩せにくいカラダ』

 

なんて悲しすぎませんか?

 

筋トレのメリットはたくさんありますが、基礎代謝が高いカラダを手に入るという点は筋トレでしか実現できません。

 

とにかく体重を減らしたのか?

 

それとも

 

筋トレで引き締まった痩せやすいカラダになりたいのか?

 

あなたはどちらのカラダになりたいですか?

 

タイトルの【エステのダイエットコースで損する人・得する人】についてですが、

 

エステと並行して筋トレをする人は得する人。

 

エステ(食事制限)だけで痩せようとしている人は損する人ですよ!

 

タグ :  

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み 女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

居酒屋で何を食べればいいのか悩んでいるあなたへ

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

お客様から頂く質問に、

 

「今週飲み会があるんですけど、何を食べればいいですか?」

 

というものがあります。

 

飲み会なので、お酒を飲むと思います。

飲みながら罪悪感を感じてしまうのは悲しいですよね。

結論から言うと、私の提案はこうです。

 

飲み会ぐらい何も気にしなくてもいいのでは?

 

どこか無責任な感じに思われるかもしれませんね。

あなたが期待していた答えではないかもしれません。

 

でも私は本気でそう思っています。

 

例えばですが、飲み会の次の日に3㎏体重が増えたとします。

 

普通に考えれば、体重が増えたことにショックを受けて罪悪感に襲われることでしょう。

 

でもちょっと待ってください!

あなたは飲み会やバイキング、ビュッフェに行くたびにそんな想いをしなくてはいけないのでしょうか?

 

私はそんな想いをする必要は全くないと思います。

 

なぜなら、もし体重や体脂肪が増えたとしても、また元に戻せる普段の食事管理能力があれば問題ないからです。

 

そんな簡単じゃないよ~。

 

と思われるかもしれませんが、普段からどのくらいの量、何を食べれば体重維持ができているかを把握さえしていれば、そんなに難しいことではありません。

 

約1週間単位で普段よりも食事量を毎食一口減らしたり間食に食べているお菓子を別のものに変えたりすることで、急にではなくても徐々にもとに戻れば大丈夫です。

 

慣れてくれば、増えた体重、体脂肪の増加分に対してどのくらいの期間で戻せるかがわかるようになってきます。

 

なので、飲み会などがある度にどのくらいの期間で戻せるか試せるチャンスだと思ってあげてもいいのではないでしょうか?

 

私がお勧めしないのは、大きく2点。

 

①罪悪感を感じながら食べること。

②1日や2日という短期間で元の体重や体脂肪に戻そうと、断食すること。

 

飲み会は自分の食事管理ができているか確認できるチャンス!

そう思って、気にしすぎずに思いっきり楽しんでくださいね!

 

P.S

ただ、ひとつのテクニックとしてお酒を飲む前に、おにぎりを一個食べてみてください。

牛乳よりもおにぎりがオススメです。

 

お酒のつまみは、焼き鳥などのたんぱく質を意識して摂取してみてくださいね。

 

 

タグ :   

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

Valezaのパーソナルトレーニングでお客様にやっていただくこと

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

都宮でパーソナルトレーニングをご検討されている場合、具体的にどのようなことをやるのか一番気になる部分だと思います。

 

回はValezaで具体的にどのようなトレーニングを提供しているかをお伝えします。

 

Valezaでおこなうトレーニングを大きく3つご紹介します。

 

①骨格を整えるエクササイズ

骨格?

少しわかりにくいですよね。

 

簡単にいうと、

骨の並びのこと!

 

実は、お尻の垂れだけでなく、お腹や二の腕のたるみなどの体型のお悩みは、骨の並びが本来の位置からずれてしまっていることが原因の一つになっています。

 

猫背や反り腰、膝痛などの原因も同じ理由です。

骨格がゆがんでいたり、ずれたままトレーニングをしてもなかなか効果が出にくいのです。

 

なので、Valezaでは最初に

 

骨格の位置を元に戻すことから始めます。

 

または、骨格を修正しながら、理想の骨の位置でトレーニングをします。

 

本来あるべきところに骨格を戻してトレーニングすると、筋肉もよい位置で付きやすくなるので効果も実感しやすくなります。

 

例えば、骨盤。

骨盤の周りには筋肉がたくさんあります。

 

左右均等に筋肉はついているのに、骨盤にゆがみがあったらどうなるか想像できますか?

 

実は、筋肉にはある性質があります。

筋肉の長さが左右で異なると、力を発揮しにくなるという性質です。

 

骨盤がゆがんでいると筋肉の長さも変わってしまいます。

 

これではせっかく一生懸命お腹を凹ますトレーニングをしていてもなかなか効果が期待できません。

 

骨格という土台から整えることで、あなたの頑張りを無駄にせずに済むのです!

 

②フォームに徹底的にこだわった筋トレ

「自分でもこのお尻のエクササイズやった事ありますが、効いている感じが全然違います。」

 

よくお客様からいただくお言葉です。

 

同じエクササイズでもフォームによって別のエクササイズになってしまうことがあります。

 

同じ時間そのエクササイズに費やしたのに、まるで効果が全然違う・・・

 

そんなことが平気で起きてしまうのがフォームが間違ったエクササイズの怖いところでもあります。

 

たった1mm角度が違うだけで、効いている感じがしないことはよくあるので、

Valezaではフォームに徹底的にこだわりますし、うるさいです。

 

内容的には重りを使ったトレーニングや自体重で行うピラティスなどを行います。

 

③BFR(血流制限)トレーニング

腕や脚の付け根に専用ベルトを巻いてトレーニングをします。

 

目的はベルトを締めて腕や脚の血流を制限することで、成長ホルモン(若返りホルモン)を効果的に分泌させたいからです。

 

BFRトレーニングは女性にとって嬉しいコラーゲンもたくさんつくれるのが興味深い点です。

 

アンチエイジング効果を高めるトレーニングでもあるので、若々しくありたい女性の方にピッタリですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

Valezaでどのようなトレーニングをおこなうのか、イメージはできたでしょうか?

 

もし、ご興味があれば以下からお気軽にご質問、ご相談もできます。

 

どんな些細なことでもあなたのお悩みが解決できたら嬉しいので、ぜひお問い合わせください。

 

 

タグ :          

お腹・骨盤まわりのお悩み ふくらはぎのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み パーソナルトレーニングについて ヒップのお悩み ボディメイクについて 体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み 筋トレのアドバイス

UA-90816103-1