宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

ボディメイクと茹で上がったカエルの話

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮”美尻づくりの専門家”みよたです。

 

カエルの季節ですね!

福島の実家では、玄関の窓に数え切れないカエルが張り付いていたのを思い出しました。

 

あなたは茹で上がるカエルの話を聞いたことありますか?

 

Aというカエル。
Bというカエル。

 

Aのカエルは冷たい水が入った鍋に。

カエルは、気持ちよくスイスイ泳いでいます。

 

一方、
Bのカエルには、今にも沸騰しそうなほど熱いお湯に入れます。

カエルはびっくりして跳んで逃げていきました。

 

その後、Aのカエルが入った鍋にはゆっくりと火をかけていきます。

 

ちなみに、あなたはAのカエルはどうなると思いますか?

 

よくある答えは、ある一定の温度になると跳んで逃げていくのでは?という答え。

 

しかし、Aのカエルは茹で上がって死んでしまったのです。

 

タイトルにもあったので、予想できちゃいましたよね(笑)?

 

実際に私が実験したわけではないですし、本当にこのような結果になるかはわかりませんが、高校のとき、担任の先生がこの話をしてくれました。

 

この話で何を言いたいのかというと、『気づき』の大切さです。

 

Aのカエルの入っている鍋の温度はゆっくりあがっていきましたよね?

 

つまり、周りの環境が大きく変化していることに気づけなかったのです。

 

私は、あなたには、Aのカエルのようになって欲しくありません。

 

確かに、何もしないのが一番楽。

 

でも、知らないうちにカラダはどんどん衰えていきます。

 

Aのカエルにならないためには、現状に気づけるかどうかです。

 

気付いた人は、絶対変われます。

 

 

タグ :

パーソナルトレーニングについて

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1