宇都宮 パーソナルトレーニング ダイエット ボディメイク

宇都宮のパーソナルトレーニングジム『ヴァレッサ』

脚が細くなる歩き方の方法とそれに必要なエクササイズ

読了までの目安時間:約 4分

もし、あなたが脚を細くしたい、下半身をダイエットさせたいならば、歩き方を見直すことが大切です。

 

今回は、その歩き方についてお伝えします。

あなたはこんな歩き方していませんか?

まず初めに、歩くときにどのようなクセがあるのか多いエラーをご紹介します。

 

自分がどれに当てはまるかチェックしてみてください。

 

  • 後ろ足ががに股(つま先が外を向いている)
  • 後ろ脚のふくらはぎを使って地面を強く蹴っている
  • 歩幅が極端に狭い
  • 前足が内股
  • 腕が後ろに引けない
  • 脚が後ろに引けない

 

などなど。

 

他にもいろいろありますが、大まかでもこんなにチェックポイントがあります。

 

次に、脚痩せする歩くときのポイントについてお伝えします。

歩くときの大切なポイント5つ

美脚になる歩き方のポイントは以下の5つです。

 

  • 後ろ脚の内ももを使う
  • 後ろ脚の付け根を使う
  • ふくらはぎで地面を強く蹴らない
  • 骨盤が本来の位置にしっかり立っている
  • 後ろ足は親指が地面から最後に離れる

 

1つ1つ解説していると長くなってしまうので、ここでは骨盤について後ろ足の動きについてご紹介します。

骨盤がしっかり立てていないと脚はどんどん太くなる

歩くときだけに限ったことではないですが、骨盤が後ろに傾いて歪んでしまうと姿勢が悪くなり脚も太くなります。

 

↑↑

骨盤が後ろに傾いた方の姿勢はこんな感じです。

 

この姿勢のまま歩いたら、ボディラインが崩れるだけなく、膝や股関節の関節を痛めてしまうリスクが高くなります。

 

なので、歩く前にまずは骨盤をしっかり立てることが大切!

 

骨盤を立てるために必要なエクササイズやストレッチをお伝えしますね!

 

★モモ裏のストレッチ

 

★腰の筋肉のエクササイズ

 

★脚の付け根のエクササイズ

小指側が最後に地面から離れるのはNG!!

次に、歩く時の後ろ足の向きについてです。

 

歩くときの後ろ足は、地面から離れるときには親指が最後に離れるのが理想です。

 

しかし、がに股になって歩くとそれができずに、小指側が最後に地面から離れる歩き方になってしまいます。

 

そうなると、内もも使えなくなり、代わりに外側の太ももを使うようになってしまいます。

 

足の関節やお尻の筋肉が硬いことが原因なので、そこをほぐすのが大切です。

 

★足の関節のほぐし

 

★お尻のストレッチ

最後に

一日の中で最もしている動きが『歩行』だと思います。

 

脚を細くしたいからといって、いくらマッサージに通ったり、整体に行ったり、エステを受けたりしたところで、歩き方の根本が悪かったら細くなる脚も細くなりません。

 

細くならないならまだまし。

 

関節を痛めてしまったら、歩くことも難しくなるので余計に脚に老廃物も溜まってしまい、下半身太りは避けられません。

 

やはり歩くのにも骨格は大切ですね!


 

タグ :  

ボディメイクについて 姿勢のお悩み

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1