宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮パーソナルトレーニング 美尻美脚・美姿勢専門『Valeza』

美尻&美姿勢になりたい人こそリハビリが必須な理由

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

突然ですが、あなたはリハビリと聞いてどんなイメージをもちますか?

 

おそらく、おじいちゃん、おばあちゃんがやるもの。

ケガをした人がやるもの。

 

そのようなイメージはありませんか?

そもそもリハビリとは?

リハビリはリハビリテーションのことです。

 

リハビリテーションはラテン語に由来しているといわれています。

 

英語で書くと、「rehabiltation」。

そして「re」+「habilitate」の2つのパートに分けられます。

 

「re」のつく言葉っていろいろ身の回りでもありますよね。

 

例えば、リターン(return)、リピート(repeat)、リノベーション(renovation)。

 

どれも「再び、再度」というような意味がありますよね?

 

ちなみに、リフォームもreがつきますが、和製英語なので海外では通じないみたいです。

 

「re」→再び

「habilitete」→適した

 

つまり、リハビリテーションとは、直訳すると「再び適合させる」ということになります。

 

これを私なりに解釈すると、

本来のカラダの使い方を取り戻すこと!

 

どうしても、日頃のクセや習慣の影響でカラダの使い方を忘れてしまいます。

 

それがボディラインという、目にみえる形であらわれるのです。

美尻や美姿勢になってオシャレをもっと楽しみたいならリハビリです!

美尻や美姿勢を目指してトレーニングしている人には、陥りがちな間違いがあります。

 

フォームを間違っているのに気づかないこと。

 

自分のエクササイズやトレーニングフォームは自分ではわかりません。

 

自分ではこれでいいと思っていても間違っていること、実は多いんです。

 

特にカラダの奥にある筋肉は刺激が入りにくい特徴があります。

 

自信をもって鍛えていても実は狙った筋肉に効いていないということも(-_-;)

 

だから、眠ってしまっている筋肉を呼び覚ます、リハビリエクササイズが欠かせないのです。

まとめ

派手さはないけど、確実に効果の出るリハビリエクササイズ!

 

今まで思うように結果が出ていない方におススメです!

 

何種類か関連するエクササイズをご紹介します!

 

宇都宮のパーソナルトレーナーが勧める小尻エクササイズ

 

お尻の本来の役割を取り戻すエクササイズはこれだ!

 

背中を引き締めて美姿勢つくるエクササイズ!

 

タグ : 

ボディメイクについて 女性のボディメイクについて 姿勢のお悩み

インナーマッスルを鍛えると代謝が上がって痩せるのか?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

先日、カウンセリングを受けられたお客様からこんなご質問をいただきました。

Q.私はこちら(Valeza)で体験を受けるまでに、市内のジムで体験をいくつか受けてきました。

そのときに、対応してくださったトレーナーの方が代謝を上げたいのなら、インナーマッスルを鍛えるといいですよ!と言っていたのですが、本当でしょうか?

 

このブログを読んでいるあなたならどう思いますか?

 

このご質問にお答えするには、インナーマッスル(カラダの奥に筋肉)とアウターマッスル(皮膚に近い筋肉)、それぞれの役割について知っている必要があります。

 

私のブログでも何回も登場してる、インナーマッスルとアウターマッスル。

 

ここでもう一度、おさらいをします!

インナーマッスルの役割とは?

一言でいうと、インナーマッスルとは関節を安定させる役割です。

 

イメージは家の柱と柱をつなぐ、ネジのような感じですかね?

 

このネジがゆるいと正しい位置に骨を固定できません。

アウターマッスルの役割とは?

アウターマッスルは、動作をするときにメインで働く役割があります。

 

大きな筋肉だという特徴もあります。

 

ボディラインを形作るメインの筋肉でもありますね!

そもそも代謝が上がるということは・・・

一般的に、

 

代謝がいい=基礎代謝が高い

 

ということだと思います。

 

簡単に言うと、基礎代謝とは、

 

起きているけどベッドに横になっている時の代謝のことです。

 

人のカラダは何もしない時でも脂肪を燃やしてくれます。

 

ここでポイントですが、

筋肉は脂肪を燃やす工場なので、筋肉があればあるほど基礎代謝は高くなります。

 

ということは、工場がたくさんあった方がいいですよね?

 

つまり、代謝が高くなるのは大きな筋肉がたくさんあるアウターマッスルだと考えられます。

 

つまり、お客様のご質問に対する私なりの答えは、

「アウターマッスルを鍛えたほうが代謝が良くなりますよ」!

です。

 

誤解して欲しくないことは、

インナーマッスルにもアウターマッスルにもそれぞれ鍛えるメリットがあるということ。

 

目的に応じて使い分けることで期待する効果もあらわれてきます。

 

どのエクササイズをどのようなフォームで何回やるのかなどは、専門のトレーナーにお任せするのが間違いなし!

 

 

タグ : 

女性のボディメイクについて 筋トレのアドバイス

感謝!

読了までの目安時間:約 1分

先日、お客様から出産のお祝いということで、素敵な可愛いプレゼントをいただきました。

 

大切に使わせていただきます!

 

M様ありがとうございとうございました!

 

ミヨタの日常

パーソナルトレーニングと小さな小さな習慣のお話

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

あなたのカラダを変える最も効果のある方法。

 

それは習慣を変えることです。

 

私のパーソナルトレーニングは基本的に週に1回、約60分間やります。

 

1日はみんな平等に24時間。

一週間だと168時間になります。

 

168時間のうちの1時間をいただいてトレーニング指導をしています。

 

しかし、残りの167時間をどう過ごすかによってパーソナルトレーニングの効果をさらに高められるかどうかがかかっています。

 

カラダは日頃の習慣によって良くも悪くも変わってしまいます。

 

良い習慣を継続することが大切なのは十分知っているけど、それが一番難しいんですよね(-_-)

 

今回お伝えするのは、誰でも習慣化できる方法についてです。

 

一応、始めてはみるけど何事も全然続かない・・・

そんな方にぜひ読んでいただきたい内容です。

 

習慣化させるには、実は3つのテクニックがあるといわれています。

 

この3つを忠実に守ることで習慣化させることができます。

バカバカしいほど小さな習慣を選ぶ

普通の習慣ではなく、小さな習慣というところがポイントです。

 

では、逆に、大きな習慣とはいったいどういうことでしょうか?

 

例えば、腹筋100回、腕立て100回、スクワット100回を毎日やる!!

 

こんな感じの習慣のことです。

あなたも心あたりありませんか?

 

今まで、運動するという習慣がなかった方にとっては、ツラすぎる習慣ではないでしょうか?( ゚Д゚)

絶対に続かないのが想像できてしまいます。

 

では、小さな習慣とはどのくらいのことをいうのか?

 

スクワット10回ぐらい?

 

いやいや、まだ大きいです。

 

じゃあ、5回?

 

いや~まだまだ大きいです。

 

実は1回でいいんです。

 

自転車に乗るとき、重い石を動かすとき、飛行機もすべて、一番エネルギーを使うのは、最初です。

最初に一番抵抗があるので、そこをいかに抵抗なく始められるのがポイントです。

意志の力がなくてできること

長年の研究によると、あなたの脳も、私の脳もかなりめんどくさがり屋ということがわかっています。

 

よし!頑張ろう!

と思わないこと、思う必要がないことを習慣化してあげたほうがいいんです。

 

根性や気合は全く必要ありません。

むしろ、ないほうがいいです。

 

仕事や家事でヘトヘトに疲れている時に頑張ろうと思えないですね(;´д`)

 

毎日の歯磨きレベル、またはそれ以下のレベルでできることが理想なんです!

良い習慣だけ設定する

悪い習慣をやめるために設定するのではなく、良い習慣だけにしましょう!

 

それもたった一つでいいんです。

 

これだけ身に着けたら、私の人生変わる!

そう思えるものがオススメです。

 

これをやれば、必ずヒップアップする!

そうあなたが思えるエクササイズを取り入れてあげるといいですね。

とめ

いかがでしたか?

 

たった1回でいいわけないでしょ~(-.-)

そう思われる方がほとんどだと思います。

 

そのくらい小さい小さい習慣からでいいんです!

 

もし、1回やったついでに2回やっても大丈夫ですよ!

もちろん1回でもいいです。

 

しかし、最初の2ヵ月は、2回以上しないようにした方がいいです。

 

そのうち1回では物足りなくなってきます。

やっていただくとわかりますが、どんどんあなたの中でエスカレートしてくるんです。

 

たった1回でいい代わりに、毎日必ずやってください。

100%達成できる小さな習慣にするのが大切です。

 

朝起きて、顔を洗う前に一回スクワット。

 

それでその日の目標は達成です。

 

まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか?

 

参考文献

小さな習慣 スティーヴン・ガイズ/田口未和 

 

 

パーソナルトレーニングについて

はじめての家庭菜園♪

読了までの目安時間:約 1分

暑く寝苦しい日が続いてますよね(^O^;)

 

でもそんな暑さを栄養にして、着々と育ってくれてるようです!

 

毎日の水あげも楽しみになっています(^^)

 

気付いたらいつの間にかこんなに育ってた!

 

ちょっとした変化でも感じられるとハッピーな気持ちになりますよね!

 

収穫が楽しみだ•̀.̫•́✧

 

 

ミヨタの日常

ボディラインの崩れも、ひざと腰が痛いのも原因は同じ!?

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

突然ですが、

あなたはカラダの使い方を気にしたことありますか?

 

もしかすると、今のあなたのカラダの悩み(特にひざや腰)はカラダを上手に使えていないことが原因の一つかもしれません。

 

ヒトのカラダの動きは数え切れないほどたくさんありますが、今回とりあげる動きは、

 

『後ろを振り向く動き』

です。

 

シンプルに見える動きですが、いろいろポイントがあります。

節には得意と不得意があります

人それぞれ、計算が得意、地図を見るのが苦手など、得意なこと、苦手なことってありますよね?

 

実は、カラダの関節も一緒なんです。

 

例えば、ひざや腰の関節は『ひねる』という動きが苦手。

 

逆に股関節や胸の後ろの背骨なんかは『ひねる』ことに感じては大得意。

 

仕事の効率を上げるときも、自分が得意なことは自分でやって、苦手なことは人に任せるほうがいいですよね?

 

確かに、苦手を克服するときも大切ですが、カラダに限ってはその考えは不要のようです。

 

つまり、

それぞれの関節が本来持っている得意分野をどんどん伸ばしていくといいんです!!

り向くという動きについて

あなたも一度試してみてください。

 

立った姿勢で真後ろを見るように振り向いてみてください。

 

はいっ!そこでストップ!

 

今のカラダの状態はおそらく、このような状態ではないですか?

・足の裏が地面から離れている

・膝がひねられている(膝が痛い)

・腰がひねられている(腰が痛い)

・首がひねられている(首が痛い)

・胸の後ろの背骨が固定されている

・股関節が固定されている

 

↑もし、このような場合、考えられるのは、

 

胸の後ろの背骨や股関節がサボっていて、そのしわ寄せが足首、ひざ、腰、首にきている可能性が高いということ。

 

先ほどもお伝えしましたが、

 

本来、ひざや腰は『ひねる』という動作が苦手です。

 

にもかかわらず、仕方なく苦手なことを任されてしまうのです。

すると、使われ過ぎたりして痛みにつながってしまうのです。

 

そこで、もう一度あなたに試してもらいたいことがあります。

 

さっきのように立って、後ろを振り向く動きなんですが、いくつか守ってほしいポイントを3つお伝えします。

 

①右から振り向く場合、右ひざのお皿は正面のままにしておく

 

②足の裏は床にくっつけたまま

 

②腰と首はできるだけひねらない

 

 

やってみてどうでしたか?

 

もしかすると、すごく振り向きにくいかもしれません。

 

つまり、

動きにくくなってしまった関節があなたのカラダに存在するということ。

 

では、どのような方法で改善していけばいいのでしょうか?

善方法の考え方はとってもシンプル!

◆動きにくくなった関節をしっかり動かす!

◆動きすぎる関節をしっかり固定する(安定させる)!

 

当たり前のことを書いてしまいましたが、本当にこれが大切なんです。

 

しかも、どちらも自分自身で動かないと改善できません!!

 

なので、私のお客様にはいっぱい動いてもらいます。

 

理にかなったエクササイズやトレーニングをしているとカラダの使い方は本当に良く変わります。

とめ

今回は、ひざや腰に痛みや違和感がある方についての情報をお伝えしました。

 

しかし、実はキレイなボディラインをつくるときにも全く同じエクササイズやトレーニングをしたりします。

 

つまり、

本来のカラダの動きを取り戻すということは、

 

痛みしらずのキレイなボディラインづくりにもなる!ということ。

 

本来のカラダの動きが身に付けば、もう痛みを繰り返す必要はありませんよね!

 

正しい動きのクセをつくるといった方がわかりやすいですかね?

 

これを知っていると整体や整骨院、マッサージへ通うことが根本の解決になるのかどうかがわかってきますよね。

 

関連する記事をご紹介します。

なぜ、ひざや腰の痛みを治したい人は食べる量を減らさないほうが良いのか?

 

腰痛をマッサージや整体だけで治そうとしている方へ

 

 

体調・痛みのお悩み 女性のボディメイクについて

ひざ・腰が痛い人は食べる量を減らさないほうが良い理由

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

もし、あなたが膝や腰が痛いから、しっかり治したい!

 

そのように思っているのなら、食べる量を増やしたほうがいいかもしれません。

 

わかりやすく、

「食べる量を増やす」

と言いましたが、なんでも食べていいわけではありません。

 

 

『ひざや腰の組織を修復するために必要な栄養』を摂ってあげましょう!

 

その栄養素というのが5大栄養素になります。

 

炭水化物

たんぱく質

脂質

ビタミン

ミネラル

 

この5つ。

 

さらにこの中で特に必要な栄養素があります。

 

それが、

 

・ブドウ糖

・たんぱく質

・ビタミンA

・ビタミンC

・ミネラル

 

になります。

 

これらの栄養素は、結合組織と呼ばれ、ひざや腰の炎症が起きている部分の材料になります。

 

また、栄養は血液に乗せて運ばれています。

なので、その血液そのものの質が悪かったり、量が少なかったりすると、ひざや腰の治りも遅くなるのです。

 

先ほど紹介した栄養素は、血液を作る工場の『骨髄(こつずい)』の栄養にもなるので、相乗効果が期待できます。

 

具体的にどの食品をどのくらいの量を食べれば、摂取すればいいのかは個人差があるのでここでは省略しますね。

 

 

お客様のなかでも、今回お伝えしたことを素直に実践ししていただくと、不思議なことが起こります。

 

「あれ?前よりも痛みが増してる...(;´д`)」

 

素直に実践しているのに、前よりも痛みが出るなんて最悪ですよね。

 

トレーナーへの信頼もなくなってしまうかもしれません。

 

 

でも、ご安心を!

素直に実践してくれたから、痛みが強くなってくれたんです!

 

「えっ?どういうこと!?」

 

人間の身体の仕組みのお話になりますが...

 

人は、身体の炎症のサインとして『痛み』を発生させます。

 

痛みを感じさせて、その部位をかばったり、保護したりして、回復を早めようとしてくれます。

 

つまり、

 

痛みを感じているということは、治しているサインでもあるということ!

 

しかし、痛み止めを使うとどうでしょう??

 

痛みはなくなりますが、治りも遅くなってしまうのです。

 

少し話がずれてしまいましたが、

 

要は、

栄養を改善して、痛みが増すことは良いことなんです!

 

少しの間辛抱すれば、何もしないよりも早く痛みは改善してくれます。

とめ

ひざや腰の痛みのせいでやりたいこともできないのはつらいですし、嫌ですよね。

 

本人だけでなく、家族の方も見ているだけで痛々しくてつらいと思います。

 

一日でも早く良くなって痛みなんか気にならないで過ごせるようになりたいですよね!

 

お客様の中には、痛みもどうにかしたいけど、ダイエットもしたいという要望もとても多いです。

しかし、安全にそして効果的にトレーニングを進めていくためにも、十分な栄養を摂取してもらう方を優先することを私は勧めています。

 

今回は栄養のことについてお伝えしましたが、

 

骨格がキレイに整ったところに筋肉がついてくれたら、改善はさらに早く進みます。

 

筋トレの場合もこれまで全く刺激がないっていないところに急に刺激が入ると、痛みとして脳が情報を受けとってしまう場合があります。

 

ただ筋肉がびっくりしてしまっているだけ(゚Д゚;)!

本来の機能を取り戻す過程なので、全く問題はないのです。

 

痛い=悪い

というイメージが少しでも払拭できればと思います。

 

もし痛め止めを使う場合は、「痛くて眠れない...」

そういう時にだけ使ってあげましょう!

 

ボディラインが崩れるのも、ひざと腰が痛いのも原因は同じ!?

 

パーソナルトレーニングなら宇都宮の骨格ボディメイク!

 

 

タグ :   

体調・痛みのお悩み 栄養面のお悩み

UA-90816103-1