宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮唯一 美尻専門パーソナルトレーニング『Valeza』

スクワットをお尻に効かせるには○○もしっかり鍛えてね!

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

先日、ブログでスクワットに関する記事をご紹介しました。

 

まだお読みでない方は今すぐこちらからチェックしてみてください。

スクワットで絶対にやってはいけないこと

 

今回はスクワットをするときにしっかりお尻に効かせるポイントをお伝えしていきます。

スクワットでお尻に効かないのはなぜか?

スクワットはお尻だけではなく全身を鍛えるトレーニングです。

 

でもやっぱり、お尻にメインで効かせたい!

美尻やヒップアップを目指すあなたはそう思うでしょう。

 

スクワットでお尻に効かない原因は実は上半身にある場合が考えられます。

 

今回はお尻に効かせる方法を一つご紹介しますね!

スクワットは背中のトレーニング!?

意外に思われるかもしれませんが、スクワットは背中の筋肉も使っています。

 

特に背骨の近くにある筋肉です。

 

実は、背骨の筋肉は、猫背と深い関係があるんです。

猫背=背中の筋肉がOFF

猫背の方はスクワットでお尻に効かせるのが難しくなります。

 

猫背の姿勢は背中の筋肉が使われないからです。

 

この状態でスクワットでお尻に効かせようとすると、極端に腰の反りを使ってしまうので腰を痛めてしまいやすくなります。

 

猫背の方は背中の筋肉がビヨーンと伸びっぱなしなので、うまく胸の後ろの反りを作ることができないのです。

カギは背骨の柔軟性アップ

スクワットの前にやること、それは猫背改善!

 

背骨の位置を正しい位置に修正するために猫背改善のエクササイズが必要です。

 

専門的なエクササイズになるので、お一人でもできるエクササイズをご紹介します。

 

こちらのエクササイズです。

https://search.fooooo.com/img/?q=%E7%8C%AB%E8%83%8C%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%86%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0&fr=_default&dimensions=&fmt=

このエクササイズは、背中を丸める動きと反らす動きを交互に行います。

 

猫背の自覚がある方は特に背中をそらす動きがやりにくい感じがあると思います。

 

間違いやすいポイントは腰だけを使って動いてしまうことです。

 

背骨全体、特に胸の後ろの背骨を使って動かしてみるといいですね。

背骨が動けば自然に背骨周りのさぼりやすい筋肉にも刺激が入ってくれます。

 

終わった後は、良い姿勢がとりやすくなっていると思うので、そのいい姿勢で少しキープする時間をつくってあげるとより良いですね。

 

胸の後ろの反りがつくりやすくなってから、スクワットをしてみましょう!

 

ぜひ、試してみてください。

 

ちなみに応用バージョンはこちらの記事で動画でご紹介しています。

美姿勢に欠かせない!背骨の柔軟性を高めるエクササイズ

 

 

タグ : 

ボディメイクについて 筋トレのアドバイス

保護中: 今のあなたの美尻チェック!

読了までの目安時間:約 4分

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 

パーソナルトレーニングについて

保護中: 今のあなたの美姿勢度チェックリスト!

読了までの目安時間:約 5分

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 

パーソナルトレーニングについて

保護中: 今のあなたの美脚度チェック!

読了までの目安時間:約 5分

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 

パーソナルトレーニングについて

Valezaのパーソナルトレーニングでお客様にやっていただくこと

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

都宮でパーソナルトレーニングをご検討されている場合、具体的にどのようなことをやるのか一番気になる部分だと思います。

 

回はValezaで具体的にどのようなトレーニングを提供しているかをお伝えします。

 

Valezaでおこなうトレーニングを大きく3つご紹介します。

①骨格を整えるエクササイズ

骨格?

少しわかりにくいですよね。

 

簡単にいうと、

骨の並びのこと!

 

実は、お尻の垂れだけでなく、お腹や二の腕のたるみなどの体型のお悩みは、骨の並びが本来の位置からずれてしまっていることが原因の一つになっています。

 

猫背や反り腰、膝痛などの原因も同じ理由です。

骨格がゆがんでいたり、ずれたままトレーニングをしてもなかなか効果が出にくいのです。

 

なので、Valezaでは最初に

 

骨格の位置を元に戻すことから始めます。

 

または、骨格を修正しながら、理想の骨の位置でトレーニングをします。

 

本来あるべきところに骨格を戻してトレーニングすると、筋肉もよい位置で付きやすくなるので効果も実感しやすくなります。

 

例えば、骨盤。

骨盤の周りには筋肉がたくさんあります。

 

左右均等に筋肉はついているのに、骨盤にゆがみがあったらどうなるか想像できますか?

 

実は、筋肉にはある性質があります。

筋肉の長さが左右で異なると、力を発揮しにくなるという性質です。

 

骨盤がゆがんでいると筋肉の長さも変わってしまいます。

 

これではせっかく一生懸命お腹を凹ますトレーニングをしていてもなかなか効果が期待できません。

 

骨格という土台から整えることで、あなたの頑張りを無駄にせずに済むのです!

②フォームに徹底的にこだわった筋トレ

「自分でもこのお尻のエクササイズやった事ありますが、効いている感じが全然違います。」

 

よくお客様からいただくお言葉です。

 

同じエクササイズでもフォームによって別のエクササイズになってしまうことがあります。

 

同じ時間そのエクササイズに費やしたのに、まるで効果が全然違う・・・

 

そんなことが平気で起きてしまうのがフォームが間違ったエクササイズの怖いところでもあります。

 

たった1mm角度が違うだけで、効いている感じがしないことはよくあるので、

Valezaではフォームに徹底的にこだわりますし、うるさいです。

 

内容的には重りを使ったトレーニングや自体重で行うピラティスなどを行います。

 

③BFR(血流制限)トレーニング

腕や脚の付け根に専用ベルトを巻いてトレーニングをします。

 

目的はベルトを締めて腕や脚の血流を制限することで、成長ホルモン(若返りホルモン)を効果的に分泌させたいからです。

 

BFRトレーニングは女性にとって嬉しいコラーゲンもたくさんつくれるのが興味深い点です。

 

アンチエイジング効果を高めるトレーニングでもあるので、若々しくありたい女性の方にピッタリですね!

まとめ

いかがでしたか?

 

Valezaでどのようなトレーニングをおこなうのか、イメージはできたでしょうか?

 

もし、ご興味があれば以下からお気軽にご質問、ご相談もできます。

 

どんな些細なことでもあなたのお悩みが解決できたら嬉しいので、ぜひお問い合わせください。

 

 

タグ :          

お腹・骨盤まわりのお悩み ふくらはぎのお悩み ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み パーソナルトレーニングについて ヒップのお悩み ボディメイクについて 体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 太もものお悩み 女性のボディメイクについて 女性特有のお悩み 栄養面のお悩み 筋トレのアドバイス

効いている感じがなければ意味がない!?

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

身体を引き締めるためのエクササイズは無数にあります。

 

しかし、そのエクササイズをすべてやる必要はありません。

 

あなたの目的に合ったエクササイズだけやればいいんです。

 

でもどんなエクササイズをやればよいのかわからない方が多いかもしれません。

 

もし、パーソナルトレーニングを受ける時間がないけど、下半身をメインで鍛えたい方は以下の記事で紹介しているトレーニングをオススメします。

 

「小尻になりたいのに、このエクササイズしていないの?」

 

美脚になるためのトレーニング。お尻と内ももを鍛えるエクササイズはこれだ!

 

お尻の本来の役割を取り戻すエクササイズはこれだ!

 

ちなみにですが、メルマガでは7日間にわたって動画でエクササイズをお伝えしているので気になる方はチェックしてみてください。

【7日間のメール講座】

 

以上でお伝えしたエクササイズをどれか一つでもよいのでコツコツ継続してみてはいかがでしょうか?

 

 

しかし、ここからが大切です。

 

残念ながら、ただエクササイズをやればよいわけではありません。

 

狙った筋肉に効いている感じがないとそのエクササイズはおこなう意味がないからです。

 

エクササイズの本質はどのエクササイズをやるのかではなく、

 

いかに狙った筋肉に刺激を入れられるかが大切!

 

そのためにはやはりフォームなんです。

 

狙った筋肉に刺激がちゃんと入ると体型が変わります。

 

具体的な行動に移せたらあとは質をどんどん高めてあげるとよいでしょう。

 

質の高め方がわからない方は専門家からアドバイスをもらうことをオススメします。

 

 

最後に心に残った言葉をご紹介します。

先日、日光に家族と一緒に泊まりに行ったんですが、

 

宿のフロント横の掛け軸に書いてあり、思わず撮ってしまいました!

 

タグ : 

パーソナルトレーニングについて

スクワットで絶対にやってはいけないこと

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

スクワットはシンプルだからこそフォームが大切になってきます。

 

いろいろ注意点がありますが、今日お伝えするには膝の向きです。

膝はこんな関節なんです!

まずは膝の構造についてですが、膝は曲げると伸ばすという動きしかできません。

 

股関節や肩の関節は、ぐるぐる回したりなどいろいろな動きができますよね。

 

しかし、膝はシンプルに2つの動きしかできないのです。

 

このルールを守ってスクワットができると良さそうですね!

は内側に入りやすくなる!?

スクワットを実際にやってみると、膝が内側に入りやすくなる方が多いです。

特に女性は多いです。

 

膝が内側に入りやすくなる原因としてお尻の筋肉が弱いこと、内ももの筋肉が弱いことが考えられます。

 

 

膝が内側に入ると、先ほどのルールから外れるので、膝痛などの問題が出てきてしまいます。

 

では膝が内側に入らないようにするためにはどうすればよいでしょうか?

尻に使い方を覚えてもらう!

いきなりスクワットをやるのではなく、スクワットの前にやって欲しいことがあります。

 

それは、スクワットをやるときにはどこの筋肉を使うかをお尻に覚えてもらうことです。

 

この方法を私のパーソナルトレーニングでは大切にしています。

 

お尻の○○筋を使ってスクワットをしている、という感覚がないと効果的にお尻に刺激が入りません。

 

なので、スクワットはいきなりしないほうが良いかもしれません。

とめ

スクワットで絶対やってはいけないことは、膝が内側に入ってしまうことです。

 

膝が内側に入らないように、頑張って意識するのも大切ですが、その前にお尻の使い方を覚えるほうが効果的です。

 

今回は、スクワットの時の膝の向きについてお伝えしましたが、スクワットをするときの注意点はまだまだあります。

 

最近は、30日間スクワットチャレンジなども出てきていますが、身体の使い方のルールを知らないとケガにもつながったり、ヒップアップできなかったりします。

 

まずはルール知ることから始めることをオススメします!

 

 

タグ :

ヒップのお悩み

UA-90816103-1