宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮パーソナルトレーニング 美尻美脚・美姿勢専門『Valeza』

腰痛をマッサージや整体だけで治そうとしている方へ

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回の記事を読むことで、あなたの腰痛を改善するにはどうすればよいかを知ることができます。

 

あなたは現在、腰や膝などに痛みや違和感はありませんか?

 

もしある場合、それをどうやって改善しようとしていますか?

 

整骨院に行く?

 

整体に行く?

 

マッサージに行く?

 

痛み止めを飲む?

 

湿布を張る?

 

いろいろな選択肢があると思います。

しかし、これらでは身体の根本の改善にはなりません。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

修復に必要な材料もっていますか?

確かに、腰の痛みなどは姿勢が良くないことが原因の場合が多いです。

 

悪化するとヘルニアや狭窄症を発症しやすくなります。

 

そうならないためにも改善に姿勢を良くすることはとても大切です。

 

しかし、たとえ姿勢が改善しても痛みや違和感が改善しない場合もあります。

 

痛みがあるということは炎症が起きているという身体のサインです。

 

例えば、転んでひざを擦りむいてケガをしてしまったとします。

 

血も流れますし、ヒリヒリ痛みもありますよね。

 

しかし、時間の経過とともに傷が修復され、傷も塞がります。

 

腰痛も同じです。

 

炎症が起きていても修復してくれれば問題ありません。

 

重要なのは、

 

修復に必要な材料が身体にあるかどうかです。

そもそも腰痛の原因は?

※今回は腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)についてお伝えします。

 

http://hare-seitai.com/wp-content/uploads/s771x9999_sg-00094no05mS.jpg

 

上の図は、正常な方の腰の状態とヘルニアの方の腰を比較したものです。

 

右の写真は、椎間板(髄核)が飛び出して神経を圧迫しています。

 

これが原因で痛みが生まれる仕組みだと思っていただければよいと思います。

 

そもそも、この椎間板とは軟骨です。

 

背骨の骨と骨をクッションのように保護してくれる役割があります。

 

しかし、加齢による腰の負担や姿勢不良などにより、椎間板の弾力性が失われます。

 

また、栄養不足で椎間板が弱くなります。

 

この状態では、姿勢が改善されたとしても椎間板の弾力性が乏しいので、

 

また椎間板が飛び出し、痛みが発症してしまいます。

修復に必要な材料とは?

椎間板は軟骨です。

 

軟骨は何からできているかというと、

 

プロテオグリカンコラーゲンです。

 

 

コラーゲンと聞くと、プルプルとしたイメージがありますが、

 

実は同じ太さの鉄のワイヤーより引っ張る力が強いのです。

 

一方、プロテオグリカンはコラーゲンにはない、弾力性を持っているので、

衝撃にも対応できます。

 

話がそれますが、お肌も一緒で、コラーゲンだけでは弾力が無く、

カサカサお肌になってしまいます。

気になる摂るべき栄養は?

まず、コラーゲンを作るのに必要な栄養は、

 

ビタミンA

 

ビタミンC

 

ミネラルです。

 

プロテオグリカンの場合は、

 

ビタミンA

 

たんぱく質

 

ブドウ糖

 

が必要です。

 

これは言い変えると結合組織の材料なので、

 

ヘルニアだけでなく、膝や肩などの関節痛改善にも必要な栄養になってきます。

まとめ

腰の痛みには、マッサージやストレッチ、運動だけでなく、

 

栄養が大きく関係していることを知っておいていただければと思います。

 

姿勢や身体の使い方を治しながら、必要な栄養の摂取を続けることで腰痛の悩みは改善されていきます。

 

よかったら、参考にしてみてください。

 

サプリメントについて

 

宇都宮のパーソナルトレーナーが改善へ導く美脚と憎っくき膝の痛み

 

 

タグ :  

体調・痛みのお悩み 健康面のお悩み 栄養面のお悩み

実は筋肉はそんなに大事ではない?大事なのは○○

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

「筋肉はそんなに大事なものではない。」

 

筋トレを指導させていただいてる立場として、

こんなことを言うのは変だと思われるかもしれません。

 

しかし、

今回お伝えする内容を知ることで、

筋肉よりも優先すべきものは何かを知ることができます。

液検査分析をさせていただいて毎回感じること

私のパーソナルトレーニングでは、血液検査の分析を行う場合があります。

 

これまでの分析結果の傾向として、明らかになっていることがあります。

 

それは、

十分な栄養を摂れている女性の方がほとんどいないという現実です。

ほとんどのお客様が、栄養不足になっている状態ともいえます。

 

この状態で運動するとどうなると思いますか?

 

実は、運動することによるデメリットの方が大きくなってしまう恐れがあります。

肉の優先順位は一番下

身体には、優先順位が高い部分と低い部分があります。

 

一番優先順位が高いのはどこかというと、

 

脳です。

 

身体の真ん中にある中枢の部分でも、特に脳へ優先的に栄養が送られます。

 

中枢の部分は不足すると生命にかかわるので、優先順位が高いのです。

 

中枢の部分で使われて、残った栄養が筋肉などの末端へ運ばれます。

 

筋肉が無くても、生命に直接かかわることは滅多にないので優先順位は低くなるのです。

が食べないダイエットをお勧めしない理由

中枢で使われて余った栄養が筋肉の栄養になる。

 

このことを知識として持っていれば、

 

糖質制限などの食べないダイエットがどれだけ怖いことか理解できると思います。

 

栄養が入ってこないと中枢への栄養さえも不足します。

 

すると身体は糖新生という働きを始めます。

 

この糖新生、わかりやすくいうと、

 

筋肉などのたんぱく質や脂肪を脳の栄養に変える機能です。

 

筋肉を分解すると...

筋肉は減っていきます。

筋肉が減ると、体重が落ちます。

 

「やったー!痩せたー!」

 

実は、この場合の落ちた体重は、身体の大切な組織をボロボロに削った影響だと思っていただいて良いでしょう。

 

筋肉が減ると代謝が落ちるので、体重が減る前よりももっと痩せにくい身体となってしまいます。

 

身体の中がボロボロ&痩せにくい身体

 

この大き過ぎるデメリットがあるので、

 

私は食べないダイエットはおススメしません。

とめ

栄養の優先順位は、

 

脳(中枢)>筋肉

 

です。

 

脳(中枢)への栄養が満たされてから、それ以外の組織に栄養が行き届きます。

 

脳を作る栄養、脳が機能するために必要な栄養などもありますが、

こちらはカウンセリングの時にお話をさせていただいています。

 

食べたら太るという思考。

 

食べなければ痩せるという思考。

 

これらの思考を変えないとダイエットやボディメイクは難しくなります。

 

あなたは、正しい思考でカラダづくりしていますか?

 

最後に関連する記事をご紹介します。

 

ボディメイクには栄養が大切なのは分かったけど、私、胃腸が弱いんです・・・

 

 

タグ :  

ダイエット(脂肪燃焼)のお悩み ボディメイクについて 女性のボディメイクについて 栄養面のお悩み

UA-90816103-1