宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

O脚・膝痛の改善にオススメのエクササイズ

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は自宅でできるO脚とX脚改善トレーニングをお伝えします。

 

日常の生活でもちょっとした意識で生活することで、脚のゆがみは変えることができます。

 

今回は3つのエクサイズをご紹介します。

①脚を真っすぐにして歩く

このエクササイズをするときの理想の環境は、全身がうつる鏡やガラスの前で行っていただくといいでしょう。

 

エクササイズの流れです。

 

①まずこぶし一個分の幅で立つ

②膝の延長線上を平行に走る2本のラインをイメージして、その上を歩く

 

これらのことを意識して歩くことが骨格の構造上自然です。

 

①、②ができるようになったら、さらに意識して欲しいことがあります。

 

足が着地したときに膝が外側にぶれたり、内側に入ったりしないように心がけて歩きます。

 

前回のブログでもご紹介しましたが、キレイな脚は足首、膝、股関節が床に対して一直線になっていることが大事です。

 

一般的にO脚の人は膝が外側へぶれやすく、X脚の人をは膝が内側に入りやすい傾向があります。

 

間違った歩き方をすると、膝の負担は増える一方なので、注意が必要です。

まずは正しい歩き方を身に付けましょう!!

②膝の安定性を高めるトレーニング

膝を安定させるために働く筋肉は大きく2つあります。

 

太もも前側の大きな筋肉と太ももの後ろにある筋肉です。

 

今回は太ももの前のトレーニングをご紹介します。

 

 

①椅子に座り、姿勢を正して両膝を90度に曲げる

②片膝を伸ばして、片足をまっすぐ上げたら、もとの位置まで戻す

ポイントは膝のポジションを動かさずに、脚の重みを感じながら行うと、効果的です。

 

3秒かけて膝を伸ばしたら、1秒キープし、5秒でもとに戻していきます。

 

20回を1セットとして、適度な休息を挟んで左右3セット行うといいでしょう。

③複数の関節を同時に使うトレーニング

このトレーニングは膝関節だけでなく、股関節と足首の関節も同時に動かします。

 

このように複数の関節を同時に使うトレーニングを「多関節運動」といいます。

 

多関節運動は単関節運動よりも日常の動きに近いため、このトレーニングを行うことで、歩くときや階段を下るときに膝を守る効果も高くなります。

 

次のポイントを意識して行ってみてください。

 

①前側の膝を曲げたとき、つま先より膝が出ないようにする

 

②後ろの膝を床につける気持ちで前の膝は90度以上曲げない

 

③上体を前後に倒さないで、常に床と垂直にキープする

このトレーニングでは、太もも前と後ろ、お尻を同時に鍛えることができます。

 

しかも、体重が片足にかかるので、特に重さを使わなくても大丈夫です。

 

回数は15回を3セットを週に3回やるだけで、筋肉が鍛えられます。

まとめ

膝が安定してくると、痛みや違和感も改善していきます。

 

今回ご紹介したエクササイズはどれも簡単にできるものです。

 

特に普段運動不足を感じている方には、ぜひ行って欲しいです。

 

膝のメンテナンス、定期的にできるといいですね!

 

タグ : 

体調・痛みのお悩み

膝にストレスを与えるO脚とX脚

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は前回のブログ「膝痛から解放されたいのなら、宇都宮のパーソナルトレーニング前回の続き」に引き続き、膝の関節の構造についてと、女性のお悩みで多いO脚、X脚についてお伝えしていきますね。

関節特有の構造

なぜ靭帯や関節軟骨にダメージがたまりやすいのかというと、それは膝の関節の構造にあります。

 

膝関節をつくっている太ももの骨とすねの骨の接している面は平らではなく、太ももの骨には二つの突起があり、それに対応するようにすねの骨には2つの浅いくぼみがあります。

 

さらに「半月板」という特殊な軟骨のプレートが入っています。

 

半月板は三日月のような形をしていて、すねの骨の上についています。

 

半月板は関節軟骨よりも少し強く、受け皿を深くすることで太ももの骨のブレを防ぐ働きがあります。

 

半月板は、膝の関節の外側と内側に2つあります。

 

外側の外側半月はO型、内側の内側半月はC型をしており、外側半月のくぼみには太ももの骨の外側、内側のくぼみには、太ももの内側の骨がはまり込みます。

出典:https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/meniscal_tear.html

 

ところがです。

 

体重や衝撃が左右不均等に加わると、本来なら外側と内側で均等に受け止めるべきストレスが片側のみに集中することが起こります。

 

習慣的に左右アンバランスなストレスが加わり続けると、左右どちらかの関節軟骨、靭帯、半月板に障害が起こる確率が高くなります。

 

このアンバランスを引き起こすのが、「O脚」と「X脚」なんです。

脚、X脚が膝のストレスを増やしている

過去のブログでも多く取り上げていたO脚ですが、今回はもう一度説明をさせていただきますね。

 

正常な状態の脚は、股関節、膝関節、足関節は一直線上に並んでいます。

 

この状態は骨の連なりのみで、体重が支えられて、余計な筋力を使わずに済むというメリットがあります。

 

この正しい連なりが崩れたのがO脚、X脚、XO脚です。

 

O脚は左右の膝が外側へ出る異常で、専門的には「内反膝」とも言います。

 

簡単に言えば、「がに股」のことです。

 

O脚の方は、骨盤が後ろに傾き、太ももの骨が外向きにひねられて、膝がまがっている方が多いです。

 

X脚の方は左右の膝が内側に入る異常で、こちらは「外反膝」といいます。

 

骨盤が前へ傾き、大腿骨が内向きにひねられ、膝が伸び切っているケースが多くあります。

 

簡単なチェック方法は宇都宮のパーソナルトレーナーと一緒に美脚チェック!!を参考にしてみてください。

 

O脚とX脚は見た目がきれいでないだけでなく、膝の関節の負担を大きくします。

 

O脚では、膝関節の外側に不自然な力がかかり、関節軟骨、靭帯、半月板などの目に見えないひずみが蓄積します。

 

一方、X脚では、反対に膝関節内側に無理な力がかかり、関節軟骨、靭帯、半月板などにストレスが加わり続けるのです。

 

O脚とX脚の大半は、骨が曲がっているわけではないので、日常の生活の動きや姿勢を改善することで良くなったりするケースがあります。

 

次回では、自宅でもできるO脚、X脚改善トレーニングをご紹介します。

 

 

タグ : 

体調・痛みのお悩み

膝痛から解放されたいのなら、筋トレです【前回の続き】

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

前回は膝の構造について情報をお伝えしました。

 

今回もその膝の構造の続きをお伝えしていきますね!

の軟骨って何?

膝の関節は、太ももの骨とすねの骨でジョイント部分のことをいいますが、骨と骨とが直接接しているわけではありません。

 

骨の代わりに直接接しているのは、「軟骨」です。

 

そもそも、なぜ軟骨があるかというと、歩いたり、走ったりしたときの衝撃がダイレクトに伝わり、骨自体にも大きなストレスになってしまうの防ぐためです。

 

太ももの骨とすねの骨は、それぞれに厚さが約3~5mmの「関節軟骨」という柔らかい組織があります。

節軟骨は何でできているの?

関節軟骨は、コラーゲン線維でできたスポンジ状の組織です。

 

そのコラーゲン線維の間は、「プロテオグリカン」という物質で埋めています。

 

「プロテオグリカン」は糖質とたんぱく質が合体したものです。

 

これを「糖たんぱく質」といいます。

 

糖質は水とくっつきやすい性質があるので、関節軟骨の中に水分を呼び込む働きがあります。

節軟骨はスポンジのようなもの!?

膝に圧力が加わると関節軟骨は変形し、水を含んだスポンジを握ったときのように、プロテオグリカンから水分がでてきます。

 

そして圧力が抜けると元の形に戻りながら、排出した水分を再び取り込みます。

 

この働きがあるおかげで、関節軟骨は衝撃を吸収して、骨にかかるショックを和らげ、骨同士が直接当たって壊れることを防いでいます。

節軟骨は回復が遅いんです・・・

先日のブログでは、筋肉に比べて靭帯は回復が遅いということをお伝えしました。

 

実は関節軟骨も靭帯と同じように新陳代謝が遅い性質があります。

 

筋力の低下で膝にかかる負担が大きくなると、関節軟骨にも衝撃が加わりますが、回復が遅いためにダメージが蓄積されやすいのです。

節軟骨には血管がない!

回復が遅れてしまう理由を一言で言うと、関節軟骨には血管がないからです。

 

組織に必要な酸素や栄養を運んでいるのは血管です。

 

血管がないということは、栄養が供給できないのです。

 

しかし、栄養が届かないと組織は死んでしまいますよね??

 

では一体どうやって関節軟骨は栄養を供給しているのでしょう?

 

実は、関節軟骨は衝撃を受けて変形をするたびに周囲の組織との間で水分の出し入れをしていますが、このときに栄養素の取り組みや老廃物の排出をしているのです。

 

しかし、このスポンジ組織のポンプ機能を使っての栄養供給や老廃物の排出は血管によるそれと比べて、効率が悪いのです。

 

つまり、損傷を受けると修復するのが遅れてしまいます。

 

さらに、関節軟骨には、血管もなければ神経もありません。

 

組織に異常があったとしても神経がないために、「痛み」というサインを出すことができません。

これがどういうことを意味するのか?

 

痛みが出ないので、負担がかかる動きをそのまま続けてしまうことになります。

 

痛みを感じるのは、関節軟骨に蓄積したダメージが大きく膨らみ、まわりの組織にある神経がそのサインをキャッチしたときです。

 

もうその時にはすでに異常がかなり進んでいる恐れがあるのです・・・

 

今回はここまでです。

 

「膝にストレスを与えるO脚とX脚」は引き続き、膝関節の構造についてと、特に女性の方が気になるO脚、X脚についてお伝えしていきますね。

 

 

パーソナルトレーニングについて

膝痛から解放されたいのなら、まずは膝のことを知ってみては?

読了までの目安時間:約 7分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は膝の痛みや違和感にお悩みの方に向けての情報をお伝えします。

 

O脚の方やXO脚、X脚の方にも是非知っていただきたいです。

 

まずは膝のことを知ることから始めてみましょう。

 

膝ってとても不安定な関節なんです・・・

実は、膝の痛みが出やすい原因は膝の関節の構造にありました。

 

 

膝は太ももの骨とすねの骨のジョイント部分です。

 

人体模型のガイコツを見ていただくとわかりやすいですが、太ももの骨の先は太く横に広がっています。

 

一方、すねの骨の上のほうも平たく広がっています。

 

膝の関節というのは、すねの骨の上を太ももの骨がドアの蝶番のように動くことから「蝶番関節」とも呼ばれています。

 

ドアの蝶番はネジで固定されていてしっかりと安定しています。

 

しかし、当たり前ですが膝にはネジなどはありません。

 

では一体どんな方法で安定させているのでしょう?

 

膝の安定性に欠かせない2つの要素

太ももの骨とすねの骨が上下に接しているだけの構造が膝です。

 

無重力空間で何もせず立っているだけなら別に構わないでしょう。

 

しかし、体重を支えたり、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりするわけですから、膝には常に負担がかかっています。

 

そんな膝の安定性は筋肉と靭帯によってサポートされています。

膝と筋肉の関係

膝のまわりには多くの筋肉がついています。

 

これらの筋肉が弱くなったりすることで、膝関節に通常以上のストレスが加わるようになると、トラブルが起こりやすくなるのです。

 

膝のまわりにある筋肉で代表的なものは、太ももの前側の筋肉と太ももの後ろ側の筋肉です。

 

その他にも、太ももの内側にある筋肉、外側の筋肉があります。

 

簡単に言ってしまえば、これらの筋肉がしっかり強くしなやかに働いてくれれば、膝は安定してくれます。

 

 

しかし、下半身の筋肉は、身体のどの部分の筋肉よりも早く衰えやすくなってしまうのです。

 

その理由は、下半身の筋肉が上半身の筋肉に比べて、強い力が出せるからです。

 

どういうことかというと、強い力が出せる筋肉は常にそれなりの強い力で刺激されていないとどんどん衰えてしまいます。

 

よく、肌の表面の細胞は、一カ月ぐらいで入れ替わると言われています。

 

筋肉の細胞も分解と合成を繰り返す新陳代謝を行っています。

 

筋肉の分解と合成において、少しでも分解が上回ると筋肉が減って筋力は衰えていきます。

下半身の筋肉が弱くなると、残った少ない筋肉で頑張らなくてはいけません。

 

すると、疲労がたまり、筋肉が硬くなります。

 

こうした筋力や柔軟性の低下が膝の関節のストレスを増やすことにつながり、膝まわりの不調や不快感のもとになります。

膝と靭帯の関係

膝の関節を守るのは、筋肉だけではありません。

 

筋肉は動いている時の安定性に関わりますが、じっとしている時の安定性に関わるのは「靭帯」です。

 

そもそも靭帯とは、身体に備わったサポーターのようなものだと思っていただければいいです。

 

靭帯は「コラーゲン線維」を束ねた強靭な帯状の組織です。関節を幾重にも包み、強度を高めています。

 

コラーゲンは肌を作っていることで知られるたんぱく質として有名ですよね。

 

膝には4つの靭帯があります。

 

前と後ろと内側と外側です。

 

一応、専門的な名前をお伝えしておきます。

 

・前十字靭帯

・後十字靭帯

・外側側副靭帯

・内側側副靭帯

出典:http://www.hangetsuban-sonshou.jp/

 

以上の4つの靭帯があります。

 

これらの靭帯の負担を増やしてしまうのが、無意識に行っている膝をひねる動作です。

 

もしかしたら、膝は曲げたり伸ばしたりしかできないと思っていませんでしたか?

 

実はひねることもできるのです。

 

膝が約30度以上曲がった状態では、内向きに最大およそ30度、外向きに最大およそ45度もひねることができるのです。

 

普段の生活では、靴を履こうとしゃがんだり、まっすぐ歩くためにバランスをとったり、方向転換をしたりする際には膝は無意識に内向きや外向きにひねられています。

 

ある程度の動きには対応できるようになってはいますが、想定を超える力が加わったときに靭帯は傷つきます。

 

不幸なことに靭帯の損傷は非常に治りにくいという性質があります。

 

筋肉が損傷した場合は、新陳代謝で回復も比較的早いですが、靭帯の場合は回復が遅いのです。

 

過度のひねりで膝に負担をかけ過ぎると、靭帯が傷つき、それが膝の安定性の低下を招きます。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

膝を支える筋肉と靭帯について何となくどんな構造をしているか、知っていただけたら嬉しいです。

 

少し長くなってしまったので、次回「膝痛から解放されたいのなら、筋トレです。【前回の続き】」も膝の構造の続きについてお伝えしていきますね!

 

タグ :  

体調・痛みのお悩み 筋トレのアドバイス

お尻の筋肉を本来の長さに戻すエクササイズはこれ!

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回ご紹介するのは、お尻のエクササイズです。

お尻の表層の筋肉はびよーんと伸びている状態の方がほとんどなので、しっかり鍛えて元の長さに戻してあげましょう!

 

また、このエクササイズはお尻だけではなく、体幹がしっかりしてないと安定して行えません。

 

お尻と体幹を同時に鍛えるエクササイズでもあります。

 

 

四つんばいは、肩の真下に手、股関節の真下に膝が来るような姿勢です。

膝の幅はこぶし一個分が理想です。

 

片方の脚を伸ばすと骨盤が左右どちらかにスライドしやすくなるので元の場所をキープ。

 

脚を後ろに引くような動作の時に腰を反りやすくなりやすいので、それを防ぐためにお腹にも力を入れておきましょう!

 

上げておろしてを20回を左右行いましょう!

 

締めに脚を上げた姿勢をずっとキープ(10秒)してあげるとさらに良いです。

 

ぜひ試してみてください。

 

そのほかのエクササイズ!

猫背を改善して美姿勢になりたいならこのエクササイズ

 

お腹痩せ&骨盤力を高めるエクササイズはこれ!

 

タグ :

ヒップのお悩み 筋トレのアドバイス

太もも付け根あたりが外側にでっぱってみえる原因

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

お尻を小さくしたい人の悩みで多いのが、太ももの付け根あたりが外側にボリュームが出てしまっていることです。

 

ここがボコッと強調されると太ももが太くみえてしまい、きれいに見えません。

 

ではなぜ、ここがボコッと外側にでてしまうのでしょうか?

 

ボコッとした部分は、実は太ももの骨なんです。

 

写真がこちらです↓。

赤い〇に囲まれたものがボコッの原因です。

 

しかし、出てるかといっても削るわけにもいきません。

 

ではどうするのがよいか?

 

この場合はある筋肉が弱っていることが原因で外側に張り出してしまいます。

 

実際にその筋肉がどういうときに使う筋肉なのかを体感してみましょう!

 

①右脚を軽く一歩前に出して、つま先を床から離す

 

②右脚のかかとを軸にして右脚の付け根から外側につま先を向ける

 

③今度は同じようにつま先を内側に向ける

 

この②と③の動作を繰り返します。

 

同時に右手で右の太ももの付け根のボコッとした部分を手の平で触りながら行ってみてください。

 

うまくできましたか?

 

うまくできた場合、つま先が外側を向くと右手で触っているでっぱりが小さくなります。

 

逆につま先を内側に向けると、ボコッと出てくるのがわかると思います。

 

この動きが体感できた方はもうお分かりですよね?

 

太ももの付け根のでっぱりは、脚全体が内側に向いていることが原因だったのです。

 

それがわかってしまえば、あとは改善のためのトレーニングをするだけです。

 

実はこのトレーニングは、「ながら運動」で取り組めます。

 

とても簡単です。

 

かかとをつけて、つま先を広げて背筋を伸ばして立つだけです。

 

歯磨きやドライヤーを使いながらできてしまうトレーニングです。

 

このトレーニングの大切なところは、脚の付け根からつま先を外側に開く意識を常にもつことです。

 

ぜひ試してみてください!

 

お客様にはプラスしてあることをやっていただき、3ヵ月でここまで骨盤・太もも横がスッキリしました!

宇都宮の美尻パーソナルトレーニングを受けたお客様のカラダの変化

 

おすすめエクササイズはこちらです。

 

太ももの出っ張りを改善するエクササイズはこれ!

 

 

タグ :

太もものお悩み

ボディメイクしている人必見!「たまご」について

読了までの目安時間:約 7分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回、お伝えするのは、たまご(鶏卵)についてです。

 

過去のブログ「カラダを変えたい方必見!たんぱく質の重要性」では、宇都宮でダイエットやボディメイクを目指す方だけでなく、健康になりたい方には卵を食べることをおススメしてきました。

 

ご質問をいただくことも多く、中でも「どうやって卵は食べればいいのか?」といったご質問が多かったです。

 

そのため、今回は卵の食べ方についてお伝えします。

たまごは生がいいのか?

よく生卵は精がつくなどという話しお聞いたことはありませんか?

 

結論から言うと、あれを間違った俗説、都市伝説的なものです。

 

生卵を食べる習慣があるのは、実は日本だけというのはご存知でしょうか?

 

なぜ生卵はいけないのか?

 

それには大きく3つの理由があります。

①生卵は吸収されない!?

卵黄には、様々な栄養物質を含んでいます。

 

そのひとつに、「ビオチン」ともよばれるビタミンHがあります。

 

このビタミンは脂質の代謝に働くものです。

 

これが欠乏すると、口やまぶたに炎症が起きたり、ニキビができたりふけが出たりします。

 

個人的にはかなり興味深いですが、卵白には、このビオチンと結合してそれを水に溶けない物質に変える「アビジン」というたんぱく質があります。

 

したがって、生卵を食べると、腸の中でビオチンとアビジンが結合してしまいます。

 

それが水に溶けないものだから、腸管から吸収されず、に体外に排出されてしまうのです。

 

よく映画などで、生卵を10個ぐらいいコップに入れて飲んでいるシーン観たことないですか?

 

実際そんなことをすると、顔が青ざめて気持ちが悪くなると思います。

 

これは、腸内のビオチンが、ねこそぎアビジンにつかまってしまうために起こると言われています。

 

ビオチンは、卵の卵黄だけでなく、牛乳やピーナッツにも含まれていますし、腸内細菌もこれを作るのです。

 

それがすべてアビジンにやられてしまうから、気持ちが悪くなります。

 

たまごの数が1個や2個ならまず問題ないでしょう。

たまごに熱を加えれば解決!!

しかし、このアビジンの問題はたまごに熱を通せば解決します!!

 

卵白は熱を加えると、白く不透明になりますよね。

 

これは「変性」といって、たんぱく質分子の立体構造が熱によって変わるからです。

 

こうなれば、アビジンも変性して、ビオチンと結合する性質がなくなるのです。

 

だから、卵を加熱すれば、ビオチンは無事でいられます!

②生卵はたんぱく質の消化を妨げる!?

生卵をあまりおすすめできない理由の2つめは、卵白に含まれる「オボムコイド」という糖たんぱく質があることです。

 

オボムコイドは、たんぱく質消化酵素の「トリプシン」の作用を阻害してしまいます。

 

つまり、たんぱく質の消化を妨げるのです。

 

せっかく卵を食べてもそのたんぱく質が消化されなくてはもったいないですよね?

 

生卵は消化が悪いのです。

 

しかし、これも、熱を通せばオボムコイドも変性するので、問題はなくなります。

③命に関わる感染ルートに・・・

生卵をあまりおすすめできない理由の3つめは、生卵には、トキソプラズマがいるかもしれない、ということです。

 

これは、単細胞の動物で「原虫」と呼ばれるものの仲間です。

 

妊娠した経験がある方は、トキソプラズマ検査をご存知のはず。

 

これが入ると、水頭症、脳性まひ、てんかん、精薄などの子どもが生まれることがあるので、医師は警戒するのです。

 

2歳を過ぎてからトキソプラズマに感染すると、命が危ないと言われています。

 

卵だけに関わらず、肉も加熱したほうがいいそうです。

『宇都宮のパーソナルトレーナーがお伝えする「たまご」のこと』のまとめ

今回は卵の事についてお伝えしました。

 

つまりは、卵に火を通して調理してもらえれば、メリットもありますし、リスクも回避できるということです。

 

卵焼きや目玉焼き、ゆで卵がいいですね!

 

手軽に手に入る食品なので、どうせならその恩恵も多く得たいです。

 

今回お伝えできなかった、さらに効果を高める方法などは体験・カウンセリングの機会にお話をさせていただいています。

 

今回の栄養に関する内容と関連する記事をご紹介します。

 

「白米、玄米。それぞれのメリット、デメリット」

 

カラダを変えるために野菜は必要?

 

ボディメイクには栄養が大切なのは分かったけど、私、胃腸が弱いんです・・・

 

 

タグ :

健康面のお悩み 栄養面のお悩み

白米、玄米それぞれのメリット、デメリット。

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回はお米についてです。

 

ところで・・・

 

あなたは、ごはん派ですか?

それともパン派ですか?

はたまた麺派ですか?

 

どれも主食には欠かせないものですよね。

 

このブログをずっと読んでいただいてるかたならお分かりだと思いますが、これらの主食にはブドウ糖が含まれていますよね。

 

脳の唯一の栄養源です。

 

なので、極端に摂取量を減らすのはやめましょう!

 

と何度もしつこくお伝えしてきたと思います。

 

特に、お米はほかの主食よりも優秀な面が多いです。

 

今回は、普段お米を主食としている方に向けてのお話になります。

 

玄米は身体にいい?

玄米と聞いて抱くイメージは何ですか?

・ヘルシーな感じがする。

 

・健康に良さそう。

 

・身体に気を遣っている風にみえる。

 

・白米よりもからだにいい!

 

と思われる方が多いと思います。

 

しかし、本当にそうでしょうか?

玄米にはダイエット効果がある?

玄米がかぶっている薄くて黒い皮は、「ぬか」になるもので、消化されません。

 

そのため、ご飯は便秘をふせぐといわれるのだと思います。

 

また、粘りもあるので、ゆっくり時間をかけてかむ回数が増えるので、さっさとかきこむことはできません。

 

そのため、食べる量が少なくても、満腹感を感じられそうです。

 

これだけ聞くと、玄米にはダイエット効果がありそうに思えてきます。

 

玄米の「ぬか」に原因が・・・?

玄米の種皮、つまり「ぬか」になる部分は、食物繊維(ダイエットファイバー)です。

 

そしてこの「ぬか」には「フィチン酸」という酸が含まれています。

 

おそらく、中学校の理科の授業でも習いましたが、酸はアルカリ性と結合して中性のになる性質を持っています。

 

そのために、フィチン酸は、鉄やカルシウムがあると、それと結合してフィチン酸塩というものを作ってしまいます。

 

この塩、つまりフィチン酸鉄やフィチン酸カルシウムなどは、水に溶けない性質があります。

 

鉄やカルシウムを含んだ食物と玄米が一緒になると、これが水に溶けないフィチン酸塩になるので、腸から吸収できなくなります。

 

鉄分を摂っているのに・・・

カルシウムを摂っているのに・・・

なぜか身体が変わらない。

 

もしかしたら、その原因は玄米を日常的に食べているからかもしれません。

 

白米も悪者?

次は、白米について考えてみます。

米粒をみると、肩のところといえばいいのかわかりませんが、その辺が少し、くぼんでいると思います。

 

ご存知の方も多いと思いますが、あれは、胚芽がとれたあとなのです。

 

胚芽には、イネの成長のために必要なビタミンB1をはじめとする様々な栄養素が含まれています。

 

お米をつくと、こういった大事なものが失われます。

 

「脚気」という病気を聞いたことはないですか?

この病気は心不全と末梢神経障害をもたらす疾患です。

 

その影響により、下肢のむくみやしびれが起きます。

 

実はこの脚気はビタミンb1の欠乏によってなってしまいます。

 

つまり、白米だけを食べて生活している人は、脚気になってしまう可能性があるということです。

 

物忘れがひどくなるという報告もあります。

 

結局、白米と玄米どっちがいいの?

白米がいいのか?玄米がいいのか?

 

私は、以上のことを踏まえてこう考えます。

 

両者には、メリット、デメリットがあるので、ベストな選択よりもベターな選択をする方が良いのでは?

 

・玄米はそれ自体が含んでいる物質に問題がある。

 

・白米は栄養素の不足に問題がある。

 

したがって、白米を食べて、他のおかずでその栄養素を補えばいいですよね!

 

補えない場合はサプリメントの力をかりるのがいいと思います。

 

ちなみにビタミンB1が多く含まれる食品は豚肉、大豆、ウナギ、たらこ、あまのり、抹茶、カシューナッツ、インゲン豆などがあります。

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるときの代謝にも使われるので、大事な栄養素ですね!

 

カラダを変えるために野菜は必要?

 

ボディメイクには栄養が大切なのは分かったけど、私、胃腸が弱いんです・・・

 

 

 

タグ :

健康面のお悩み 栄養面のお悩み

お尻と太ももの境目を作るエクササイズはこれ!

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

お尻と太ももの境目が欲しい!

 

女性の方であればほとんどの方が願うことだと思います。

 

しかし、どうしても鍛えることができない・・・

 

エステでも効果がない・・・

 

そのように感じているなら、まずはこのエクササイズを行ってみてください。

 

 

このエクササイズのポイントは、股関節を90度にして行う点です。

 

動かしているほうの脚は膝よりも足首が上にならないように注意します。

 

上げる時だけでなく、おろす時もお尻のストレッチ感を意識してあげましょう!

この時もお腹に力を入れて体幹を安定させます。

 

回数は15回を3セットぐらいできるといいですね。

ぜひ試してみてください。

 

その他のエクササイズはこちら!

美尻&美姿勢になる体幹エクササイズはこれ!

 

宇都宮のパーソナルトレーナーがお伝えする美脚エクササイズ

 

 

タグ : 

ヒップのお悩み 太もものお悩み

美脚になりたきゃ、ここを鍛えないと!

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は宇都宮のパーソナルトレーナーが内ももを引き締めるエクササイズをご紹介します。

 

 

宇都宮の女性の多くは、ふとももの内側って普段あまり使っている意識がないと思います。

 

しかし、歩くときや立っている時などは本来は使っていないといけない筋肉です。

 

「あれ?もしかして私、内もも使えてないかも・・・」

 

そう思ったあなたは引き締まった内ももに一歩近づきました!

 

 

「気づき」がないと行動にも移せません。

 

まずは、内ももを使うとはどういう感覚なのかを体感する過程が必要です。

 

そういうときにこのエクササイズがおすすめです。

 

エクササイズの手順

①横向きになる。

②天井側の膝をお腹のまえに置く(股関節が柔らかい方は写真のように引き寄せます)

③床側の脚をまっすぐ伸ばし、膝を少し天井のほうに向ける。

③身体を一直線にして、床側の脚を付け根から持ち上げる。

以上の動きを15回繰り返してみてください。

 

伸ばしているほうの脚の付け根の筋肉を使っている感覚があるといいですね。

 

 

しっかり刺激が入ったら立ち上がり、ゆっくり歩いてみてもいいですね。

 

このときの歩幅は狭くて大丈夫です。

 

ポイントは常に足の親指のつけ根を意識して歩くことです。

 

さっきのエクササイズで使った内ももの筋肉を使っている感覚がでてくるといいですね。

 

理想は普段歩くときも内ももを意識して歩いてみてください!

 

どんどん引き締まった内ももに近づきますよ!

 

他のエクササイズ記事もご紹介します!

よかったら、参考にしてみてください。

 

「小尻になりたいのに、まだこのエクササイズしていないの?」

 

美脚になるためのトレーニング。お尻と内ももを鍛えるエクササイズはこれだ!

 

美脚になるための足裏の鍛え方はこれだ!

 

膝下美脚のために必要な「正しい脚と足の使い方」

 

お尻の本来の役割を取り戻すエクササイズはこれだ!

 

 

 

 

 

タグ :

パーソナルトレーニングについて 太もものお悩み

UA-90816103-1