宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮唯一 美尻・美脚・美姿勢専門パーソナルトレーニング『Valeza』

筋トレしてもお尻が全く変わらない人の特徴4つ

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は、筋トレしているのにお尻が全く変わらない人に向けてのお話です。

 

頑張っているのに、結果が出ないのは悲しいし、途方にくれてしまいますよね。

 

そういった人には大きく4つの特徴があるのでそれについて解説していきます。

①動かせる股関節の範囲が小さい

お尻の筋肉だけでなく、筋肉は伸びたり、縮んだりする特徴があります。

 

また、筋肉は関節にまたいで骨と骨についています。

 

ということは、関節を大きく動いたほうが使われる筋肉も増えます。

小さい範囲でちょこちょこやっていても効果は期待できません。

 

できるだけ大きな可動域でトレーニングをすることが大切です。

 

でも、狭い範囲で動かすことにも実はメリットもあります。

 

そのメリットとは、狙った場所に刺激が入っているかわかりやすいということです。

 

狭い範囲で動くと、フォームのズレも最小限でおこなえるので、刺激が入りやすくなります。

 

なので、「大きく使う」、「小さく使う」を目的によって使い分けられるのが一番良いでしょう!

 

また、関節を大きく使えない原因は筋肉の硬さや弱さが関係してきます。

こちらの↓記事を参考にしてみてください。

 

万全の状態で美尻エクササイズできていますか?

②骨盤まわりがグラグラして安定しない

ヒップエクササイズの基本は、

 

・動かすところ

・動かさないところ

 

こららをしっかり分けてできているかがポイントです。

例えば、立った姿勢で右脚を横に広がる動作も同じです。

 

よかったら、次の2種類の動きを試してみて下さい。

 

・上半身が動かないように固定して右脚を広げる

 

・少し上半身は左に傾けながら、右脚を広げる

 

おそらく、後者の上半身を傾けたほうが楽に脚が広がったと思います。

 

理由は、カラダ全体を使ったからです。

カラダ全体を使うとたくさんの筋肉を使って力を分散しながらできるので、楽にできます。

 

しかし、デメリットは、

 

狙った筋肉だけを鍛えることができない。

 

という点です。

 

つまり、ヒップを集中して鍛えたいのに、刺激がお尻以外のところに分散してしまうのです。

 

だから、動くところ、動かなさいところのメリハリがある、エクササイズのフォームがかなり大切なんです。

③ヒップを日常生活で使えていない

いくらトレーニングでヒップを鍛えていても、

日常生活の動作に落とし込めないと意味がありません。

 

ヒップは特に歩くときや立っているときに自然に使えるようになるのが理想。

 

また、床にあるものを持ち上げるとき、階段をのぼるときなどもヒップを使います。

しかし、自分のカラダのクセやお尻がサボった状態だと今すぐできるものではありません。

 

まずは、カラダのクセを直して、ヒップの本来の使い方を身につける必要があります。

④栄養へのアプローチを甘くみている

そもそもヒップは筋肉と脂肪の集まりです。

 

キレイなヒップは筋肉と脂肪のバランスがとれています。

 

筋肉だけだとゴツくなりますし、逆に脂肪が多くなると、たるんだヒップになってしまいます。

 

栄養不足だと、筋肉を作る栄養がないので、筋肉もつきにくいです。

 

逆に栄養過多(脂肪になるものの食べ過ぎ)だと、脂肪細胞が大きなままで効果的に引き締めることができません。

 

トレーニングしているのに、栄養のことを全く考えないのは、アクセル踏みながら、同時にブレーキを踏んでいるのと同じです。

まとめ

今回は、筋トレしてもお尻が全く変わらない人の特徴4つをお伝えしました。

 

1つでも当てはまるという方は、

もしかするとボディメイクがなかなかうまくいってないのでは?と予想します。

 

また、この4つの中には、今よりももっとボディメイクが効果的にいくヒントがあると思います。

 

良かったらあなたのボディメイクの参考にしてみて下さい。

 

 

 

タグ :  

お尻引き締め パーソナルトレーニング

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1