宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の小尻専門パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

太もも横がパンパンに張っていてマッサージばかりしていませんか?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

Valezaのお客様だけでなく、ジム通いをしている方々などもそうですが、

 

普段から太もも横のマッサージをしている人って結構多いと感じます。

 

目的としては、運動すると太もも横が緊張して疲れるからマッサージをしているかもしれないですね。

 

また、脚を細くしたいという狙いもあるかもしれません。

 

しかし、残念ですがいくら太もも横をマッサージしてもほとんど意味はありません。

考えるべきは、なぜ太ももの横が疲れるのか?

太くなるのか?

 

ということです。

 

疲れたり、太くなるということは、使いすぎているということ。

 

太もも横(厳密には骨盤や股関節の横)の筋肉の働きには、

 

①脚を横に広げるという役割

 

②太ももをお腹に引き寄せるという役割があります。(厳密にはもう一つありますが、ここでは割愛します。)

 

太もも横以外の筋肉にも脚を横に広げる役割のある筋肉、太ももをお腹に引き寄せる筋肉はあるのですが、それらの筋肉がうまく使えなくなると、太もも横だけが頑張ってしまうのです。

 

つまり、サボってしまっている筋肉があるということになります。

 

その筋肉こそが、

 

お尻の筋肉脚の付け根にある筋肉なんです。

 

つまり、どんなにマッサージをしても太もも横の緊張が取れない、太ももが細くならないのは、この2つの筋肉がうまく機能していないために、その代償として太もも横が使われ続けてきたからなのです。

 

太ももの横の緊張を放って置くと、脚の形にも大きな影響を与えてしまいます。

 

例えば、

・骨盤の幅を広げて、骨盤を太く見せてしまう・・・

・XO脚になってしまう・・・

・O脚になってしまう・・・

・膝痛になってしまう・・・

・足首に謎の痛みが・・・

 

上記のように脚の歪みを引き起こす原因にもなります。

 

これらの改善のために、エクササイズを欠かせませんが、それをいかに普段の姿勢や歩く動作に落とし込めるのかが大切になってきます。

 

闇雲にエクササイズをしていても結果はでないので、”効果のあるやり方”でボディメイクをしていきましょう!

 

お尻の筋肉を本来の長さに戻すエクササイズはこれ!

 

タグ : 

太もものお悩み 筋トレのアドバイス

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1