宇都宮 パーソナルトレーニング

宇都宮の美脚美尻パーソナルトレーニング 『ヴァレッサ』

ヒップトレーニングはとにかく負荷をかければいいと思ってない?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。

宇都宮のパーソナルトレーナーのみよたです。

 

あなたは、ヒップトレーニングには優先順位があることを知っていますか?

 

ボリュームのあるヒップ。

 

キュッと引き締まった小尻。

 

目的がどちらであっても、優先順位を意識してトレーニングできると効果が期待できます。

 

エクササイズ初心者、経験者の方でも意外と忘れがちなポイントがあります。

 

そのポイントを結論からお伝えすると、

負荷を上げる前にしっかり可動域を出していきましょう!

 

ということ。

 

一体どういうことなのか?

説明させていただきます。

筋肉をいっぱい使ってあげましょう!

たとえばこのエクササイズ。

写真で言うと左ひざを膝を開いたり、閉じたりするエクササイズです。

 

お尻を鍛えるエクササイズなので、膝を開くほど、お尻の筋肉が使われます。

 

約45度くらい開くといいんですが、お尻が垂れていたり、たるみがある方はなかなか広がりません。

 

開くことができないということは、

お尻の筋肉が本来100使えるとすると、40とか50とかぐらいしか使えていないということです。

なぜ膝が開かないのか?

狭い範囲しか開かないのには原因があります。

 

股関節の柔軟性が低いことも考えられますが、

最も多いのは、自分のお尻の筋肉で脚を持ち上げられる力がないだけ。

 

どうせなら、お尻を100全部使いたいですよね?

 

ではどうすればよいかというと、

対策は簡単!

 

自分では開けない範囲でお尻を使えるように反復するトレーニングをすればいいんです。

 

しかし、100全部使えるようなトレーニングは一人ではできません。

 

できないからお尻は垂れてしまうのですが・・・

 

だから、パーソナルトレーニングが必要になるわけです。

 

狭い範囲しか開かないのに、チューブなどを使って負荷をかけても効果はあまり期待できません。

まとめ

まずは、お尻をいっぱい使えるようにトレーニングしていきましょう!

 

今回は例として、お尻について書きましたが、お尻に限らず、この考え方は全身同じです。

 

負荷をかける前に動かせる範囲をしっかり広げることから始めてみませんか?

 

一人でできる基礎的な美尻エクササイズでカラダは変わるの?

 

タグ :   

ボディメイクについて 太もものお悩み 筋トレのアドバイス

この記事に関連する記事一覧

UA-90816103-1